一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【ちぇりまっぷ有料版限定】ローカル市場を行く!&いくつかの市場で見られるお魚販売形態 (Fun-006)

食品
Sponsored Link

ローカル市場の醍醐味

ローカル市場、活用している人としない人とパッキリ二分されると思うんですが、使う人にはお気に入りの市場ってあると思うんです。

気にいる理由は家の近くだから、だったり、よく使う食材がそこにあるから、だったり、品揃えが自分ニーズに合うから、だったりと様々だと思うんですが…

ここは魚が結構強い。


そう、市場によって得意分野があるんです。それはスーパーなんかでも同じですよね。これを買うならここに行け、みたいな。

で、こちらの市場は、お魚得意。もちろんその他の食材もいろいろあるので楽しいのですが、最近はよくこちらの市場に行ってます。

正直、お近くに住んでる方の間でないと、知名度は低いと思われる。ただ規模も大きいし、市場が意義するところの品揃えや鮮度が満たされているのが良い。個人的に。

お魚に関するとっておき情報

これはここの市場だけじゃないかもしれないのですが、プロ中のプロから聞いて、初めて知ったお魚販売に関すること。この市場では、想定外の販売がされてました。

いやー、既成概念にとらわれるって、こういうことだ。

ってことで、フル活用してお魚ライフを楽しんでます。

たまに「南国の魚なんて」とか、炎天下の市場で売られてる魚なんて」みたいな発言を聞くのですが、そしてその言質は一部当たってもいるのですが…

市場事情を知って目利きができれば、ホーチミンでのお魚ライフはとっても楽しい!!

なんだったら、日本じゃ素人が触ることが難しいものまで手に入ったり、それが安かったりしますからね。むしろ楽しみ放題なんですよっ(๑•̀‧̫•́๑)

日頃から家で魚は扱わない、という方には意味が薄いかもしれませんが、お魚を扱いたい人、もしくはプロの方には有用情報と思われます!

Sponsored Link*

ちぇりまっぷ有料記事の過去記事閲覧の仕様変更について

2022年2月1日以降、ご購入いただいた会員さんから、過去記事については直近10件のみの閲覧となりました。

一定条件を満たされた方のみ、2022年1月31日以前にご購入された&そこから継続してご購入いただいた場合、全過去記事を引きご覧いただけますが、その他の会員様については、新規役を適用となりますのでご注意ください。

閲覧できる記事を確認するには、ちぇりまっぷ画面を登録し、下にあるメニューの『限定記事』をご参照ください。表示されているアイコンの記事のみ閲覧できます。

購読方法

読んでいただくには、ちぇりまっぷ有料登録が必要になります。
また、直近過去記事は10本のみ閲覧可能となって居ますので、御了承ください(それ以前の記事は読めなくなります)

ひと月300円・都度更新なのでとりあえず一回だけ試しちゃろ、と言うのもOK。よろしかったら是非ともです(^・^)

ご購入は、ちぇりまっぷを携帯にアイコン保存してもらい、

 

ちぇりまっぷ使い方

画面のこの部分からどうぞ!

 

更新情報その他はFBで!
https://www.facebook.com/cheriaatw

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました