一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【年末日本】京都鉄道博物館は、いいぞ!!(幸運の黄色画像あり!)

@京都
Sponsored Link

さてお次は京都。ですが京都らしい情報は一切ありませんから、それを求める方は時間を無駄にしてしまいます。

また出向いたのは、東京のサンシャイン水族館で火がついて、前々から行こうと思ってた京都水族館!だったのですが、意外な展開が…?

鉄分が足りてる方には不要な記事です。でもラッキーアイテムされてる画像、撮れましたんで載せてますよ!!

 

京都水族館を目指しましたが…?

 

京都に着いたら、いきなりサンタライダーたちのお出迎え。楽しそうなことやっとるなー(笑)

 

 

で、今回の日本到着直後の空飛ぶペンギン騒ぎですっかり舞い上がってしまったちぇり僧さん。

 

 

この勢いで、以前から狙ってた京都水族館にも行こうじゃないか!と足を向けて見たのですが…?

 

 

あれ????見たいものにもよるのでしょうが、なんか動線がすごく悪くて行ったり来たりを繰り返し、且つ、ゆとりあるスペースはいいんですが、そのぶん展示物がかなり少なめ。。。

 

 

小さいお子さんがいらっしゃる場合などは休む場所が多くて良いのかなーと思いましたが、ワタクシ的には、30分で退屈に。水族館なら、放っておいたら開館時から閉館時まで粘る人なんですが、なんかこう、惹かれない。。。

 

 

 

イルカのショーも、まだあまり芸を覚えていないのかコミュニケーションの気分が乗らなかったのか、イルカさん、キュウキュウ鳴くのは可愛いけど、全体にじーっとしてるままだったし、20分あるショーの15分にならない時点で挫折。

 

 

唯一、オオサンショウウオさんには心癒されたかな。というわけで、入館から40分もしないうちに退館。目的のペンギンさんもちょろっとしかおらんかったしな。しょぼん。

 

…ではありましたが、これは伏線に過ぎなかった。

人間ね、ある時点がっかりするようなことが起こっても、後から見ると「あれがあったからこその幸運」ってのがあったのだなぁ、と思えることがあるものですよっ( ・`ω・´)b

 

 

 

京都鉄道博物館の存在

 

今回の目的はひたすら京都水族館のみだったため、その他のプランは一切調べてなかったのですが。。。期待外れだった水族館に見切りをつけて周辺位置でのカフェを探していましたら、鉄道にまつわるカフェがある??というところから、なんとすぐそばに、京都鉄道博物館なる施設があることが判明!!’

いうときますが、ワタクシ、鉄道ファンを名乗るにはおこがましい程度の知識しかありません。時刻表も読めません。ただ単に電車に乗るのが好きなだけで、マニアってわけでもありません。

が、好きか嫌いかと言われたら、好き。で、半日水族館で過ごすつもりだった時間が浮いたこともあり、出向いて見ることにしたんですよ。

 

 

うおーっt、なんかかっこいい入り口。こんな立派な施設だったとは。

 

 

入場料は1200円。ま、そんなもんよな。この時は高いも安いも感じていませんでしたけど、これ、入って見ると、安っすい安っすい!!ここ、スンバラシイ資料館ですよ!!

 

 

もし万が一にも行かれる方がいらっしゃった場合のスケジュール。館内にはかなり大掛かりなジオラマがあって、そこを電車模型を走らせるショーがあったり、ぽっぽー!!って蒸気機関車の運転光景を見れたりなどのアトラクションがあるらしい。

 

 

運転シミュレーターというのに関しては抽選制。希望者がごっつい多いのでしょうね。というか、そんなに来るのね、来館者。(失礼なっ)

 

 

ツアーガイドをお願いしました

 

そして私が入館したのは、12時45分くらいあったかなー。なんとなくつらつらと入り口から入っていくと、こんなものが目に入りまして。

 

 

あら。開始まで後15分くらい。なんとこちら、もうなくなってしまった「トワイライト」に乗務されてたOBの方が、1時間もかけて館内を案内してくださるという!!

最近ホーチミンでいろんな方をご案内するようになるにあたって、この手のガイドさん的なことをされている方のお仕事には非常に興味津々なので、迷わずお願いすることに。しかもこれ、定員以内の申し込み、無料やし。ありがたい。

しかしこれ。。。水族館が面白かったらこちらには来なかっただろうし、あんな短時間で切り上げたのは、私の水族館歴の中でも初のことだったのですが、あそこで切り上げてなかったら間に合わなかった。水族館がピンと来なかったことに感謝である。だって、このガイド付きツアー、めちゃくちゃ面白かったんだもの!!

 

 

例えばこういう、小さなところ。行き先枠の中に紙なり板なりの行き先札を入れてたんですけど、風で飛んでくからすぐやらなくなったんですよー、とかいう話、一人で見てたらわかりませんやん?

そんな重要な情報?ではないかもしれませんが、資料館なり街の案内の中では、そういうちょっとした小ネタや小話を積み重ねるのって、実は結構楽しみの元になるんじゃないかと思ってて、この方のガイドぶりには、鉄道のことをよく知らない自分だからこそ、お願いしてよかったなーと思うことがたくさん。

ってか、見てこれー♪

 

 

はーい、かっこいいーっ(≧∀≦)
これ、日本にある蒸気機関車の中でも最強馬力のやつって言ってたかな。実際に走ってた車両がこんなに綺麗な状態で、格好よく残されてるってすごいよな〜っ。

 

 

しかもこんな側で車輪部分を見上げられるって?!ぬおーっ、写真がもっと上手ければ、迫力をお伝えできるのに!!

そんなに鉄道ファンじゃないとは思ってるんだが、なんだこの血沸き心浮き立つ感じ!かっこいいっ、かっこいいぞ鉄道博物館!!

 

 

鉄道の裏っかわをみれたりもする。これを見上げながら下の通路を通れるんのですっ。はい、興味ない方は「それが何か?」って感じでしょうが、実際そこを通ったら、知っているようでわざわざ思い出すことも想像することもない場面にいきなり投入されるわけですよ。未知の世界ではないけれど、全くの未体験。ぬおーっ、興奮する!!(嗚呼、この辺でページ閉じる人多そうだな。。。)

 

 

撮った写真は200枚以上。そんなもん全部あげてたら大変ですからはしょりますが、とにかく広いんですよ、この資料館。内容云々の前に、ガイドさんいなかったら私、ここで遭難してます。

1200円でこの資料の量。情報の多さ。圧倒的な価値を感じられる資料館。これは安いわーっ。

 

 

Sponsored Link*

幻のドクターイエローに初遭遇!!

 

こちらの資料館、屋内が広いだけで驚いちゃいけない。屋外展示エリアもびっくりするほど広くって、あっという間に時間が過ぎてく。

 

 

こんなもん、ファンじゃなくても楽しい、というか、新しい刺激に満ちてるし、いやはや本当にこの日はこちらに来れてよかった!!

そしてこちら、大変良い位置にあってですね、京都駅を発着する列車群を眺められる展望台があるんですよ。そこに行くと…平日なのにすごい人だかり。いつもは閑散としてるそうなのですが(笑)、何事ですか?とお尋ねすると…?

 

「もうちょっとしたらドクターイエローが来るんですよ!」

 

なーーーーーーーにーーーーーー!!!!

 

あの噂には聞く、新幹線のお医者さん列車、ドクターイエロー!!!

ドクターイエローとは:線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測しながら走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両(wikiより)

なんとなく勝手に、あれは通常ダイヤが終了した夜とかに走ってるのかなー?ってイメージだったのですが、なんと日中にも走ってるのね?!

しかしいつ走るかは公開されていないと思っていたのだけど、みなさんどこから情報を…(・∀・;

というわけで、人生初のドクターイエロー。あまりのレアさ加減に、幸運の黄色い新幹線なんてことも言われてるようなので、年の背にみなさんにおすそ分け!!!

 

 

 

ヒャホゥイ!!!かぁっこいーっ(≧∇≦)
嗚呼、京都水族館。こんな言い方するのもなんですが、この日の自分にピンと来なくてありがとう。コンディションによっては楽しかったかもしれませんから、あなたが悪いとは言いません。

が、この日ばありは、この鉄道博物館に導いてくれて、ガイドツアーの時間に間に合わせてくれた上に、こんな幸運をもたらしてくれて。。。

人生万事塞翁が馬。禍福は糾える縄の如し。あのがっかりの後に、こんな幸運が待っていようとはー!!

 

 

幸運の運転シミュレーター!

 

そして幸運はすぐにやってきた。ツアー途中で、入り口に書いてあった運転シミュレーターの「抽選券」も取りに行っていたのです。

 

 

倍率は、その日の入場者数、さらにはその中の何人が抽選券を取りに行ったかによりますからどのくらいのものかはわからないのですが、ガイドさんによると、ツアー参加者で当選する人は滅多にいないということ。

なのでツアーの終わる時間を見据えて、次はどこを見に行こうかなー、と計画をみなさん立てるそうなのですが…

 

 

はいキター!!ヽ(・∀・)ノ
ツアー参加者の中で一人だったのはもちろん、結構周りにがっかりされていらっしゃる方もいて、なかなかの倍率だったようなのですが、当たったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

まぁいうても「電車でGO!」的なものなんでね。ご経験者の方には「何をそんなに喜ぶことが」と思われることかもしれませんけど、これはこの資料館内で抽選に当たって体験できる、というところに意味がある。

 

 

そう、ここは当選したものだけが入れる聖地( ・`ω・´)b
そして当たった人は、みなさんこぞっていらしてるご様子。

 

 

シミュレーターの席に着く前には、小さなお友達から大きなお友達まで、運転手さんの制服を着て気分をもりかげることもできるようですよヽ(・∀・)ノ

 

 

これ、小さいお子さんとかにやってもろたら、親御さん、たまらん可愛かろうなぁ(*´ω`)

 

 

 

まぁ、電車でGO!もやったことなければ、そもそもゲーム自体に大変疎い人間なので、超絶下手くそだったのですが、いいんです。このブースに座れたことに意味がある( ・`ω・´)b

 

 

壮大なジオラマでの観覧も終えて大満足。こういうところ一人で楽しめる性格でよかった(笑)
次は最後の目的地へ( ・`ω・´)b

 

 

特等席で楽しむ鉄道レストラン

 

気がつくともう、3時間4時間経っていたのですよ。楽しい時間は早いですね。それもこれも、効率よく、かつこっちが期待した以上の知識を交えて解説してくださったガイドさんのおかげ。

そしてドクターイエローの幸運のおかげっ。←こういうのは良いように取っといたほうがお得、と思うタイプ。そしてめざすは…?

 

 

鉄道レストラン!!
この手の施設内のレストランの味には期待できない、というのは、サンシャイン水族館のピングーカフェで改めた!!やるとこはやるんですっ。こういう施設の中だから、じゃない。その施設の、その中のレストランを運営する人のお心ひとつだ。十把一からげにするのは失礼であるっ。

 

 

というわけでメニューを見てみると、うん、頑張ってはいる。でも鉄道がらみの工夫をされているのは、結構ヘヴィな食事のみ。と言って。。。

 

 

全く鉄道が関係なさそうなレシピのものも、ちょっと萎える。というわけで、おやつにしました。

 

 

これが鉄道的にどれくらいどうなんか、というのは置いといて。。。(笑) 美味しかったです。パンケーキというよりはスポンジケーキでしたけども、ちゃんとしてる。悪くない。

 

 

乗ったことある、くろしおモチーフのケーキだったし、ちぇりさん的には味も企画的にもほどほど満足。その上。。。

 

 

ここね、セルフですがお水が無料なんですよ。確かに飲み物は数が少なくて、あんまり飲みたいなーと思えるものがなかったんですが、こんな場所、水さえ出さなかったら、多少高かろうがチョイスがなかろうが、みんななんか買うわけじゃないですか?それを無料で。。

実際お子さんづれ、家族4人とか、近所のお子さん引率してきたりしてたら、ドリンク一つでも結構な額になるわけで、これ、ちょっとありがたいんちゃうかなぁ。

そしてこのレストランのもっと素敵なところは。。。?

 

 

目の前の駅を頻繁に発着する電車を眺めながら食事ができる!!!うっきょー!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ←鉄道に興味ない人はビタイチ分からない感覚だと思う。。。

もちろん窓際の席は人気なので、私が席に着いた時には空いてなかったのですが、すぐそばの席を確保して虎視眈眈。前の方が席を立たれた瞬間にゲーット!!!

お隣には鉄道マニアなお子ちゃまがいて「ハルカ来たー!!」とかの雄叫び解説つき(笑) しかも半端な数じゃないんですよ。新幹線も在来線も通るし、それが左右からクロスするし。なにこれ、私、このレストランに1日いられるわ。超楽しい。

 

堪能しまくりの京都鉄道博物館

 

これほどガッツリ観まくっても、多分見落としてるところはたくさんあるし、本当に詳しい方の楽しみ方からすれば、表面をつらーっと撫でてるだけのようなもんですが、それでも楽しかったということは、ここを楽しめる人の層が、かなり広いんじゃないかってこと。

 

 

最後の最後まで鉄道づくしの売店なんか、観てるだけでも楽しかったし、もし鉄道好きなお子さんやお孫さんがいらっしゃるなら、単にお土産品として買っても喜ばれるかも?

 

 

ドクターイエローのプリクラまではさすがに…と思いましたが(実物を観た人のよゆーw)でもドクターイエローのボトルのドリンクはちょっと買おうか迷ったな。。。

 

 

乗り物全般、好きだなーとは思っていたけど、自分でもここまで鉄道で燃えるとは思ってなかったわ。あのね、自分の意識上では、そこまで興味ないわーと思ってても、それに実際触れてみると、自分の中に思わぬ興味を見出すことってあるものです。

例えば趣味や場所、人であんまり興味ないわーとか、これは私のタイプではないわ、と思ってる人も、実際に接してみると「あれ?あれれれ?」ってことがあるかもですね。

いやぁ、楽しい京都鉄道博物館!!!なんとなく、この手の博物館って手薄だったりショボかったりって施設もあって、積極的にはいかなかったのですが、ここのはすんげー面白いわ。

さほど鉄度に興味がない大人が行っても、この圧倒的な情報量があれば、なにかしらの方向性で楽しめるのではないかと思われ。

思わぬ幸運にも出会えて超絶満喫しました、京都の思い出!!全然京都らしくないけどね!(笑)

 

 

位置情報

 

京都鉄道博物館
京都府京都市下京区観喜寺町
定休日:水曜日

開館時間:10:00 – 17:30

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました