一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンでパリのお祭り ~ Fete Nationale 2019

イベント等
Sponsored Link

7月14日は、フランスのパリ共和国の成立を祝う日です。フランスの話題をなぜホーチミンがメインのブログで?と思われるでしょうが…

恒例のフランス領事館でのフェスティバルに、またもやお招きいただいたので行ってきました♪

 

 

去年よりも大人数が招かれてた?!

 

実は昨年もお声掛けをいただいて行ってきたのですが…

 

 

今年はなんだか、さらに大掛かりになってたような(・∀・;
本来は今日なのですが、今回のこの席の開催は二日前の金曜日に。

 

 

相変わらず美しいフランス領事館 in ホーチミン。
このご様子を拝めるだけで、一礼したくなりますな。

 

 

こういうイベントには、在ホーチミン、または在ベトナムのフランス企業さんが大々的にご協賛されるようえ、このスポンサード・ボードの前で記念写真を撮られる方も多かったです。

 

 

我が愛するファニーさんもご出店されてて、ええ、当然いただきましたとも。ここのフルーツ系のフレーバーは、本当に美味しいですよ。この日はパッションフルーツをいただきました。

 

 

 

超大人数のゲストにもプライドのワイングラス

 

そしてフランスの方からすれば当たり前のことなのかもしれませんが、ザーッと見て700?800?下手したら1000人はいそうな群衆のほとんどが。。。

 

 

ワイングラスを片手に、会場内をウロウロしてました。紙コップとかプラコップじゃなく、ガラスのワイングラス。

ワインを飲む条件としてはこれ、当たり前のことかもしれませんが、一人が最初から最後までを1つのグラスで通すわけじゃなし。運営側からすると割れるリクスはあるわ、数は膨大になるわで…

気が遠くなりますね(´Д` )

 

でもそんなもんだはものともしない体制を整え、そつなく、なんなら、フィンガーフードを持って回っておもてなし。

 

 

すっげーなぁ。。。
しかもここまでする対象の中に、私程度の者がいるってことを考えてください。心が広いというかなんというか。大盤振る舞いというのは、ここまでやらなきゃ使ってはならない言葉のような気がします。

 

 

Sponsored Link*

お料理ステーションの美しさ

 

当然のことながらお料理ステーションも素晴らしかった。
こういう大人数バンケットの料理というのは、それ用のレシピって物があるのですが、それを駆使して、当然ながら美味しいのは大前提。

 

 

上はまだステーション・オープン前の様子なのですが、始まってからは、みなさん非常にスマートなマナーをお守りになられていながらもかなりの数だったので写真はあまり撮れませんでした。

 

 

混んでる中でこんな写真を撮る私のマナーの悪さ(。-_-。)
すみません、と前後の方にお詫びをしたら「撮らずにはいられないよね。私もさっき撮っちゃった(笑)」みたいな返しがさらりと来るのが、また素敵。

 

 

今回は圧倒的にフランスの方が多かった気がします。前回は日本の方ももうちょっといたような。知り合いにもほとんど会えないくらいの大人数がいたというのに。。。

このお料理群が一切絶えることがなかったですからね。本当にすごい。一体この席を設けるのに、どのくらいのご予算がかかっているのか、と、概算を頭の中でざっくりはじき出しただけでめまいが。。。

でも、そうするだけの価値がある、とお考えなのでしょうね。ベトナムとフランスには特別な関係がありましょうから、他の国の領事館・大使館とはまたスタンスが違うのでしょうが…

それにしても太っ腹。
プラス、フランスの文化を異国の地にてフランスの人を対象にする点では自国のプライドを、現地の方には敬意を、現地在住の他の国からの人にまで広めてくれるこのようなイベントは、ほんと素晴らしい。

私なんかはこういう場で個人レベルの交流しか持てませんけど、でもそんなコネクションがあちこちで生まれてくれることで、国と国の関係に影響が及ばないとも限らない。

そういう場を積極的に領事館という立場の方が作ってくださってるのは、美しいなと思うのです。

 

 

ちょっと嬉しかったもの

 

フランスなので、ペリエもありました。

 

 

手前のデコレーションされたボトルがモリゾーみたいで可愛かった( ̄▽ ̄)
そして、例の、フランスNGOが作られたパン学校の生徒さんたちも御出店。

 

 

ここ最近のご活躍ぶり、著しいですよね。このブログで紹介しているカフェ各所でもお取り扱いになられてますが、飲食業界のみなさんの間でも、その美味しさが定着しつつあるようです。

さらに。。。

帰り際にお土産をいただきましたっ。
いや、もう散々ワイン飲ませてもらったし、美味しいご飯もいただいたし、これ以上何を望めようかと思ったのですが…

 

 

ロレアルのヘアケア商品に竹のストロー(これはポリシー的なものですかね)、MAROUのチョコにマグカップ、トリコロールの扇子に、それらを入れたトートバッグ!フランスづくし!

どれも実用的なので大変嬉しい(๑•̀‧̫•́๑)

そして毎度、こちらの領事館の心の広さには感服なのです。日頃からおつきあいさせてもらっているフランスの方もそうなのですが…

こういう場で触れ合う機会のある、ホーチミン在住のフランスの方って、ホント、フランクでチャーミングな方が多い。会話の運びとか、素敵だなぁ、と習うことが多いです。

先方も、こちらに興味を持ってくださり、日本のことをいろいろ尋ねてくださいます。こういう場所をもらえることがありがたいですよね。

今年も楽しませていただきました。ありがとうございますー♪

 

Consulate General of France to Vietnam
6 Le Duan Q1

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました