一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ハノイの旧市街に見つけた、内装も料理もフォトジェニックなカフェ ~ Rue Du Camp

カフェ
Sponsored Link

ハノイの旧市街もかなりのカフェ天国。ですが、昔ながら、だったり、涼し期間も多いせいか、風通しの良い簡素なお店が多い印象。そんな中で見つけたのがこちら!

ハノイ旧市街の風情を壊さず、でもモダン?

今回写真点数が多いので、まあ見てこれ!
もう入り口から素敵じゃない?

異質、といえば異質、なのです。周りは割とローカルなので。ホアンキエム湖からはすこsだけ離れてますが、まだまだ旧市街エリアの中、と言って差し支えない場所。でもこの様相。

そして表にメニューを置いてくれてるのも、どのくらいの価格帯なのかがわかりやすくてありがたい。

近づくとますます綺麗だなあ。素敵なデザイン。
だけど周りと浮いてるわけでもなく。

さて。

内装も素敵だった!

とういわけで中に入ると、あらもう素敵!
螺旋階段が印象的なお店はホーチミンにも増えてきたけど、これ、流行りなんですかね?

入ってすぐ右手にあるキャッシャーカウンターのところには、カフェに期待する以上の様相のケーキが。へえっ。

そしてその日多分初の客だった私は、2階席に通されたのち、思う存分うろうろと…www 

だって広いんですもの!
そして何でしょう。モダンなんだけど、木肌のせいか、落ち着いた印象で心地よい!

そして越南らしいさの一つとも言える(と私は思ってる)漢字の取り入れもアジアンな雰囲気で素敵。

そしてまたもや、テラス席に続く印象的なスペースを持つお店だった…。うん、私はお部屋の中の方が涼しくて好きだったけど(笑)

アジアンな要素を取り入れつつも、ネオンを使ったりするのも絶妙にベトナミーズな感じ。

そして何より印象的なのが、この螺旋階段!下から見ても素敵だったけど、上から見ても素敵!

面白いなー。ここデザインしたかの他の作品も見て見たいわー。

そして置かれてるのはレトロな扇風機。私が着席したのを確認して、そちらに首を降るように仕向け、穏やかな風を送ってくれるようにセッティングしてくれました。

あー、このカフェのカット、どこを撮っても好き。
素敵。

膨大なメニュー!

さて、メニューいきます。
通常は、お店の人から制されない限り撮れるだけ撮った写真の中から(メニューは可能な限り全部撮る)いくつかをピックアップして載せるのですが、ここの色々素敵すぎ。

とういわけで、かなりの枚数になりますw

まずベースのコーヒー類はこんな価格。
道端に比べたら高いかもだけど、最近の素敵カフェでいうと、ぼちぼちな感じ。

ってか、器がこの通りだったら素敵ねー♪ お店の様子んにもとてもマッチしてるし、程よいレトロ感。コーヒーとちょっとしたスイーツのセットはかなりお手頃。

カフェバリエーションもかなりあり、フローズンシェイクもあれこれと。ハス茶アレンジメニューがあるのは、何となくハノイっぽいかしら?いや、ものすごい個人的なイメージですがw

その他のお茶メニューも豊富で、え、この容器に入ってくるなら写真撮りたい、という、SNS時代ならではの欲望が掻き起こされますw

温かいお茶ともなると、これまた趣がある。フルーツティとかもおいしそうだなー。

ベトナムで遭遇するフルーツティ、リアルにフレッシュなフルーツがたくさん入ってたり、良質なドライフルーツも混ぜられて香りが豊かだったりと贅沢なんだよね。

アフタヌーンティーとかも気にはなるけど、まあこれは料理やお菓子の味見をしてから、かな。

どうやらお酒も置いてるおみせのようなので、ジュースだけでなくカクテルもあれこれ。流石に朝の8時だったので自粛しましたが、カフェで飲めるカクテル。興味はある。

旅行者さんにも嬉しいフレッシュココナツや、お子さんにも親しみやすいフレッシュフルーツジュースも豊富。

ちなみにワインセレクションはこんな感じ。なかなか強気なお値段(๑•̀‧̫•́๑)

に、対してフードメニュー。
安い、とは言いませんが、路面店でもこのくらいの金額が珍しくなくなってる昨今、こういうおしゃれなお店で食べられる金額としては悪くないと思う。

まあ、美味しければ、なのだけど(・∀・)

しかしそれにしても結構な種類の麺がある。
ホーチミンの経験で言うと、こう言うカフェ飯も店によりけりで、美味しいところは相当に美味しい。

なんだったら麺を目的に行くカフェもあるくらい。あと、種類が豊富なので、1箇所でいろんな種類の麺をシェアして楽しめると言う利点がある。

大抵は「フォー屋さん」「ブン屋さん」となっていて、何人で行こうと同じものを食べることになるので、複数ににいるときに、できるだけいろんなベトナム料理を食べて見たい!と言う位ときには、こう言うところを活用するのがとても便利。

ですが、ごめんなさい。今回麺は食べてないので、美味しいかどうかは判断ならず。悪しからずなのです。

Banh My Sot Vang は、ベトナム料理だけど、ちょっと洋の様相も兼ねたものもありますね。

メニューとしてはローカルだけど、量やプレゼンが西洋的とか。

ってか、わあっわあっ!すごい種類のレシピがあるのね?!

そしてもしこの写真の通りのプレゼンテーションなら、シャレとんしゃーね!

がっつりお肉、とか言うのもあるのね。

ダックのオレンジソースとかもうこれ、フレンチの影響がズシズシ聞とる。。。お値段はそれなりだけど、でも料理の内容からすると妥当だし(美味しければ)、すげえなあ。ここのキッチン、どーなってんだ。

パスタ類もあったりする。一般にローカルのパスタは鬼門とされるけど、最近は美味しところも増えてるからなー。

そしてデザート。
アイスクリームも出し方がおしゃれ!

あと、さっき1階で見かけたケーキたち。方法。80~90kくらいが主要価格帯なのね。毛っ子作りこんでたようだったからこんなものか。

さて。
どうすっかな?ってことで…

Sponsored Link*

食べて見た!

ラテ

だったと思う。
これ、ラテを飲みたいというよりは、メニューにあった写真のものを頼みたくて、「これお願いします」って写真を指してオーダーしたw

どうsてもこのマグを撮りたくて。特にすごく特徴的、とうわけじゃなかったかもだけど、この日はこのマグで飲みたかったのです。

しかし最近よく遭遇するのですが、せっかくロゴが入ってるんだから、ラテアートを作る時から、カップの向きは考えましょうね😇

せっかく写真がSNSに乗せられても、ロゴが見えない方向だともったいないよ。。。

ともあれ、とても好きな味でした。

量もたっぷりだし、75kでこれなら私は大満足。
添えられてたクッキーはちょっとおぼこすぎましたがw

Banh Mi Sot Vang  ワインソースのバインミー添え

バインミーといってもこの場合はパンのこと。ベトナム式フランスパンのこと自体をBanh Mi 問います。

サンドイッチになってるもののことを指すこともあるのでちょっとややこしい。

が、まあこのメニューの場合は、ただのパンです、Sotとういのはソース、かな?で、Vangが、ワイン。つまりワインソース煮込み。

名に素材はビーフ。なのでこれはビーフシチュー的な。豪勢だな!

そしてお肉はこんな感じ。適度にチューイー、適度に柔らか。ただフニフニに柔らかいものよりもこのくらいのものの方が私は好きだ。

ソースは好みがあるだろうけど、ちょっと優しめで見目から日本人が予想するよりずっとアッサリ。またローカル料理の Bo Kho ほどスパイスが効いてなくて素直なお味。

悪くないけど、私にはちょっと甘めだったかな?
ま、お肉をいただくにはよし、という感じ。

レモンムース

で、まあ料理胃はほどほどかなーという感じだったし、コーヒーに添えられてたクッキー見るに、デザートはあまり期待できない、という予測だったのですが…

どーーーーしても気になって頼んじゃった。朝っぱらからよー食うなあw

レモンムース。この造形はかなり良くできてる。
また食事を終わってから迷ってのオーダーで、かつ他にお客は入ってなかったので)、これが出てくるまでの10分ほどの時間はこれだけに費やされたと思うのですが(ちょっと遅いと感じた)

なるほど、ここまでデコレーションをしてくれてたのね。見目はとっても美しい。

そしてホワイトチョコのコーティングを割って見ると、中にはレモンムース。うん、ここまではそこそこ美味しい!

コーティングチョコにまぶさってるミモザ的なものの食感と味わいがちょっと残念だったけど許容範囲。で、食べ勧めて行くと、中に果物のコンポートらしきもの。これが…

食感と味の面でミスマッチ(´Д` )
なんかを「鋳込む」というレシピを知ってて形にはきちんと出て来てるんだけど、いかんせんトータルで味わった時に残念。

ただ全体に「不味くて食べられない」というものではなく、ほどほど。お値段考えるとちょっと高いかな?と思っちゃうけど、まあこれ、写真に収める甲斐もあるしなw

3〜4人でちらっと味見をする程度ならありかと思います。
ホーチミンにも多いんだ。形だけはそれなりに作ってるけど(底の部分の技術も見目にいたりてないことも多いけど)トータルで食べたときのバランスとかが、

「あー、このパティシエさん、ケーキを食べる経験が浅いんだろうなー」

というお店。
中身がなくても可愛ければいい、的な発想は他の業界にもあることだけど、ある程度の金額がするところは、味にももちろん期待を寄せるので(この金額取るならもちょっとなんとせーや)と思ってしまいがち。

でも、ここのは99kで100k以下だしな。今後は改善して行くと思うし、現状のレベルと金額ラインでを見ると、応援したくなるお店ではある(๑•̀‧̫•́๑)

お手洗いに行くにも素敵な空間

最後にお店を出る前に、お手洗いをお借りしたのですが、一旦外のスペースに出たところにあるそうで。

ちょっと混み合ってたので、近くのテーブルに座って待機。

お手洗いに行くにはこのテラス席を通ることに。狭くてちょっとしたスペースですが、お手荒に行くだけで気分が変わるというおまけ付き。

そしてさあいよいよ帰りましょう、となったときは連絡がすでに下に行っていたのか…

ドアを開け、お見送りをするためのスタッフが。
いやここホテルじゃないよね?(笑)

そしてまだお客さんがほとんど入ってなかったからこそかもしれませんが…

滞在中、すべての場面でスタッフさんの感じが良かったし、フォトジェニックで食事もできる。こりゃ旅行者さんにも人気のあるお店なんだろうなあ。

ってか、私も誰かと旧市街を歩くときは、またお連れしたいなと思う店。要チェックです(^・^)

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Rue Du Camp
50A Trang Thi, Hang Bong, Hoan Kiem
Time:07:00 – 23:00
Spent: 260,000vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました