ちぇりまっぷ・有料会員限定記事続々投稿中! ホーチミン・トリックアートの楽しみ方!/ メキシコ料理店攻略方 / ちぇり特製幅広麺の簡単レシピ等!
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンはプリン天国?! ~ Mai Huong’s Bakery

プリン!スイーツ
Sponsored Link

プリン、好きですか?ご存知の通り、ベトナムはプリン天国。それこそたくさんのレベル・種類のプリンがあり、専門店も数多ある。そしてどれもそれなりに美味しいが…?

極上、発見( ・`ω・´)b

路地に燦然と光り輝く店構え

他に目的があって踏み込んだ初めての通り。どローカル。英語もあまり見かけない。道は狭いが交通量はそこそこなので、大きな道への抜け道になっているのかも。

と、そこに。
忽然と現れるVIVIDな看板。赤い看板は珍しくないが、周りとのコントラストにより、一層人目を引く。ただこれが美味しくないお店にもできる技だろうか。

やっぱり、目立つ。
どうやらBakeryとのことですが、置いてるのは冷や菓子的なものが多い様子。ほぉ。これなら持ち帰って食すことができるので、目当てのお店で食事をしても差し支えない。

ちなみに、まだGoogle Map にも載っていないようで、同名のお店は別のローカル区にあるものの、そちらは名前の通りのベーカリーでケーキが主流らしい。

FBにもそちらのことは載っていたが、このお店の住所なり、扱い商品についての記載はない。全く同じ名前なので系列店ではあろうけども、ラインナップを変えてるのかな。

ちなみに各種デリバリーサイトにも該当なし。おそらく直では宅配もしているのだろうけど、まだできたばかりで手が回ってない、とかかなぁ。

店に入る前の炎天下でそんなことを携帯で調べていたら、お店のおいちゃんと眼が合うなど。うん、行く行く、今から買いに行くw

結構いろんな商品があった

お店に入るとシンプルながら、ショーケースにはいろんな商品が並んでて、結構システマティックに作られてるのかなという印象。別店のケーキ主体ベーカーリーさんにも置いてたりするのかなー。

時間帯的に気温差ができるタイミングだったのか、ショーケースが曇ってしまって外側から見にくかったんですが、お店にいたおっちゃんが、「こっちから見た方が早いよ!」と、ケースの内側に入れてくれるなどw

ちらと見ると、おや!ソフトクリームの機械が!なかなか美味しいソフトクリームに出会えないので気にはなるが、今日はその後に行くところもあり、今食べるわけにはいかないのでお預け。

コーヒーやフルーツソースなんかも置いてあるけど、あれは売り物なのか、単なるディスプレイなのか。

イートインのスペースなどは無く、主に、ショーケースにあるものを買って帰るだけのお店のようでしたね。

おじちゃん、商品一つ一つに値札を貼ってくれてたんだけど、いいよ、信頼してるからどれがいくらかわかんなくても平気w

でも一つ一つの数字を合わせながら、丁寧に値札を貼ってくれる実直さ。いい人そうだー(笑)

買って帰った色々!!

というわけで、買ってきた色々!

この手のお菓子にしてはちょっと高めだ。それぞれ量はしっかりあるけど、強気といえば強気な価格。高いか安いかは食べて知ることになりますなっ( ・`ω・´)b

プリン!いいからプリン食べて!

何と言ってもプリンです。正直参考までに他の商品も買ったけど、ロックオンしたのはプリン一択。どうしても買わずにいられなかったオーラを放ってたのは、プリン。

自分の勘が当たるのを見越して2個、買いましたからね。普通は1個で様子見するところ、2個。なんか無根拠な自信を感じたんですよ。これ、美味しいって。

1200VND、ちょっと単価がお高めに感じるかもしれませんが、これ、サイズがそこそこあるの。食べがいのあるサイズです。

そして…?

お判り、いただけるでしょうか?この、スプーンで掬った時のエッジがとてもシャープ=ある程度の硬さはある。でも、救われた側の本体を見てください。

ただ割れてるのでは無く、少し波打つように削られてる感があるのがお判りでしょうか。本当に硬いだけだったら生地は「割れて」プリッと直線的・平面的な削られ面になってるはず。

でもそうじゃない。つまりある程度の硬さがあると同時に、滑らかさも持つ絶妙ラインの配合ということ。

加えて!カラメルがきっちり砂糖焦がして作られたつで、その「焦がし止めポイント」が絶妙!!フゥ!!!(感嘆のあまりアメリカ人見たいな声出た)

カラメルとしての香ばしさの役割は果たしつつちゃんと甘い!作ったことがある人はご存知だあろうが、カラメルの体は成しても、その味の幅はかなり広い。そしてここのはドンピシャ好み!ヒャッホウ!!!

私プリン好きだから、結構ストライクゾーン広いんですよ。プリンでさえあってくれれば、かなりの幅、許容できる。ですがこれこそ、どストライク。これまでも美味しいプリンはいくつも食べてきたけれど…

めーーーーーっちゃ好み!これは、いい!!!

ひとつ余分に買ってたやつは、すでに先に眠ってしまった旦那さんに目をさましたら必ずや食べるようにメッセージを送って食べてもらいましたよっ。こんなもん、一人で食べたら申し訳なさすぎる(๑•̀‧̫•́๑)

ココナツゼリーは?

さて他のも一応レポしておきます。
最初はココナツゼリー。これ、ココナツシェルの中に入れて固めてくれてる奴も多いですが…

下がココナツウォーターを固めたもので上部がココナツミルク。そしてちょいちょい、ココナツの内側の果肉を削ったものが散られてます。

食感は、こっちはしっかりかためのアガーでキョッチキョッチ。例えばフルーツゼリーがこの硬さだと大変色気のないことになるのですが…

こと、このココナツウォーターとココナツミルクのゼリーに関しては、キョッチキョッチ、どんとこいなんですよね。

味は例のココナツウォーターですからあ、ポカリを固めたイメージで、強く甘くもなく酸味もなく。食べなれない人には「なんじゃこら」案件ですが、私はこれ好き。

でも硬い。見て、添付のスプーン、プラ系の素材だったけど、グイーンとしなってゼリー生地が切れやしないwww そしてキョッチキョッチ。おいち(^・^)

チェーを固めたようなやつ

ココナツウォーターをゼリーで寄せたものと似ている穏やかな甘味系ゼリー。

蓮の実とかが入ってて、まさにチェーそのもの。でもゼリー状。ご存知の通り、チェーのシロップはほの甘い感じなので、バシ!とした味わいではありません。

ほんのり、甘い。

そのほのかな甘みがあベトナムらしく、また甘すぎないのでツルンツルンと口に飛び込んできて、これも好き。

そしてこの手の味は、キョッチキョッチでも美味しいんだよなぁ。

パッションフルーツソースのパンナコッタ的な

これ、見るからに美味しそうだったのですよ。

他のフルーツソースのもあった。そしてプリンがプリンだったので、あのセンスを持ってしてみれば美味しいのではないかと淡い期待を抱いたのですが…?

これは、ダメだったー(´Д` )
いや、ダメ、という言い方は失礼か。ローカルの方にはこういうものとして受け入れているのだろうから、ダメというのは失礼だろうな。ごめんなさい。

ただ、一般のパンナコッタのような濃厚さも味わい深さもなく、諸々とした断面は、プリンの時の言い分だとある程度の滑らかさがあるはずなのですが…

この場合は乳脂肪分がかろうじてつるんとした硬い表面を作ることを拒んでるだけで、全体はギョチギョチ。私はこれは苦手だったかな。。。あとソースの酸味がすごくて、ちょっと刺してくるくらいの酸味があったのもちょっと。残念。

ココア&ミルクマーブル的な

他のものは別の店でも見たことがあったけど、これは味めて見ました。

最初、ココナツミルクと小豆?!と、チェーのゼリー版を想像して期待したのですが…

茶色いところはココア味で、白いところはミルク味。ならばいかにも美味しそうなんですが…?

そもそもどちらの味わいも薄めな上に、テクスチャーがかこれも固すぎてちっとも舌に味が沁みてこない(´・ω・`)

あっさりさっぱりしているという言い方もできるかもしれませんが…これも硬めのゼリー的何かが口に入ってきてるという感覚以上のものがない。あ、微かにたまにココアっぽい風味はあるけど、物足りなさすぎる。残念。

というわけで、ぶっちゃければプリン一択。ベトナム的味わいに慣れてる方は、チェーゼリーやココナツウォーターゼリーもいいかもしれない、くらいかな?

配達「しない」お店!

ちなみにこのお店、あまりあまりに美味しかったので、翌日お友達に会いに行く予定があったので配るべく、また買いに行ったんですよ。15個、購入。

そして色々聞いて見たんですよ。ネットにあまりにも情報がないので、営業時間とかデリバリー方法とか。

そしたらなんと、おじちゃん、デリバリーしてないという。え?!もしかしてお店が新しくて手が回らないとか?

レストランとか結構高級路線でもデリバリーを収入の柱の一つにしようというのが一般的な流れになっている昨今で、特にこういうものを売ってるお店がデリバリーしないなんて、ある?

聞き方が悪かったかな?と思い、再度きいてみるも「No Delivery!」と、ニコヤカに元気よく言われました。えーっ!!!

でもショップカードに電話番号だけは書いていたので、もしかして仲良くなってまとまった数とかをオーダーするなら融通を利かせてくれるのかも。私の聞き方が悪かったかもだし、おいちゃん英語、あまり話されなかったし。

でもまぁ、デリバリーやってるなら大いに宣伝するだろうし、実際、大手のデリバリーサイトに名前はなかった。。。

仕方ない。買いに行くしかないな、これは(๑•̀‧̫•́๑)

今だからかこそ、こういう価値の出し方もあるのかもしれない。人間、わざわざ足を運んだものに対しては、価値を見出そうとするものですし。

とか言ってて、今後デリバリーしてくれるようになったら、それはそれで嬉しいですが(笑)

プリン1個のために、わざわざ行くべきか?に対する提案

私は割とこのお店に近いところに住んでいますが、それでも車代が30k前後かかります。往復で60k。12kのプリン1個を買いに行くにはあまりに非効率ですよね。

といって、他のあれこれでクリーンヒットしたアイテムは少ない。どうしても食べたかったらそれは価値があるけれども、そうしょっちゅうというのはもったいない。

ので、今回は会う友達会う友達に配って回ることにしたのですが…これは、どうだ?

冷凍してみました!
上の写真は3時間ほど冷凍したものなんですが、ガッチンゴッチンになりすぎず、これはまるで、アイスクリン!!!(((o(*゚▽゚*)o))) 

使ってるミルクの乳脂肪分がガッキガッキの硬さになるのを防いでくれてるんでしょう。

万が一、もっと長時間凍らせてもうちょっと固かったとしても、常温に出しておくとすぐにある程度削れるようになります。そしてもっと置いておくと、プリンそのもの、には戻らないけど、まったりとした濃厚クリームに。

またカラメルの温度が低いと濃度を増して、よく絡むんだ。めっちゃうまい(*´ω`)

溶けても美味しい。なんだこれ、常備アイスクリームとしてめっちゃ有用じゃないですか!(なんですか?常備アイスクリームって…?)

というわけで、これ、10個買っても120kですよ。今のレートで550円くらい。3個プリンのままで食べるとして、あとは冷凍しておけば、ちょっとの間(ちょっとなの?)のアイスクリーム備蓄として活躍してくれるではないか!

それであれば買いに行く価値もあろうというものっ。ねっ?ねっ?!(価値観の押し付けは良くありません)

正直、この周辺に用事がある人は少なかろうと思いますので「わざわざ」になるかもしれませんが…遠からぬ所に素敵なカフェもこのブログで紹介してますし…

よかったらぜひ、ちぇりまっぷを参考に、他の「ついで」も探して買いに行ってみてくださいませ。(宣伝っ)

特にお店は保冷対策をされてないので、保冷剤を入れた保冷バッグ、持っていかれると尚安心です(^・^)

 

更新情報その他はFBで!
https://www.facebook.com/cheriaatw

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

Mai Huong’s Bakery
5A Cam Ba Thuoc Q.Phu Nhuan
Time 09:00 – 21:00
Spent: 12,000vnd ~

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました