一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Mecong Merchant 〜 旨いカフェ飯&デザート!

カフェ
Sponsored Link

2区の定番

 Jul. 2014  

2区にお出かけした際に、どこかでランチを、となったのですが、ちぇりはこれまで2区のお店には殆ど知らず、どうした物かと思っていたら、一緒にお出かけしていた方が、

「2区なら◯◯と◯◯と◯◯と…」

と、いくつもお店絵をピックアップして下さるじゃないですか! 心強いー!!

 

ってことで、お任せコースで連れてってもらったのがこちら。間口は狭くないのですが、ちょっと表からは暗目に見えて、教えてもらったり連れてってもらわないと自分たちでは中々入らなかったかも。

 

th_IMG_3776.jpg

 

でも中に入ると、奥の方にはオープンスペースのカラフルなイメージのスペースがあり、総面積は結構大きなお店のようです♪ この日は熱かったのでクーラーの効いてる手前の室内ゾーンに着席。

その空間はちょっとしたパブ、もしくはバルと言った雰囲気でお客さんも殆どが欧米の方。海外に行き慣れてると特段違和感はないのですが、よく考えたらここはベトナム。でもこの光景。ここは一体何処の国?という雰囲気(笑)

 

         th_IMG_3777.jpg
th_IMG_3792.jpg th_IMG_3793.jpg

 

実際自分で見てチョイスできるタパスなんかもあったので、バルっぽい使い方もできるようだし、いい感じ♪

食事単価はそこそこします。パスタやサンドイッチ、サラダなどがあり、150kドン〜280kドンくらいの間が主要価格帯かしら?スープなどもあったし、パンもけっこうな種類がカウンター奥の壁沿いに並べられていたので、軽く済ます事も出来そう。またサンドイッチなどを頼んだ際は、メニューによってはパンのチョイスも出来るんだとか。素敵♪

 

th_IMG_3779.jpg th_IMG_3780.jpg

 

 

月代わりだったか、期間限定メニューなどもあり、この日はトマトとマスカルポーネのキッシュなど、魅力的なメニューが色々。うーんどれにしよーかなーとタップリ迷った挙句に。。。

 

th_IMG_3782.jpg

トマトとモッツァレラのサラダ。

th_IMG_3789.jpg

 

シンプルな1品ですが、トマトが完熟で甘く、チーズはミルキー。卓上に持って来てくれたドライパプリカをタップリつけたオリーブオイルをダバダバかけていただきました。
んまっ。

で、パスタはこちら。
カニとライムとなんちゃらかんちゃらってメニューで、パスタにカニ、といったらワタリガニのトマトクリームソースくらいしか思い浮かばなかったのだけど、いざ出て来てみると、こちらみたいな風貌でした。

 

th_IMG_3787.jpg

 

ドライタイプで大量のカニとパクチーが! 本家のパスタ料理からはかなり外れた感じですが、日本にも明太子パスタがあるように、これがベトナム流パスタなのかも。

味は実にシンプルなのですが、とにかくカニがゴロッゴロ入ってて、日本人の感覚からするとゴージャスだし、多めに見える量だけど、この味付けならペロッと1人で食べられてしまいそう(笑)

で、更にイチオシしておきたいのが、こちら。
ピザ!

 

th_IMG_3786.jpg

 

これでスモーラーサイズw  1品のボリュームがあるということは連れて来てくれた方が知っていたのですが、2皿では3人には少なかろう、でもフルサイズのピザを頼むのは多かろう、ってことで具材がシンプルなマルゲリータを頼んだのですが。。。

トマトソースが実にフルーティ。チーズもポップリとした量が乗っており、生地がまたいい。焼き方はわからないけど、まるで窯焼きのように、かなりの高温で周囲を焼かれた感じがあって、小麦が心地よく焦げた感じが良い雰囲気。クリスピーと言う感じではなく、中はシットリな生地なんだけど、薄めで且つ、モチモチと重たすぎない。

よくパンやピザ生地が「モチモチしていて美味しい」と言う表現がなされますが、ちぇり的にはあのモチモチって、口の中で団子になるわ胃には重いわで、あんまり得意じゃないんですよね(^^; 

できれば口溶け、腹ごなれのよい生地の方がありがたい。こちらのピザはまさにそんな感じで、結構腹は既に満たされてたというのに、次から次に食べれてしまう♪んまーい♪♪♪

で、炭水化物の皿を2皿も平らげご満悦、だったわけですが。。。デザートを絶妙なタイミングで勧めてもらいましてね。もうスタッフさんったら商売上手。で、見てたらアップルクランブルの文字!!主婦友さんの大好物なんだよねー♪
ジャン。

th_IMG_3791.jpg

 

小さなグラタン皿くらいの大きさにタップリ詰まったホカホカのリンゴの甘煮。それにザグザグとフラジャイルな食感のクランブル。とろけかけたバニラアイス。

これは。。。これは。。。っ。 うまあぁぁい!!ヽ(;▽;)ノ

アップルクランブル、日本ではあまりポピュラーじゃないかもだけど、ホーチミンでは良く見かけるデザートで、結構あちこちで食べたんですが、ここの美味しい!!主婦友さん達も同意見で、さっきまで食べたご飯何処行った?って勢いで食べる食べる(笑)

で、ちぇりはちぇりで、チョコレートプレートをいくつか見つけて悩んだ末に。。。チョコレートプディングにホットチョコレートソースがけってのを頼んでみた。
ジャン。

 

th_IMG_3790.jpg

 

ありゃ。プディングっていうからバインフラン(蒸しプリン)のチョコレートバージョンみたいなのが来るのかと思ってたら、きめ細かでシットリとした軽めのシフォン系ココア生地に、トロンと側面に滴る絶妙な濃度を保ったチョコファッッジ。。。

甘くない、とは言いません。でも、カカオ成分が高いというか、シフォンっぽい生地はメレンゲが繊細なのか、シュワシュワとした口溶けの割りにチョコの風味の輪郭がとてもくっきりとしていて、それをまったりとまとめるようにファッジが。。。

食感と風味のコントラストを支えるのに必要な甘さがあると言った感じ。甘みって、控えめだったらいいってもんじゃなくて、頃合いがあるんだよね。

それ間違えると味がボケる。ここのはちぇり的にその境界線が絶妙で、ひとくち食べるごとに「んんん〜!!んまいーーー!!」って叫んでたからうるさいうるさい(笑)

油断すると、Holly s◯◯t!!!っとお行儀悪い単語が口から飛び出しそうに何度も何度もなったのだけど、そこは主婦会。皆さんの品位を落としてはいけませんので必死にとどめたのでした(笑)

人間自分のイメージの枠を遥かに超えるものに遭遇すると、最上級の褒め言葉としてお行儀悪い言葉を使いたくなる物です。はい。(本当にお行儀いい人はどんな時も使わない)

チョコレートのデザートと言えば、これまではSKEWERS さんのフォンダンショコラが国内外を問わず自分の中の最高峰だったのですが、うーむ。。。ジャンル違いなので横一線に並べる事はできないけれども、こちらのこのチョコレートプディングも負けてない。。。いや、超えてもーたか???

なにはともあれ、ホーチミンにて、ちぇりの中のベスト・オブ・デザートがどんどん更新されております。しかもスイーツ天国日本のものと比べても、なので驚愕至極。

本当は、カフェ飯ってことで適度に美味しければー程度にしか思ってませんでした。ごめんなさい(日本のカフェ飯で感心するとこ、ほんのちょっとしか知らないし)。

料理もデザートも、通り一遍に美味しいってだけじゃなく、感嘆符の着く美味しさでした♪ まだまだ食べたい物があったので、このカフェはまた行きたいなー♪

 

 

 

レモンメレンゲ!!

 Aug. 2014  

溜めに溜めててまだ書いてなかった。Mecong Merchant さん。結構続けて行ったんですが、ここほんとスイーツ美味しいわー。いや、お料理もそれなりに美味しかったんだけど、スイーツの印象が強すぎて、ちぇりの中ではすっかりスイーツいちおし店(笑)

今回はレモンメレンゲ食べたんだけど、このメレンゲがまた大胆なんだけど繊細でビックリよ。イタリアンタイプ(水飴状にした糖分を加えつつ卵白を泡立てるタイプ)だとは思うんだけど、もの凄く肌理が細かくて繊細。

一瞬、フレンチタイプ(粉糖で作る作りに
くい方)かなーと思うくらいに軽くて滑らか。

 

th_IMG_3884.jpg th_IMG_3885.jpg

 

表面は薄くカシュカシュっと香ばしく焼き固められてて、中のシットリさ加減との対比も良いですね。あと、レモンメレンゲパイやタルトのってレモンクリームが合わさってる事が多いんですが、こちらのはキュッとした濃い味のジャムの様な物が使われていて、ああ、なるほどなーと。

メレンゲを最大限に生かしつつ、レモンの風味とメレンゲのバランスは味の強さと量の少なさでクリームに対抗できるジャムを使ったかと。うーん、勉強になるなー(^^;

ジャムさえ手元にあればこれ、クリーム作る手間がかからず簡単にできるってことだし(メレンゲは面倒だけど)色々応用できそうです♪ うん、いいね♪

やっぱりこの店。食べる物毎に発見があるわ。また近々行ってみたいなー♪

 

 

フィッシュ&チップス!!

 Dec.2014 

いやーっ、久しぶりー♪ 8月ぶりです。2区はなかなか来る機会が無いので、すっかり遠ざかってましたが…

 

th_IMG_5434.jpg

 

土曜日の11時頃。
自分たちはすんなり入れたけど、店内はすぐに満席に。相変わらず繁盛してますなー(^^;

お外もいっぱいでしたが、途中雨が降ったりして、天候が不安定な時は室内席の方が安心だな、と。ある程度お店の人も席を移動させるなどして対応はされてたけど。

 

th_IMG_5443.jpg

 

で、今回はまた前回とは違うメニューを頼んでみました。まずは、ゴルゴンゾーラとルッコラ、洋梨のサラダ。なんと言う組み合わせっ。

 

th_IMG_5438.jpg

 

ミニマム・ドレストのルッコラは生き生きしていて新鮮さが全面に出てた。香りも良く歯応えもシャキシャキ。みずみずしくて美味しかったなー。そこにソテーした洋梨とブルーチーズ、ローストしたクルミとかどんだけ小洒落てまんのや。うまい。

メインの一つは、全開食べて美味しかったピザ。ただし今回はマッシュルームバージョン。

 

th_IMG_5436.jpg th_IMG_5439.jpg

 

これはかなり大人な味。
あまり塩気を足さずに、多種類のマッシュルームの旨味のみで勝負って感じ。大好きなこちらのトマトソースも使われてたけど、マルゲリータよりも控えめ。その分、キノコの風味は際立っていて、いやー、大人な味。

辛くはないけどローストされてるチリを漬け込んだオリーブオイルをドバドバかけながら頂くのが個人的には大好き。

そもそものオイルも良質なものだからか風味が良いんだよねー。プラス、ピザ食べる時は質の良いオリーブオイルを足す事で、チーズの身体に溜まり易い脂を流してくれると言うし、美味しくてダイエットにも良い、という一石二鳥を信じてドバドバ。

ってかまぁ、美味しい殻ってのが一番だけどね。もう一品はフィッシュ&チップス! 珍しくはないけど、意外と美味しいのに当たった事が無かったし、そもそもこの料理が有名な本国でも(んー…)って感想を聞く事が多かったのですが…

 

th_IMG_5437_20141207014501062.jpg

 

おいおい、美味いがな!
お魚の衣はフリッターの様なテクスチャーで、これが本国のそれと近いのかは分かりかねるのですが(イギリス、行った事がありません…)、サクッと軽くて、中の白身魚はジューシー。

白身魚の香りの良い部分だけがフッカリと蒸気と共に上がって来て添えられてたタルタルもレモンもなくても十分美味しい♪

日本で食べるフィッシュ&チップスはボチボチなものも多かったのですが、可もなく不可もなくなラインのものしか記憶に無いかなー。まぁここのもこのメニューを目当てにわざわざ2区に来る、って感じではないけど、こちらのお店に来る事があってどれにしようかな、とピックアップする段階ではチョイスに十分入るなーと。

デザートは、お気に入りのホッとチョコレート・プディングと「MM」とお店の名前を冠したパルフェがあったので頼んでみた。ら…

 

th_IMG_5449.jpg

 

チョコ・プディングが美味しかったのは勿論なのですが、パルフェの方!ベースはホイップクリームにベリーソースなんだけど、そのレイヤーにカシュカシュと軽いメレンゲが使われてる!!

 

th_IMG_5450_20141207014521055.jpg

 

前回のレモンメレンゲパイを食べた時に、こちらのお店のメレンゲの素晴らしさは知ったけれども、なるほどーっ、パルフェに使うか。メレンゲを。この発想は無かった。

甘さ控えめとは言えメインボディがホイップクリームなので、クリームはちょっと…という方には厳しいかもしれませんが、クリームとメレンゲのコントラストはなかなか面白かったです。色々食べてみるもんだなー。いや、勉強になる。

ってことで、今回も大満足のランチでした。一緒にお連れしたお初の方もお気に召してくれたご様子。とびっきり質が高い、とか、個性的な味!ってものではないのですが、小洒落たカフェスペースでカジュアルにこのくらいのレベルの者がサラリと食べられると言うのは嬉しいですよね。ワイン飲んで、1人頭2000円強、

というのは安くはないけど、料理がそれなりだしボリュームはたっぷりなのでアリだなーと再認識。そりゃお店も満席になるわな。

しかし…ホットチョコレート・プディング、ここのはここのでやっぱりうまいな。遠くで良かった。近くで且つ、それだけを食べに来れる気軽なカフェ的使い方が出来てしまって近くにあったら偉いこった(笑)くわばらくわばら(^・^)

 

 

 

Sponsored Link*

シングル・エッグベネディクトの誘惑

 Dec. again 2014  

最近2区に行く機会が増えて、他のお店も開拓したいのだっけど、場所柄味柄品揃え柄、こちらのお店がやっぱりなにかと便利なのよね(^^;

ってことで、先日朝の運動を終えてお買い物がてらにこちらに来ると言うお友達に便乗して2区に遠征。で、ちょっと軽く食べてかない?ってことになって寄ってみました。

そしたらまだ11時前でメニューがブレックファーストオンリー。オンリー、と限定されてはいるけれど、いつもランチタイム以降にしか来た事無かったから、逆に新鮮で嬉しかったり(笑)

で、大好きなエッグベネディクトを発見!!オムレツやらなにやら別のメニューも色々あったんだけど、この文字を見つけたら、はい、終了!!大好物だから、それに決定(笑)

嬉しいのは、外でこのメニューを見つけた際は大抵2個セットで供されることが多いのだけど(マフィンを二つに割って使うからニコイチってことなんですかね)、なんとシングル・ダブル・トリプルとチョイスがある♪ ホントにこの日は軽く食べたいだけだったから、シングルで♪

半分に割ったイングリッシュマフィンにハム、たーーーっぷりの「炒め過ぎていない」ほうれん草、ポーチドエッグ、オランデーズソース。美しい…。

 

th_IMG_5870.jpg

 

いつ見ても美しい…。家で作れないメニューじゃないけど、ちょっと手間。だからお外で見つけたら食べるんだけど、意外に出してる所が少ないので嬉しさ倍増♡ しかも個数が選べるって、ポイント高いわー♡

そうそう、この日はクリスマス前だったからかな? こんな物発見♪

 

th_IMG_5867.jpg th_IMG_5868.jpg

 

Mulled Wine!
しかも60k ドンですってぇ!

 

th_IMG_5869.jpg

 

うん、頼んだよね。速攻。
迷う間なしw

Mulled Wineってあんまり日本では聞かない言い回しかもしれないけど、甘みやスパイスなどを使ってワインに風味漬けをしたもののこと。

ここのはあったかくはなかったけど常温仕様で、サングリアの冷たくないバージョン、みたいな雰囲気かな。レシピは色々あると思うんだけど。これ、レギュラーメニューにしてくれないかなー(笑)

お店もハウスワインやグラスで出したあとの半端ものをアレンジするのにちょうど良いと思うんだけど(笑)

 

ともあれ、朝食メニューも美味しくて色々あって優秀な事がわかりました♪ これはちょっと朝の時間帯メニューも開拓したいかも♪ やっぱり使い勝手が良いです、このお店ーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

リテイル価格のワインが飲み得 ←NEW !!

 Aug.2018 

うっわー。。。前のレポから3年半だ。。。すごい間が空いたな。その間にもちょいちょいは行ってたんだけど、2区に行くとついつい新しいお店を試すことに気が行っちゃって(その割にはアップしてないよね。。。)とんとご無沙汰しておりました。

女3人でランチを終えて、もちょっと飲む?ってなった時に、頭に浮かんだこちらのお店。‪Grab‬の行き先をなんとなくこちらにしてたら、友達も「あそこどう?」と同じお店の名前を!以心伝心である。

 

 

私、スキあらばクーラーのきいてるスペースを選ぶから、お外席の方には行ったことがほとんどなかったのだけど、お外席はお外席でそれなりに屋根のあるエリアもあり、こんな素敵な空間もあったのね。バーカウンターもありました。

店内の入り口にある、屋内席への入り口はこんな感じで落ち着いてて、全く外とは違う雰囲気。この日は雨がしとしと降ってて、日差しもなかったからお外席に行ってみました。

 

 

ずいぶん雰囲気が違うなー。
で、ランチは終えてきた後だったので、飲みましょう、と。こちら、グラスワインがやすいなーってのは、以前の記事にも書いたところですが、どうやらボトルも、リテイル価格で飲ませてくれるのだとのこと。

 

 

例えばこちらの、縁起の良いタイトルのスパークリングワイン。なんと590kドン。安っす!!!(´⊙ω⊙`) お外で飲むのにこの金額は安いわ。飲食店では酒が儲けの部分だろうに、なんなのこの店。

 

 

当然ながらアイスバケットは用意してくれるしサーヴィングもしてくれるし。なにここ天国?(大げさな)。でもこれ、買って帰ってもほぼ同じ価格なわけで、家だと全部自分で用意して、自分で注がないといけない。やっぱり天国l( •̀_•́ )

 

 

というわけで、お店のご厚意としか思えない価格に甘えて、昼から乾杯♪

 

 

その前にもビールを飲んでたので、この日は1本をゆっくりいただきつつ、グダグダお話ししてたんですが…(そんな中にも優秀な方たちとお話をすると、大変勉強になるのです)

いいなー。雨で少し気温が下がってるけど、湿度のある、いかにも東南アジアな空気の中でシャキッと冷えた泡。キリーッと喉を冷やしつつ、でもほんわりと気持ちよくなる日曜の午後。良い。

 

本来はメインディッシュのサイドとしてメニューに書かれてるフレンチフライを、単品で頼めたりする臨機応変さも素敵。

あとお友達に聞いたのですが、キッズメニュー、大人が頼んでもいいんだって!!(((o(*゚▽゚*)o))) パンケーキのセットとかがあるらしい。あれこれ小さいサイドなんかを並べてちょいちょい食べたい時にはアリかも?キッズメニュー。

ってか、なんとなく大人は頼めないのかと思ってた。。。今度から他のお店でもキッズメニューって見つけても、とりあえず頼めるのか聞いてみようっと♪

 

 

〆のモカはほどほどでしたが、ラテのカップが可愛かった(^・^)

 

 

ちなみにこちらのお店、というか、特に2区はこの傾向が強いですが、こちらのお店で冷たいドリンクを頼んだ時に、ストローがついてこないことがあります。最近、欧米人の方が多いお店では、めっきり、プラスティックストローを使わないようになってますね。

 

 

お店によってはガラスのストローを用意してくれてるとこもありますが(あれ、洗うのすっごい面倒そう)、こちらは紙のストローでした。それも言わないと出てこない感じなので、必要な方はお店にリクエストしてくださいね。決して怠慢でストローをつけてないわけじゃないようです。

私、割とその辺鈍感なので、自分が店をやってたらプラスチックストローのままだったかもなーと思うのですが、欧米の方の間では、そんなものを使うのはけしからん、となっているようで、明確に「プラならストローなしを選ぶ」と言われる方も多いんだとか。

紙のストロー、正直使い心地が良くないし、味わいも変わる気がします。なので私も最近は出されないなら、そのままグラスに口をつけて飲んでるかなー。

1区でも、割にこの傾向が強くなっているようなので、ノーストロー、または紙ストローへのご理解、お願いされてくださいませ。日本も最近はそんな風になってるのかなー。

ともあれ、食事じゃなくてワイン飲みに行くだけなら、とってもお得に楽しめるこちら。こんな楽しみ方もあったのねー。どうです?この週末に試してみては?(^・^)

 

 

 

 

 

お店情報

Mecong Merchant
23 Thao Dien Q2
Time : 07:00 – 22:00
Spemt : 290,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました