インスタのストーリーで、ブログに書いてない小ネタも色々アップしてるので遊びに来てね♪
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

お久しぶり香港④ ~ これは食っとけ香港島編

@香港
Sponsored Link

さて、昨日は美味しくなかったもの話に付き合
ってもらったので、今日は美味しいものはなし
でいきますよ(•̀‧̫•́)

今回の旅は、お誘い・お招きをいただいたのが
発端。端的にいうと,

「ちぇりさん、ご飯食べませんか?」

というお誘いがありまして(香港在住じゃない
方から)。敬愛する方のお誘いだったので、
そりゃぁどこにでも飛んで参ります!って
ことで、ご一緒させていただきましたっ( ・`ω・´)b

 

…ごめんなさい、ちょっと嘘です。
一も二もなく、というほどの即答ではあり
ませんでした。これ、モナコだ、カリブ海
だと言われたら、二の足踏んでたと思い
ます(。-_-。) 

 

そしてさすが私が敬愛すべき人の力は素晴
らしく、その話が決まるや否や。。。

 

「あれ?その日自分、香港にいるよ?(・∀・)」

 

という方がもう一人出現。実はその方、普段は
スイスにお住いの方(えw)。SNS上でよく遊
んでもらってる方ではあったのですが、まさか
御目通りが叶うとはっ。しかも互いの母国でも
居住地でもない香港でw

そんな彼は私が食いしん坊なのをよく知って
いるので、待ち合わせはこの店の近くで( ・`ω・´)b

 

義順牛奶公司◆牛乳プリン!

牛乳プリーンヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

多分香港のガイドブックなどには必ず書かれて
あるようなお店。で、人気を二分するお店が
別にもあるようですが、こっちの方が日本人
には好まれるとか。理由は味なのか、この
日本語なのかはわかりませんが。

今回頼んだのは、御仁オススメのあずきのせ。

 

 

これがさぁ。。。
あずきが良い具合なの。ネットリするまで練っ
てるやつは重すぎる。あんみつのあんとか、
結構辛いことがあるけど、これは程よくフッ
クラさらり。そしてベトナムのほど愛想が
ないってこともない。あんこっぽい。

それを受け止める、にゅうにゅうプリンの
優しさよ。ほんのり甘いにゅうにゅうの味。

ミルクの風味溢れるモッチュリプリンは、これ、
どんぶりで出されても食べれそう(•̀‧̫•́) 
しかも小豆あん乗せ。しかも温冷好きな方を
選べるという万歳中華圏仕様!

この後に食事が控えているというのに、ここに
誘ってくれる彼が好きだ。ちぇりの取扱いを
よくご存知でいらっしゃるw

夕方の。。。18時過ぎ?19時くらいだったかな?
おやつを食べる時間帯でもないけれど、お店は
ほぼほぼ満席の大盛況。あとで知ることになる
のですが、この日スルリと入れたのはラッキーで、
その後再訪しようと何度か見かけたときは大行列
で断念しました。。。ツイてたのね。。。

美味しいよぉ、にゅうにゅう、美味しいよぉ(*´ω`)
ちなみに確か九龍島側にもあったと思われ。

 

義順牛奶公司
506 Lockhart Rd,Causeway Bay, 香港
Time : 12:00 – 0:00 
Spent : 20 HL$

 

 

翡翠拉麺小籠包 ワールドトレードセンター内

◆クリスタルジェイド

 

 

クリスタル・ジェイドさんです。ホーチミン
にもありますよね!ただ本場のモノは食べた
ことがなかったので絶好の機会(๑•̀‧̫•́๑)

こちらを御仁がご存知だったのと宿から
近かったので行きましたらば、大盛況。

ホーチミンのクリスタルジェイドは、ロッテ
ホテルの本家は混むし、セカンドラインの
店舗は今ひとつで私、あまり行かないので、
本家はどんな感じだろう?と行ってみたら、
あら、美味しい。

 

 

というか、自然に受け入れられる味。
単純に好みの問題かもだけど、香港の外れた
飲茶には違和感のようなものがあって、どうも
野暮ったい感じがかなりの店に共通してたので、
これは地域性とかの違いで自分の口が慣れて
ないからではなかろうか、と思っていたけど、
ここのはすんなり。なんだ、あるんじゃん、
こういう飲茶も。

あと外せなかったのが担々麺。
ってか、御仁がおすきだそうで、つられて
いただきました。初対面の人さまが頼んだ
ものに箸突っ込むなよ(-“-;)

 

 

しかしこれが美味しかった。
ホーチミンにもこの麺の選択サービス、あった
かなぁ。「拉麺」を謳っているだけあって、
かなりこだわりが。

 

 

その後、別の方に会った時にこのお店の話を
した際、「あそこの担々麺、美味しいですよね」
という話になって、ファンの多いメニューなん
だなと。今度ホーチミンのも食べてみねば。

名の知られたお店なので、今更どうかと思われ
る方もおられましょうが、正直、同じ価格帯なら、
今回食べ歩いた飲茶の中では一番安心感があり
ました。コスパも悪くない。

ここは確か、二人で食べたこともあって
そんなに高くなく、且つ、昨日お伝えした
警戒価格帯の間(1500~3000円)だったと
思いますが、まずまず。安心のお味かと(•̀‧̫•́)
ちなみにこちらのお店も香港内に点在してる
かと。Google先生に聞いてみましょう。

 

翡翠拉面小篭包(告士打道)

 

 

Sponsored Link*

橋底辣蟹◆スパイシー蟹!

さて、お次はカニです。お次は、って、本当に
「お次」で、上のクリスタルジェイドを食べ
終わった直後に2回目のディナーwww 

ほんとはどっか飲めるところを、と言ってたの
ですが、西洋人相手のパブのようなものすら
なかなか見当たらず、彷徨ってるうちにこちら
のお店を見つけてしまい、御仁が入ったことが
あるというのを羨まし気に聞いていたら、

「行きます?」

と。
なんて方だ。待ち合わせに牛乳プリンのお店を
選び、ディナーのお代わりを厭わない。初対面
なのに、いきなりちぇり取扱上級者(•̀‧̫•́)

というわけで、カニです。いわゆるチリクラブ
的な。このお店の名前を冠したものを頼んで
みました。

 

サイズはどうします?と言われて、最初は
せっかく旅行中だしケチケチせんとこ、と、
大きなものを頼もうとしましたが、お値段
なんと1万円(爆) 

すごすごとワンランク落として6千円くらい
のにし(それでも6千円。。。)、しかし
お気を使われる御仁は「これだけってのも
なんだから…」と、香港で食べたいメニュー
の上位に入る、青菜の炒め物を一品。

 

この辺のお気の使われ方がすごい好きだったな。
プラス、やっとビール!

香港の人、というか、中華圏の人って、食事
の時にビール、あまり飲まないのよね。。。
そもそも置いてないところも多いし、あんなに
ビールに合う飯なのにと思うけれども、それが
習慣なんだろうな。

で、この日も実は、先のクリスタルジェイド
で飲んでなかった。ので、カニ屋で一杯。

ちなみに上のメニュー左上にあるシャコ、ホー
チミンでも見かける巨大バルタン星人みたいな
やつですが、1尾で大体2000円オーバーとか。
これ、1区の街中ならタメ張るけど、Vung Tau
なら半額やな。。。

 

 

なんてみみっちいこと言ってないで、行きますよ!
このカニが美味しかったのよー!
と言っても、これは香港のものではなくて
豪州からのもんらしいけどねw 

なので高いのも道理。が、うまいのはうまい。
そしてこれはホーチミンではあまり見かけない
気がします。金を出せば美味いものにありつ
けるの典型で、あの値段で不味かったらどう
してくれようって感じですが(笑)、これは
秀逸。

 

 

ガーリックの炒めそぼろがたっぷりまぶさった
カニは、ちょっとホーチミンではみない大ぶり
なもので、そりゃぁご立派。

むしゃぶりついたね。初対面の方との会話とか、
ぶっちぎってむしゃぶりついたねw 日頃よく
ネット上とはいえ会話してるので、こちらが
気取った人間などとは思ってはいなかっただ
ろうけど、それにしたってちぇりさん、もう
ちょっと礼儀というか遠慮というか。。。(。-_-。)

またこの店の名前が良かったね。橋底海鮮。

 

Under Bridge Seafood。なんとなく、日本の
高架下店を思い出させる趣がある。価格は
高架下じゃなかったけれども、うんまいっす。

殻の中の部分は、仲良く半分こしたんですが、
ここの味噌的な味わいがある身の部分がまた
濃厚で美味しかった。。。

あまりの美味しさに、半ば(なぜか)キレ気味に、
しかも口に蟹が入ったままだったので、もごもご
しながらほとんど無言のうちに「食え〜!あんた
も食え〜!!」と強制する始末。

 

食事予算に余裕があるときは、ここ、良い
思い出になると思います。他にもたくさん
メニューがあって、以前は目につかなかった
貝料理とか、ホーチミンで鍛えられてるから
かなり気になった。

 

 

初手からここでご飯食べて腹一杯になろうと
するなら、内容にもよるけどざっと予算、
7~8000円/人とかかなぁ。まぁ香港だからね…。

 

 

 

橋底辣蟹
No.6-9 429 Lockhart Road,Wanchai
新館:405-419 Lockhart Road,Wanchai
Time: 11:00 – 04:00
Spent: 300 HK$

 

新発粥店◆お粥!

 

 

これがまた不思議なご縁があって行き着いた
お店だったのですが、おかゆ屋さん。香港の
明後日遅いんです。特に今回レポしてるあたり、
香港島の銅鑼湾=Causeway Bayとか、湾仔=
Wanchai あたりはショッピング街。街が動き
始めるのは、せいぜい10時とか11時。

朝6力カフェがバカバカ開いてくれてるホーチ
ミンからすると「ご飯食べるとこないじゃん!」
状態。

そういえば以前も別エリアに泊まって朝食に
苦労したんだよな。なんとなくお粥とか朝から
みなさん食べてる気がしてたのに、すごくへん
ちくり…いえ、個性的な「西式」=西洋式の
トースト+αみたいなのばかりに当たって
ゲンナリしたっけ。。。

しかし今回は教えてもらってちゃんとおかゆを
食べれました。

 

 

ピータンと肉入りー。
はいおいしー(^・^)

この価格帯(22 HK$=約300円)くらいの方が
満足できるもん多いかも。それはコスパを出す
際の金額が安いからってだけじゃなくて、内容も
地元民のためのもが多いのでハッタリじゃやって
いけない面もあるのかなとか。

 

 

おばちゃん、愛想ないし、メニューも自力で
なんとかせねばならんので(英語はあります)
ちーっとハードル上がるかもですが、朝ごはん
には美味しかったしコスパも良いしで、ちょっ
と心安らぐお店でした(^・^)

しかし香港で朝、おかゆ食べるのに、こんなに
探すとは思わんかったよなぁ。。。

 

新発粥店
香港 Wan Chai, 堅拿道西10-C
Spent : 22HK$

 

 

 

涼茶屋さん◆街角漢方茶!

 

 

すみません、この店の詳細わかりません!
先ほどの、新発粥店を出て左にちょっと行った所、
粥店に向かうと右手側、大きな電車通りの方に
向かって進んだところにあります。

中華圏に行ったら是非とも試したい漢方茶の店!
中国本土もそうですが、台湾とかにたくさん
見られる、市民が気軽に日常の中でいただく
漢方茶。

 

 

一応諸々の効果を記して、それに対応したお茶
があるのですが、万人が脈診も受けずに頂ける
ものなので、そんなに急激な効果があるわけ
じゃなく、紅茶でうがいすると喉にええらしいよ?
くらいのものだとは思うんですけど、美味しいねん。

特に気管支の弱い私は、羅漢果のお茶を愛飲
してます。日頃は固形や粉末の羅漢果を飲んで
ますが、こういうとこに来たら、ちゃんと
羅漢果を煮出したものが飲めるのが嬉しい。

黒糖を溶かしたものをライトにした感じの
味わいで、糖分はあるのですが、体内には
吸収されない性質の糖分なので、糖分を制限
しなければいけない病気の方のお食事なんか
にも有効とされている生薬。

実はコーヒーなんかとも相性が良かったり
するので、もっと日本の人たちの日常にも
広まれば良いのになーなんて、密かに思って
いる食材なの。

その場でキュッと飲んでご出勤!みたいな方も
おられるし、カップに入れて持ち帰る人も。
ただしこのカップかなり蓋が甘いので、
気をつけて持たないと周りがビシャビシャに
なるのでご用心。ちなみにここもプラバッグ
くれないのでカップ手持ちか、自前でビニール
用意するか。

 

いかがでしたか?
もっとサクッと行こうと思ったのに、やっぱり
長くなってしまったw 香港島側に行く際に、
ちらっと覗いて、候補に入れてもらえたら光栄。

せっかくの旅行ですもの。なるべくならば美味
しいところに。そしてお財布とも仲良くできる
ところに。よろしかったらご参考まで(^・^)

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

  1. くに より:

    橋底は、シャコも有名だと思います。こちらも時価で結構します。
    もともとは橋の下の屋台だったけど、人気が出て、いつの間にか高級店って感じだったと思いますよ。
    クリスタルジェイドはとっても高いし、ワゴン飲茶が好きなので、
    数年前に香港に行ったときは、市庁舎の飲茶に行きました。
    それにしても、香港は美味しいですね、お金を出せば・・・(笑

    • ちぇり より:

      >クニさん
      いや本当に。お金持ってってストレスなくバンバン使えりゃ、香港は天国。でも昔の香港をつい思い出しちゃうんですよね。庶民的なお店や料理がまだいっぱいあって、とても安かった頃。とっくに時代は変わってるのでついていかねばなのですが、懐事情がなかなか厳しいのもあって、ついつい恨み節が入っちゃいます(苦笑)

タイトルとURLをコピーしました