一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

再開もめでたいが新規開店も嬉しいね!真っ赤な内装がトレードマークのチャーミングなカフェ! ~ cafe Maillard Saigon

カフェ
Sponsored Link

ここしばらく、自分が行ったり見かけた再開を果たしたお店をお知らせしているわけですが、新規開店してるお店もあって、たくましいぞ、ホーチミン!

新規に開店しているお店

社会隔離を超えて再会を果たした大好きなお店の数々を知れるたびにウルウルしてしまうここ最近ですが…

こんな時だからこそ!と発奮、新規開店しているお店もありますね!しかし…

それが、Dong Khoiエリアの中心街となったら、ちょっとビビる。今?出しちゃう?この中心街に???って、他人事ながら心配になっちゃうくらいなのですが、まあそんなものは余計なお世話で…

だって足を運びたくなるんだもん。素敵なお店なら。
ってことで行ってきましたよ。

場所は、ホーチミンの方の間ではかなり人気のこちらのカフェと同じビル。

⬆︎のカフェ、ホーチミンのカフェシーンに一区切りつけた感がありますよね。

私が知る限り、⬆︎のカフェはローカルのカフェとは一線を引き、アラビカ系の豆をドリップコーヒーで、しかもあらゆるドリッパーや手段で楽しませてくれるお店の走りだったのではと認識してます。

今となっては、そんなお店はゴマンとあるのですが、その頃、特に街中ではあまりまだ見かけなくて、日本で良く呑めるタイプの美味しいドリップコーヒーを楽しめるお店がある、と、日本人の間でも結構話題になったものです。

入り口は地味だし看板はないけど

入り口はこんな感じ。
はい、メッセージボードは、Work Shop さんのもの。今回ご紹介したカフェのサインはどこにも…ない???あれ?本当にここ???

このビル、かなり古そうで煉瓦造りで素敵なんですよね。ってか、ホーチミンのちょっと前まで&今もかなりのビルはレンガなんだけど。

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、以前に建ったホテルもこのホテルも、あのマンションも実はレンガが使われたりするんですよね。いまも、かな。

逆にノスタルジックさを演出するために、本当はレンガじゃないけどレンガを積み上げて作りましたという風に仕上げてある内装デザインとかもいありますよね。

でもこちらは多分。。。本当に古い😅
まあそれでもこれがフェイクかリアルなレンガなのかはわかりませんけど、建物が古いのは間違いない。

階段をあがったところにあるシガーバーも健在だ!
ちょろっと覗いたことしかないので、レポは書いていませんが、なかなか大人そうだし、多分昼間はカフェとして開いてるのかな。

そして4階、に当たるのかな?上がりきるとこの光景。

そこを左に向くと、The Work Shop さん。
雑居ビル的に、同じビルやフロアに違うお店が入る時には、少なくともそのフロアまできたら、そこにあるお店のサインボードなんかが出てるもののなんですが…。

右を向いても、これ。⬇︎
ううむ。。。何か別のお部屋がある感じじゃない。。。でも。。。

ここで、ひるんではいけない(๑•̀ㅂ•́)و✧
というのは、過去の店探し経験で何度もやったこと。めげるな。止められない限り、入っちゃいけないところじゃない限り、進むのだ!

おー!!あったー!!
でも店まで来ても、店名のサインボード、出てないーwwww

せめて店の前にはなんか出そうやwww
お店の内装が特徴的だったからわかったけど、これ、普通に地味なカフェだったらわからんで?(笑) まあそういうのがいいところなのかもだけども。

ベトナムって、自由な内装デザイン、多いよね。お部屋探しなんかをしてても思う。大型マンションだと同じタイプのお部屋だったりするけど、内装は全然違うし、表情違えてるし。

カフェとかになるとさらに個性やアトラクティブでないと埋もれてしまうからか、本当に、自由(建築的な基準は色々あって大変とも聞く)

でも自由って難しいよね。発想の源がないとどうにもならない。でも、ホーチミンのカフェシーンには戸惑いがないというか…次から次に見たことがないデザインが出て来たりする。すごいよなあ。

こじんまりだけど赤くて可愛い!

陳腐が過ぎるな。
なんや、赤くて可愛いってwww
でも…

赤いねんwww
これは入り口正面にあるスペース。少し区切られた鎌倉の中みたいなところが2つほど。左はカラスを貼って圧迫感を与えないようにしているけど、壁。

なので右を見ると…?

赤い(・∀・)
でもなんだろう。いい色ね?赤ってこれだけ面積が大きいと目にうるさい感じになりがちあだけども、ライティングや床のタイルの色もあってか、可愛い感じに仕上がってる♪

メゾネット的2階席もあって、やや、本当可愛い。
そういえば、同じ階にあるThe Work Shopさんも天井高かったからなー。

あの床面積があればあの天井の高さもバランス取れるけど、なるほど。こちらは小さなスペースだけども、同じ高さの天井があったので、こういうスペースの使い方。なるほど。

Sponsored Link*

メニューはQRで

最初、Covid-19の履歴作りのためかと思ったら、これメニューのQRコードでした(笑)

将来的にペーパーやボードベースのメニューができるのかはわかりませんが、当面はこちら。デジタルだと変更もしやすいしね。

開業当初に決めたメニューは、コール&レスポンスで調整していかなきゃだもんね。

正直まだそんなに種類は多くないし、この日は開店時間から小一時間経ってたけど「ごめん!まだコーヒー扱える人が来てなくて!」ってお茶勧められたw

でももうすぐくるってことだったからのんびり待つことにして、コーヒー系を注文。

でも今見ると、紅茶系も、もし写真の器でくるんだったら可愛かったかもなw

MOCHAが好き♪

MOCHAを見かけるとつい頼んでしまうワタクシ。過去にしないで一番MOCHAが惜しいと思ってたお店はなくなっちゃったし、MOCHAって、

・豆の種類
・チョコレートシロップを混ぜたカフェメニュー

の2種類があって、そのどっちが出てくるかもちょっと楽しみだったり。

まあ今となっては貴重なモカ種の豆で出てくることは少ないのですが(笑)、カカオの国のことですし、それと合わせたコーヒーももちろん悪くないので、おいしいMOCHAを求めてついつい頼んでしまうのです。

はい、赤い〜(笑)
窓際の席にはお嬢さんがたが2人座って、コーヒーそっちのけで写真撮影をされておられたのですが(笑)、一瞬、空いたスキにパチリ。

んで、今回はアイスを頼んだ…つもりはなかったのですが(笑)、こちらのお店ではMOCHA=アイス、なのかな?

でも結果オーライ。

冷たくてもこれだけ香りってのは大したもんだ。そしてチョコシローップ入りのカフェモカでしたが、甘すぎず、コーヒーの味を優先させてるし、良いっ。

時々ペチペチした名前のレシピとか、甘いばっかりでコーヒーどこっ?!ってなるのあったりしますしね。あれはあれなんですけども、コーヒーの立場がなくなっててちょっと可哀想になることがw

ちょっと時間がなくて、これをささっと飲んだらすぐに席を立たなくてはだったんだけども、うん、コーヒーも美味しそう。そして可愛い。

古いビルの上の方の階、さらにはその奥の方という、通りがかりで見つけたから入って見た、とはならないカフェですが、多分ここ、人気になると思うな♪

聞いたら、なんと数日前に開店したという。
お店の方も、フィードバックをとても熱心に聞いておられて、丁寧だったしとても感じの良いお店でした。

The Work Shopさんももちろん捨てがたい。
ですが、この時期に開いた赤くて可愛いこちらのお店にも、頑張って欲しいなー♪

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Cafe Maillard Saigon
27 Ngo Duc Ke Q1
Time : 08:00 – 20:00
Spent : 60,000vnd/person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました