一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンのニュータウン内のカフェでカスカラ茶を! ~ The Six Cafe

カフェ
Sponsored Link

ホーチミン市街エリアからほんの少し離れたエリアにどんどんできてる巨大マンション群。あちこ日本人にもポピュラーなところはできてますが、こちらはどうかな???

 

Vista Verdeさんの1階に

 

2区のアンフーエリアには、Somerset Vistaさんがありますが、Vista Verdeさんと言うのが、2区のかなり南の方にあります。

この辺、私はまだ知り合いがいないので滅多に行かないのですが、最近ご縁あって、打ち合わせなどにたまに伺わせてもらってます。

 

 

かなり大きなマンション群なので、スーパーやカフェなどもそれなりに敷地内に備えられてます。ちょっと外に目を移すと、まだまだ周りが開発中で、敷地外にはほとんど何もないって感じなんですけどね(・∀・;

 

 

でもこのマンションはお部屋がゆったりしている割にまだ価格が安く、お借り特なんだそう。ほぅ。

例えばこんな感じ。足が必要、という条件はありそうですが、他物件に比べるとかなりお得ですね。

 

 

 

 

そして見たことのないスーパーの名前。中には食料品だけじゃなく、生活全般に必要そうな日用雑貨なども一通り(値段はともかく)。

 

 

ちょっとしたアーケード的なものもありまして、軽食屋さんやクリーニング屋さん、カフェなどがいくつか。とりあえずのものは事足りそうですね、ここの敷地内だけで。

 

 

聞いたことなかったコーヒー屋さん

 

食べ物サイトで検索すると、まだホーチミン市内には一軒しかないようですね。チェーンっぽい造りでもあるんですが、まだ1店舗。

 

 

ホーチミンにあるカフェの内装が優秀なのはご存知の通りですが、チェーンじゃないとなおさらのこと自由度が高くて個性的なデザインを楽しむことができますよね。

今後チェーンとして展開していきそうな雰囲気のお店ではあるのですが、こちらもなかなか素敵な店内。

 

 

ギフトにもできそうなコーヒー豆やコーヒーを入れるアイテムを売ってたりもするし、やっぱり今後展開してくのかなー。

 

 

サイフォンとかコールドブリューの装置もあって、なかなかこだわってる様子&オサレですな。

 

 

一角には、ちょっと日本の昔の喫茶店的な雰囲気を醸すところもあって、わたし、好きです。こちらのお店のこの雰囲気。

 

 

店内かなり広いので、目に入るエリアで雰囲気がちょっと違うのも良し。同じ空間内を違う雰囲気のエリア集めて一体感出すのって難しそうだけど、そう言うののお上手なデザイナーさんがおられるのでしょうなぁ。

 

 

素晴らしい。

 

 

Sponsored Link*

ドリンクメニュー豊富&軽食あり

 

毎回こちらに行くと、必ずローカルの皆さんがお食事をされておられます。周りに類似のローカル飯屋があまりなさそうなので、と言う理由もあるかもしれませんが、それでも不味いお店、その価格に見合わないお食事なら、皆さんそんなに食べないと思うんですよ。

なのでちょっと期待しているのですが、実はまだ食べたことがありません(。-_-。)

毎回ドリンクなのですが。。。

 

 

エスプレッソ。大変クリーミーな泡が表面を覆ってて良い感じ。かなり深いローストで相当ストロングタイプではありましたが、これのな時はすごく眠かったので効果抜群。眠眠打破より速攻効いた( ・`ω・´)b

次はラテ。これも無難に美味しい感じ。正直「すっごい美味しいからぜひ行ってみてください!」とまでは思わない。普通に美味しいくらい。なのですが。。。

 

 

自分的に珍しかった、こんなものを見つけました。
カスカラティ。

 

 

わかりやすい名で言うと、コーヒーチェリーティー。コーヒーの種の部分がコーヒーとして楽しまれるわけですが、そのタネを包む、紅小さなチェリーみたいな果肉部分が、カスカラ。これを乾かしてお茶に仕立てたのが、カスカラティ、またはコーヒーチェリーティと言われます。

コーヒーが収穫される国にはよくあるそうなのですが、輸出用としての大量生産をしているところは少ないと言うことで、コーヒー産地ならではのお茶と言えるかもしれません。

そうは言うてもこの時代、もう日本にも入ってるはずで、聞くところによる世界的コーヒーチェーンでもメニューにあるとかないとか。わたしそこ苦手なんで行ってないのでわかりませんが。(近寄りもしないw)

 

 

で、飲んでみると、これがいい具合。コーヒーの風合いはほとんどありません。あれはタネを加工して生まれる風味。ましてやカスカラティに使われてるのはフルーティな実の部分。

と行って、それがお茶になった時には、そんなにフルーツフルーツしてなくて甘ったるくもない。シュッとした渋みと香ばしさのある品の良いお茶。これ美味しい。

紅茶に比べるとお湯を注いでからの蒸らし時間が少し長く、4〜7分くらいが良きとされているようで(なに分生産量が少ないので淹れ方が特に確立されてるわけではないようです)、運ばれてきて最初に飲んだ時より、なるほど、2杯目、3杯目の方が風味が豊かでわたし好み。良い。

 

 

ちなみに、普通の茶葉のお茶を頼んだら、葉っぱ開き切っちゃってあなた、ティーポットがこんな状態にwww

まぁ景気良い話ではある。ケチくさいお茶ほど美味しくなくて貧乏くさくて寂しい気持ちになるものはありませんからね、カフェで。

そもそもティーバッグとかじゃなく、こうして伸び伸び茶葉を開かせてるのが素晴らしいじゃないですか。別にお茶専門店でもなく、ティーバッグで出されても仕方ないのに、こう言う提供をしてくださるのは嬉しいですね。

まだまだジュース類とかも飲んでないし、食事もしてないのでなんとも言えませんが、ここ、人気出て広がってく可能性はありそうな気がする。フランチャイズとかやってるのかどうか知らないけれども、むしろ、家の近くにあってくれるといいなと思わせるカフェ。

遠いので、ドリンクのためだけに行くことはありませんが、ミーティングなどに指定されたら喜んで出向きたくなるカフェです(^・^)

 

 

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

 

お店情報

 

The Six Coffee
Phan Van Dang  VISTA VERDE内
Time : 07:00 – 21:30
Spent : 50,000 ~ 70,000 vnd / person

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました