一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Lau Mam Ba Du 〜 お野菜ビュッフェのある鍋屋さん♪

Vincom Mega Mall 内にあるレストラン。

最近チョイチョイこちらに買い物に行く機会があるので、徐々に施設内の
お店を制覇してます( ・`ω・´)b
 
 
th_IMG_9724.jpg 
 
といってもこちら、もともとお店が他に2店舗くらいあって、ローカルの方には
かなり好評なお店の様ですな。ま、でなければこんな施設には入れんだろうし
もとも取れんのだろうけど。
 
ファミレスっぽい感じではあるけど、単品料理を調理する為のキッチンがオープンに
なっていたり、各テーブルに集煙機があったりと、色々気遣いや演出が見て取れる
内装。ローカルの料理だけどあまり気張らんと、且つ安心して頂ける感じでしょうか。
 
th_IMG_9725.jpg 
 
メニューは基本鍋ですが、鍋にも数種類あって、なんとなんと!!
Lau Qua Dong があるじゃないですか!!!!
 
th_IMG_9728.jpg 
 
あれです。そーーーとーーー前のことになりますが、
蟹出汁の麺。店名がCua Dongだったけど、あれって
カニのスープの事を指すのか。
 
この記事にあるちぇりさんの解説によると、
 
カニを殻ごとすりつぶした物を水に溶いて、カニの味噌やら身の

 部分の旨味が溶け出した所を一旦濾し、それを炊いて、灰汁やら

 淡白分が固まった物を丁寧に取り除き,更に炊き上げ、
 旨味を凝縮したもの。」
 
のことらしいです。はい。
うおーーーっ、これ食べてみたいっ。
けどこの日は蟹アレルギーの旦那さんが一緒だったので普通のお鍋にw
ちなみに海鮮鍋、というのもあって、鍋のスープの種類は3種類の様でした。
 
th_IMG_9727.jpg th_IMG_9729_20160615150747071.jpg 
 
基本の鍋セットを頼んで、好きな具材を更に追加する感じですかねー。
大きい方のセットで約3人分との事でしたが、基本セットで290kドン。
安いっすね。鍋が煮えるまでにちょっと時間がかかるので、その間を繋ぐ
のに、単品の何かを頼むのもお勧め。結構いろんな料理があったな。
 
th_IMG_9730.jpg th_IMG_9731.jpg
 
お鍋セットする所がこんな感じで変わってるなーと思ってたら、炭火だった。
焼き物じゃなく煮物も炭火。煮物に炭火の利点はあんまり感じられない気がするけれど、
ガス引いたりするよりコストがかからないんだろうな(笑)
日本だと消防法の直火規制でアウトな事が多そうだけど(^^;
 
 
th_IMG_9732.jpg th_IMG_9734.jpg
 
 
で、鍋がこれにセットされて、出された具材のセットがこちら。
 
 
th_IMG_9737_20160615150811866.jpg 
 
イカ、エビ、練り物、魚はなんだろ。そしてチリに詰められた豚肉のつみれ的な物。
(豚肉でもつみれって言うのかな)
量はそんなに無いように見えますが、こちらお野菜が取り放題!
ずらーっwww
 
     th_IMG_9738.jpg 
 
th_IMG_9739.jpg th_IMG_9740.jpg
 
鍋に入れる用のお野菜なので、生食用ではありませんが、近くにあるMo Mo Paradise
さん的な雰囲気ですかね(笑) モーニンググローリーやほうれん草、オクラ、茄子、
なんだっけか、あのスポンジみたいに穴がいっぱい開いててスープタップリ吸ってくれ
るのにシャクシャクしてる茎野菜。芋の茎だっけか?(フードアナリストしっかりしろや)
大好きなベトナム野菜がたーっぷりヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
お鍋屋さんにいくと、割とセットされた量しか出されない事が多くて(言えばきっと
追加してくれるんだけど)もっと食べたいのにぃ。。。と思うことがしばしばでしたが
ここでは夢が叶う様ですよっ(*´艸`*)
 
お野菜を摂って来たりしている間にスープを湧かして、と。。。
鍋なのに、炭の煙が上がって煙い。。。(笑)
焼肉なら分かるんだが、鍋でこれは初体験(笑)
ま、火力はあるからいいんだけど。
集煙機、がんばれw
 
th_IMG_9744.jpg 
 
 
具材を入れてからもしばらく時間がかかるので、ビールのアテにカエルのフライを。
ここのちょっと変わった味付けで、ベースは甘辛なんだけど、仕上げにマーガリン
使ってるのかな?バターじゃなくてマーガリン(笑) の風味がジュワーッとして
ました。甘辛い上にマーガリンなのでかなりクドいが、そのクドさがビールにはいいっ。
 
 
th_IMG_9749.jpg th_IMG_9750.jpg
 
上に乗ってるモサモサは、ベトナム料理でしばしば出て来るレモングラスを割いて
上げたもの。こちらもじゃっかん脂っぽいけど、サクサクしてて残り香にレモン
グラスの香りがフッと香って美味しいのよね♪日本じゃ中々こんな使い方してるの
見た事なかったから、最初は衝撃だったわー。
 
んでまぁ、お鍋がグツグツ煮えて来た訳ですが。。。
 
    th_IMG_9748.jpg 
 
th_IMG_9746_20160615153619763.jpg th_IMG_9753.jpg
 
お店の人が鍋に具材を入れてくれる際、お肉は残してくれてんのよね。
野菜や魚が煮えるにはちょっと時間がかかるので、同じタイミングで入れたら
肉が煮え過ぎて固くなってしまうから。そしてエビはエビでこの気遣い。
これ、ベトナムでは珍しくないけど、鋭利な形状で食べ難い口先の所と
ヒゲを一緒にカットしてくれてんのよなぁ。料理にイチイチ、愛がある。
 
それが別に高級店でない、ファミレスみたいな所でもってところがすごい。
価値観の違いもあって、日本ではシッポ、頭に傷があったらエビの価値が無い、
とされてる部分もあるから敢えてしない、というところもあるんでしょうが、
個人的には頭の中身の味噌部分は傷つけてないし、ベトナムの方もそこが美味しい
と心得てて食えと言うし、こっちの方が食べ易いなーとは思うんですが。
 
で、鍋のお味は。。。か、かなり甘いです(^^;
お出汁も出てるけど、結構ガッツリ砂糖味(笑)
しかしそれが濃い味のお野菜、トロトロに煮上がったお魚、エビなどとマッチ
していて、悪くない。この甘さが苦手、と言う人は多分沢山いるだろうなー、
とは思うのですが、いかにも南の方の味付けっぽくて私は割とスキ。
 
th_IMG_9757.jpg 
 
特にこのお魚、ナマズっぽい感じだったけど泥臭さが一切無くて脂乗ってて
トロリントロリン。美味しかったな。魚の名前、書き留めてもらえばよかった。。。
 
ただ、素材を食べてというよりは、この甘さでお腹がすぐにいっぱいになる感が
あって(笑)、量を食べ続けられない感じはあったかも。そこでカエル用に
もらってたライムと塩で手元のお椀内を微調整。調味料の鶏過ぎで身体には
よくなさそうだけど、これでかなり味の修正ができました(笑)
 
あと卓上にヌクマムやお醤油があったから、それをチョイチョイつけて頂く
ことで色々調整できそうですね。
 
ってか。。。Cua Dong鍋、食べてみたいーっ。
麺を食べた時だけでもえらいこと贅沢な、と思った物だけど、まさかその
スープの鍋があるとは知らなんだ。あれ、蟹を丸ごとすりつぶして…と聞くと
クドそうなイメージがあるんだけど、意外にも淡水蟹だからかアッサリしてて、
カニどこ?!くらいの品の良さなんよな。まぁお店によっても違うだろうから
ここのお店がどうかは知らんが、その辺も含めて食べてみたいー。
 
1区から行き易い店舗で今度試してみようかな♪
 
 
 
Lau Mam Ba Du
 
 
 
 
 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ちぇりをフォローする
フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

コメント

タイトルとURLをコピーしました