一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

お久しぶり香港⑤ ~ 宿編

@香港
Sponsored Link

さぁ今回は3つのお宿に泊まりました。
香港の宿事情は半端ないです。
前回泊まった時は、1万円程度の部屋だと、
ツイスターゲームをするかのように体を折り
曲げ、やっとある隙間を蟹歩きしながらで
ないと移動できないようなお部屋だった
記憶が…

 

いっそ、ここは奮発して良いホテルに泊まる、
という手段もありますが、今回はその両方を
ご紹介。まずはお安い宿から!!

 

 

香港旅館◆Hong Kong Hostel

 

 

ストレートな名前やなーw
場所は、Causeway Bayの電停から歩いて3分。
真向かいには24時間の大型スーパーがあり、
ちょっと歩けば繁華街。

 

 

非常に賑わっており便利な感じ。私は東京
詳しくないけど、渋谷とかそんな感じかなぁ。
若い人が多かった。

 

で、この宿、結構小ぎれいな商業ビルにコソ
っとついてる通用口みたいな入り口。
(ごめんここ写真撮り忘れてる)
エレベーターで3階に上がると、そのフロアが
ホステルになってます。こういうとこ、使い
慣れてない人には怪しげに見えるんだろうけど、
私、若い頃はこういうとこばっかりだったし、
むしろちょっと好きだったりするw

 

 

ホステルだけど、相部屋と専用個室があって、
今回は個室。価格は5000円/1泊。チラと話
したけど、香港では1万くらいじゃ、まともと
思えるところに泊まれないのが常。ホステル
だって、東南アジアとかと比較すると(いや。
ホステルって言ってもさ。。。)、ちょっと
(私でも)引くくらいのところある。

それを思うとこの広さで豪華じゃないけど
清潔で、ちゃんとお湯が出てくれるシャワー
質が別にあるとか、すごい優秀( ・`ω・´)b

 

 

そしたらねー、ここでもありえない偶然が。
上の写真、タイルパターンが印象的じゃない
ですか。SNSに上げたこの写真を見た知合い
が「ここってあのホテルじゃない?!」と
メッセージをくれまして。

なんとお友達ご夫妻、去年同じ宿に泊まったと!
しかもそのご夫妻、つい最近ホーチミンに来て
ご一緒させてもらったばかり。そこのタイミング
で会ってなかったら、私のSNSとか見てくれる
ことなかったかも???

香港、宿が高い、または質が残念なところが
多いとはいえ、すんごい数の宿があるの。
特にこんなホステルなんかは、山のようにある。

それがあなた、一緒のところに泊まったこと
が(しかも近々に)ある友達がいたとか、
なんなの一体(´⊙ω⊙`) しかもここ、部屋
ごとにデザインが違うんだよね。。。
というわけで、おそらく同じ部屋だったの
ではないか疑惑( ・`ω・´)b

 

で、そのご夫妻に昨日のおかゆのお店を教えて
もらったんですよ。同じ宿だったから近辺情報
も色々と。

ありがたい。こんな偶然が起こるもんなのね。
先日お伝えした、スイス在住の御仁といい、
今回の旅はなんて旅かと。

セレンディピティを大事にしている身としては、
この上ない旅のスタートになったのです。
そして実際、忘れられない旅になりました。

 

<<こんな人にお勧め>>

コスパ優先、でも賑やかなところが楽しそうで
ユーズフルに宿を選びたいという方にはこちら
オススメ。

お部屋とバスタオル分のデポジットはかかり
ますが、タオルはレンタルってわけじゃなく、
返却したら、丸っとデポジット分が返って
来ます。

 

 

爪とぎに余念のないお猫営業部長さんも
いらっしゃいます( ・`ω・´)b

 

 

 

Sponsored Link*

Sheraton Hong Kong Hotel & Towers

 

ちょっとっ。
ホステルから移って来るホテルじゃない
でしょ、ここ(-“-;)

はい、御察しの通りワタクシ一人の自力では
ありません。今回お食事にお誘いいただいた、
そもそもの香港に行く動機となった方にお招き
いただいての入室です( ・`ω・´)b

 

だからと言って、遠慮した書き方するのは
好まれない方だと思っているので、別に
おべんちゃらを言うつもりないんですが、
まぁその必要もないと言うか。。。

 

このホテル、すっごい美味しいです( ・`ω・´)b
(ホテルの方か基準、他にないんかい。。。)

そして配慮が細やか。上の写真はラウンジの
写真なんですが、2日間、楽しませていただ
いて、そのどちらもかぶる料理がない上に、
例えばパートシュクレ(タルト生地)使った
フィンガフード、今日はデザートにしたら、
明日は同じ生地を使いつつもオードブルに
利用して…と言うように、うまく食材を回す
ことでバリエーションをもたせてる。

それぞれの味付けも丁寧だし、コンビネー
ションが絶妙。且つ、スイーツに関しては、
プチフールとは思えないほどの手の込み方。
お見事だったわよ。

 

そしてそのお気遣いは、メインダイニングにも。

 

ラウンジをお使いになられない方も存分に
楽しめるかと。見てこのソーダワッフル。
絶対美味しいとしか見えないルックス。
で、実際美味しかった(≧∇≦)

 

 

 

名物のワンタン・ヌードルは見事に美味しいし
(海老ワンタンも麺も美味しい)クラゲのマリネ、
なんてあるのが中華圏の良いところ。サラダ
一つにしても楽しみが多い(^・^)

例えば似た食材を上手に使いまわすことでロス
を抑えて、でもお客さんには楽しみを増やす。
それをしっかりとした技術で支えるから満足度
が高くなる、と言う、飲食業のお手本のような
細やかさが垣間見れ、そしてここはホテルで
あって飲食専門でないことを思うと、行き届い
たホテルだなぁ、と思ったり。

 

ここで思い出したいのが、KLでの出来事。

 

このあかんホテルの中に、今回ご紹介している
のと同じ名前のホテルが入っているわけですが、
ほんっと、ホテルは同じ名前でも土地により
場合により、かなり違う。

一度泊まってひどい目に逢ったから、このグル
ープには2度と泊まらない!とか単純に思っ
ちゃうと、危険は回避できるかもだけど、今回
のお宿のようなところだったら、大変もったい
ない思いをするところ。しかももったいない
ことをしたことに気づきもせず。

こうなるともう、一つ一つ、細やかに見て行く
しかありませんなぁ。情報収集が楽しむ鍵、
と言うことでしょうか。情報、大事(๑•̀‧̫•́๑)

 

<<こんな方にお勧め>>

食事を楽しみにしていて(お部屋によっては)
川沿いビューを楽しめる宿が良いという方。
地下鉄駅からの近さを重視する方。
街までのアクセスの良さ、居心地の良さを
求める方。

何を選ばなくてもお勧めな宿ですねw

 

 

 

Intercontinental 香港

 

もうね。めっちゃ頑張りました。
最初ホステル泊まってた人間がどないやねん、
と言うセレクトですが、前述のSheratonさんで
お世話になるのはわかってたことだったので、
そのあとにまたホステル戻る?と思った時に、
それちょっと違うなぁ、と。

 

将来的に、こう言うところに泊まることが普通
であれるようになりたいとも思うし、せっかく
今回色々良い機会をいただいたので、ちょっと
頑張って背伸びしよう、と決めたのがこちら。

うん、ホテル予約サイトのリウォードとか、
色々駆使してなんとか射程圏内に入れた感じ
だったので、相当頑張った背伸びだったんです
けどねw

 

 

何がすごいってまずこのロビーラウンジ。
そもそも機運の高い土地である香港の中に
あって、龍脈集まる、風水学上は最も運気の
良い場所にあると言うインターコンチネン
タル香港。

まった風水とか、と思われる方もおられる
かもしれませんし、これはあくまで個人の
受け取り方なのですが、このラウンジの
居心地の良いこと、居心地の良いこと!

目の前には誰にも知られた香港の川沿いの
風景。なんと言うか、問われている気がしま
したねぇ。あなたはここにいることがふさ
わしい人間なのかどうか。

おそらく、香港にはふさわしくなかった
ことが、前回、前々回の訪問時に居心地が
悪かった理由の一つではなかったのかと
思えてくるほど、色々問われた気がしました。
香港で泰然自若としていられるにはパワー
が要るなと。そんなことをつらつらと。

 

 

お部屋は大変居心地がよく、どのくらい良かっ
たかと言うと、滞在時間中はほぼ夢の中だった
くらいに居心地良かった。仕事しろよ。。。

 

 

先述、同じ名前を冠したホテルでも場所に
よって様子が違うと言ったばかりですが、
インターコンチネンタルに関しては、私、
どこに行っても眠くなるのよね。。。
リラックスできると言う言い方もあるけど、
それを超えた睡魔の決戦に負けてる気がする。。。

 

 

アメニティや設備など、一通り細やかでしたが、
自分的に嬉しかったのはこのお風呂。お分り
いただけますでしょうか。入り口の段差が低く、
床より低くバスタブを沈めてくれてる。

これは確か全室ではなかったと思いますが、
あの海外の、やたらに縁が高い風呂。入る際に
危険ってのもあるけど、みっともなさったら
ありゃしない(・∀・; 特にちぇりのような
タヌキ仕様の人間は四苦八苦するわけです。

あのみっともなさと、せっかくの優雅なホテルの
コントラスさほど惨めに感じる場面もないなと。
でもここならそれは気にしなくても大丈夫(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

もう夕方近くに入っていたと言うのに、ちょっ
とお出かけした後に戻ると、お部屋直しも
美しく、そしてそれは微妙な変化とかではなく、

「お部屋直しに入りましたよ」

と言うのが分りやすく、ランドリーオーダー
用品が入ったトレイをベッドに置くとか、
見目にすぐに分りやすいようにしてくれてる
のも親切だなと。

これ、あまりお部屋を乱してない時に入られて、
直されても、違和感にしか感じないところも
あるんですよね。それを気持ち悪いと取られる
方もおられるようで、明確に何をしたのかが
わかる配慮って素敵だな、と思ったり。

 

 

朝食会場は、さすが人気のホテルだけあって
大混雑。朝食代が高かったと言うのもあるの
ですが、この中にはちょっと入る気分では
なかったので、ロビーでコーヒーを(朝は
それで済ませてその後食いまくろうって
腹だな?)。

 

 

こちらはのんびり。
チェックイン時に感じたように、やたらに気分
が良い空間。私、気とかそう言うのには疎いの
ですが、実に豊かなものを感じた気はする。
そう、気がするだけで、確固たる何かはないの
ですが(笑)、好きだったなぁ、この空間。

 

 

 

ちなみに香港は風水に関して「本気」の町なの
で、こう言うサービスもあるそうです。風水、
アルファベットで書くと、Feng Shuiってなる
のね。

このホテルが手配する風水診断。ま、まずは
それをオーダーする資金を貯めてからの話
やな(・∀・; 

 

 

ダイニングなどは利用しなかったのですが、
その他ことに関してのスタッフさんたちの
的確さと丁寧さ、きちんと客を客として扱う
フェアネスな感じなどがとても印象的でした。
その分、こちらにもそれなりのものが要求
されるわけですが、ここに見合う客になり
たいものだと思わせるには十分な魅力。

さすが世界中のセレブや要人が集う場所。
色々勉強になったし、パワーチャージもさせて
もらった。早くこう言うホテルに気軽に来れる
に値するような人になりたいもんです(^・^)

 

<<こんな人にお勧め>>

良いサービスを受けたい方。
香港一の機運を集めた場所を感じたい方。
リラックスしたい方。
ゴージャスな気分を味わいたい方。

 

 

 

と言うわけで、香港の滞在記録。
ホステルからインコチまでって、どないやねん!
と思いつつ、今の自分らしくもあるなぁと言う
ラインナップで楽しかった♪
よろしかったらご活用下さいませ(^・^)

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました