一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンのカフェで花🌸茶&アイスクリームフルーツトースト🍓 意地悪根性で挑んでも美味しいもので返り討ち & フローズンシントーにこれまたやられた!~ Cmallia Tea and Coffee

カフェ
Sponsored Link

ホーチミンのカフェ天国ぶりには、在住10年たってもまだ驚かされることがありますよ!絵面だけ撮れれば…と思ってたのに、うっかり全部食べちゃった(・∀・)

ちょっと見にはわかりにくいヘムの奥

2022年5月3日

大通りから入ったヘムの中にお店があることは珍しくない、と言うか、ヘムの中にこそ楽しいお店が多くひしめいてたりするわけですが、こちらもそんなお店の一つ。

Tran Quoc Thao という結構往来の激しい大きな道から少しはいるのですが、入り口にはこんな門構えがあるからすぐわかると思います。

一応ここに、今回お目当のお店の看板もあるのですが、控えめ…というか、他のお店の看板に目を取られてしまいがち。

しかも通りの奥を覗いてみても、目当のお店じゃない、他の店名が見えてくる。
え、もしかしてお店なくなっちゃったかな?と思うことなかれ。

とりあえず、大通りからチラ見えしていいた、Tropiaというお店のとこまで歩いて行くと…?

さらに左側に入って行く小道がある。

その方向に、目当のお店の看板が!
オリエンテーリングやってるんじゃないんだから…😅

でもそれがちょっと楽しかったりするんだけどね(笑)

ちなみに向かって左側にはレストラン。
表の通りから入るところに代々的な店名を掲げてたやつだ。これはまた今度にしよう。

で、やっと到着。
ふう(^・^)

洋館を改装したパターン

門構えからとても素敵。
中心街からちょっと離れたところにはよくあるパターンの、洋館を改装したカフェ。

よくある、と言っても、日本人的には、そのスペーシングからしてやっぱりとても贅沢で、ゴージャスな感がありますわね。

門からまっすぐ突き当たりまで行くと、なんかの物販コーナー。おそらくは自然派の化粧品やらアロマ系のものかな?と思われます。

で、店内に入ると、印象的なのがこのグリーン!
そしいて濃い茶系で敷かれたタイルとのコントラスト。

わーっ、可愛いのと、ちょっとダサめな感じが入り混じってるのが可愛い♪

なにぶんにもサイゴンには「時間」という要素もデザインの一つとして融合させた空間が多く、時代遅れ感をダサい、というのだとしたら、ダサさも魅力の一つだったり。

レトロ、というほどでもないライトな懐かしさなどと合わせるとそれは「おぼこい感じ」と言った方が適切かも。

洗練さはないのだけれども、かつてはきっと一定のくらいについておられる方が住まわれたであろうお屋敷というステイタスは、決して軽く扱えるものでもなく、なんとも絶妙な魅力が入り混じってます。

見飽きないわー。みてくださいよ、上の写真の奥のドアのガラス部分にはめられてる枠。超かわいい。

そういえばお客さんはほとんどローカルの方。
この手の洋館的なカフェだと、大抵欧米の方とかいらっしゃるんだけど、あまりメジャーなカフェじゃないのかな?

面白かったのは、デザイン上の支柱的部分を背もたれにしてソファで囲み、三方や四方にテーブルを置いてお席にしてること。

周りが広々だから、なるほどこれは効率が良い。特に、大きいな団体さんは少なく、3〜3人客が多い傾向にあるお店だったら、とても有用ですな。

ってか、このアーチかわいー。

それでいてデザインが突っ走ってない感じが、やっぱりいいわー。狙って安易に作り込んで安っぽすぎるということもないし。

花茶がたくさん!

さてこちらお店として特徴的なのは、花茶がたくさんあるということ。

力を入れてるんだなと思ったのは、Wi-Fiのパスワードに「Tra Hoa」って入ってたんですよね。Tra=茶、Hoa=花。

そして1ページめがこれだもの。
わーっ!!薬膳茶だ!

薬膳は、ベトナムではとても身近なものと言われながら、そういえばこういうお茶を気軽に楽しめるところはそんなにないかも?

薬膳から離れた、こういう花茶も!
うっわ、かわいい!!

残念ながら、桜フレーバーは私の天敵なのであまり味的にはそそられませんが、これ、インスタ映えしそうだねえ(笑)

まるでガラスのティーポットの中にピンクのフリルが舞い踊っているようだ。

ちなみにポット提供の金額として書かれている、Am Donというのは、一人用のカップで提供、Am Doiというのは、ペアで楽しめるようティーポット+二人分のカップ提供。

もし一つのティーポットのお茶を3人で分けたいときは、追加料金が28kかかりますよ、というしいステムらしい。

まあ4人になったら2種類頼んでくれという語行こうかもしれませんが、このティーポット結構たっぷり入ってそうですものね。追加料金払っても、3人でシェアできるのはありがたい。

ちなみにこのシステム、結構あちこちの、特にお茶をメインとして出してるカフェではよくみられるシステムです。

似たような配列で数字が並んであたら「あのシステムかな?」と察してみると良いかも。

花茶と果物を合わせたメニューなんかも、チャーミングねえ。

ミルクティも色んなお茶でのバリエーションがありそうだし。はい、やっぱり英語も書いていないローカル仕様のメニューなので、Google先生、駆使しましょう(笑)

コーヒー類は結構後になって出てきます。
やすい。。。

フレーバードコーヒーやアフォガート、ラテなどもあり、お茶ほどじゃないけど、コーヒーもそこそこのバリエーション。

で、これだ。
フードの中でも結構トップに出てきたメニュー。Banh Toast!

この手の食パンにゴテゴテ色々施したトースト、6〜7年前くらいに、韓国系のカフェが持ち込んで、200k前後という高値メニューを展開したのを受けて、ローカルでもちらほらやってるところがあったけど…

結局根付かなかったなあと思ってたんですが、あったー!ここに、あったー!

ベトナムはフルーツ天国でもあるので、この手のメニュー、レシピを絞り込んだら相当有利なんですよね。

ただ食パンの歴史が浅そうなのと、そこまで浸透しきってなさそうな食べ方なので、数少ないお店がどこまでレシピを詰めてるかは問題ですが…

気になる(๑•̀‧̫•́๑)

ケーキや、これ、アサイーボウル的なものかと思ったら、おいおいスムージーの枠でこのデザインですか!(笑)

アヴォカドコーヒーはよく見かけるけどアヴォカドチョコレートは飲んだことないな?!

お腹がいっぱいになるやつだから、なかなか飲む対ミイングがないんだけど、もう今度開き直って朝ごはんの代わりにいただきに上がろうかな?(笑)

ご飯といえば、ローカルフードメニューも結構揃ってました。

何度もいうけど、ホーチミンのカフェ飯は侮れないところが多いので、ここもぜひ、一度食べてみないといけません。(使命感)

ちょっと洋風メニューもあったりする様子。
ローカルのパスタは、よく「美味しくない」と言われがちですが、最近は若い人たちもいろんな国の料理を食べ慣れてきてますし、何よりお値段が安いことを勘案すると、結構いけることもあるので、これも侮れません。

大変。食べてみたいものがいっぱい(๑•̀‧̫•́๑)

Sponsored Link*

せっかくなの薬膳茶と写真用のトーストを!

というわけで、薬膳茶!

これね、そんな美味しものではないかもしれませんが、なんか体に良さそうな気がする。にわか漢方好きなので、詳しいことは知らんのですが…

なんかこの日はちょっと疲れてたし、前日酒もしこたま飲んだ。なんとなく浄化をしたくて頼んでみましたw まあこのお店のシグナチャーでもあったようだしね。

それにしてもたくさんのあれこれが入ってますよね。これ、飲むときは蓋をして、少しずらしてその隙間からいただきます。

そうすれば中身が口の中に突進してくることなく、染み出した、薬効あらたかそうなお茶だけをいただくことができるという寸法。

薬膳の中のいくつかは食べられるのでしょうね。ナツメとか。スプーンがついてきてましたが、まあそんな美味しいものじゃないので私はパス(・∀・)

でも、このお茶がいただける場所がしれたというのは収穫。良き。

いちごトースト!

で、こればっかりは食べてみないと、美味しいか美味しくないかわかんないし、話題に出すだけだしておいて、自分は食べずに、実はまずいものでしたー、とかだと大変残念なので…(という言い訳)

そんなにお腹が減ってたわけじゃないけど試してみた。残しちゃったらごめんなさいよー?と思いつつ頼んでみたら…?

わおーっ、そんなに作り込んではないけど、美味しいやつの匂いがする!

そしてMega Marketの景品のカッティングボードを使ってるとこなんかも、おぼこくて、いいぞ?(笑)

で、まずフォークとナイフでざくり。
おっ。トーストの表面と耳の感触がいい感じ!

トースト全面にはいちごのコンフィチュールと…練乳か?
アイスクリームもしっかり乗せて、まずは一口。

うっ……うおおおおおおお!!!
まずパンの食感が、いい!そして味気なくもなく、重たすぎもせず。トーストにすると、記事の水分はそこまで飛ばさず、表面がいい具合にザクッとなるタイプのやつだ!

そしてコンフィチュールとミルクっぽいものが混ざったところはあれだ!昭和の人間にしかわからないであろう、サクマのいちごミルク飴の風味!

うわーーーーっ、なーーーーつかしーーーー!
しかしそこにアイスが加わると、もうちょっと華やかになり、このアイスクリームがまた悪くない。

さらには元のイチゴは、ベトナムのもの。おそらくはダラット産?酸味が強いタイプなので、甘みが強いものの中にあって、キュッとしたコントラストをつけてくれてる。

え、なにこれ、美味しいんじゃない?
美味しいよね?
甘いだけかと思ってたけど、かなり、おいしいんじゃない?!

とか言ってる間に、あれ???(・∀・)
あっという間に消えてしまったな?
瞬間消滅したこれは、きっと霞。霞だったに違いない?!

うおーーーーーっ、それなりに厚切りの食パンを、口の中でパスパスさせることなく、アイスやシロップに加え、いちごの酸味で口の中を潤すことで、ペロリンチョと食べさせるこのフルーツ・アイストースト、かなりの出来栄えなのではないか?!

しかも72kだぞこれ?!

ってか、パンもちゃんとこれ用に選んでると思います。
パンだけをただトーストして食べたとき、このパンがどの程度の実力を発揮するかはわかりませんが、このフルーツとアイスクリームをあわせた場合には、かなりのフルパワーを発揮させているのではないかと!

これはめっけもんだー!!!
しかも体によさげな薬膳飲んだから、きっとカロリーはリセットされたに違いないヽ(・∀・)ノ(されません)

スムージーなんかのカフェメニューもチャーミングだったし、マンゴートーストも気になるぞ。お子さんとかも、きっとお好きなんじゃないかなー。

ネタにしてやろうとか意地悪根性で挑んでも、美味しいもので返り討ち。ホーチミンにはかないません(笑)

あ、この時にいらした店員さん型はほとんど英語をしゃべられませんでしたが、何かと親切でとっても感じがよかったので、気持ちよく過ごせると思います♪

さあさあ、こんなトースト、どこにでもはないよ!かなりのお値打ちチャーミングメニュー。是非是非お試しくださいませーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

フローズンスムージーが美味しい&朝食に嬉しいボリューム!

2022年5月16日

再訪です。
この日は食べるつもりじゃなかったんです。朝、打ち合わせで行くだけだったし、且つ、ランチには予定があったので。

しかしなんだかんだで家を出るまで食べる間がなく、小腹が空いた。そうだこういういときはスムージーだ!我ながら良い考えだウヒヒヒ、と思って頼んだら…

こんなのが来た(・∀・)
まあメニューに写真はあったのですが、なんか別の写真が載ってるのだろうと思い、お気軽にマンゴースムジーを頼んだらこれ。うぉうwww

よくヨーグルトにこんなトッピング乗せてるのあるよね。あれ、ヨーグルトも結構蛇なやつ使ってたりして、かなりお腹にずっし入りくる上、ヨーグルトxグラノラいう食感にあまり慣れてなくて、しかもグラノラ、ヨーグルトの水分吸ってヘナチョコになるからあまり楽しくなく。

しかし…?

あらら、フローズンスムージーだと氷もほどほど使ってるようでエアリー感があり、フルーツベースだからさっぱりもしている。しかし苦手な湿気たグラノラが問題…

と思ったら、薄く全体がシロップでちゃんとコーティングされてるから、かなりの間サクサク感を保ってて美味しい!

そこに大好きなマンゴー。そして甘いバナナでちょっとボリューム補充。え、美味しい。美味しいがこの後ランチが。でも美味しい…と、結局ほとんど食べてしまった😅

えっと、全部食べたら結構なボリュームです。
でもこう、炭水化物じゃないからそこまで胃袋にヘヴィじゃない。ただチアシードも入ってるので、のちに腹は膨れます。

というわけで…ヘルシー寄りのパフェ感覚?
休日に、朝昼おやつを兼用にしたい時とかいいかもしれない?!

この手のグラノラ+フルーツボウルで、ワタクシ、初めて美味しいと思って食べたかも。これ、オススメです!

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Camellia Tea and Coffee
120/48 Tran Quoc Thao Q3
Time: 07:00 – 21:00
Spent: 146,0000vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました