一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【報告】アイスクリーム試食会!①

イベント等
Sponsored Link

少し前に、とても素敵な方をご紹介いただいた
んです。その方は、アイスクリーム作家さん。
この呼び名は私が勝手につけたんですが、
もうね、ただの「製造者」じゃないんですよ。

この方をご紹介してくれた方も、先に試食
された時に、あまりに美味しくて、その美味
しさを私にどうしてもシェアしたい!と、
繋いでくださったんですね。

で、こちらとしては、わーい、アイスク
リームが食べられるーヾ(@⌒ー⌒@)ノ 
くらいの感覚で友人2人で出向いたらあーた。

すんごい種類のアイスクリームを持ってきて
くださって、友達と2人、大喜びw 
で、片っ端からいただいたわけですが。。。

途中でハタと気がついた。
喉が…乾かない????

それ以前に、各フレーバーのヴィヴィッドさや
口当たりの繊細さにビックリもしていたのです
が、というかビックリしていたからこそ、
かなり後になるまで気がつかなかった。

 

喉が、乾かない。

私、アイスクリームなんて、という言い方
したらちょっと上からかもしれませんけど、
これまでもありとあらゆる、それこそスー
パーの安いやつからブランド物の高っかい
やつ、地方限定のソフトクリームや海外の
源泉物など、相当な種類食べてきたけど、
まーだ驚く余地があった(´⊙ω⊙`)

これは、もっと多くの方に知ってもらわね
ばならない。しかし私になにができる?
と考えた時に思いついたのが試食会。
平日だったのでご都合疲れなかった方もおら
れ、ご希望されていたのに来れなかった
方には大変申し訳なかったのですが…

 

種類、多い多いww
試食会ですから、代表的なものをちょいちょい
と持って来ていただければ、と思ってたのです
が、次から次に出てくる出てくる(・∀・;

素晴らしく鮮やかなパッションフルーツ、コク
と品が同居したラムレーズン、ベリーミックス
の甘酸っぱさはキュートなことこの上なく、
最初から手を入れられたゴマ(粒の段階から
丁寧に手入れしているそうですよ・汗)風味は
これ、もう和菓子の域じゃない?と思うほど。

 

 

そしてどれもが口に入れた時に、しっかりと
その素材の味を体感できるのに、そしてシャ
ーベットではなく、ちゃんとアイスクリーム
なのに、口の中がべたつかない。

伺いましたら、こういう冷製の菓子には大抵
安定のために入っている増粘剤を極力使わない
方向で製造されておられるのだとか。

大量生産品には、増粘剤って。製品を安定し
やすくするためってのもあるし、素材によって
の融点の温度差をなくすという役目もある。
その他諸々、作り手さんには便利なことが多く、
コストにも関わってるため、安価な製品の
大抵の商品にはそこそこな量が使われている。

もちろん、増粘剤は悪じゃないです。これが
なければあんなに安価に諸々の食品を楽しむ
ことは難しい。家庭での保管の管理が難しい
ものも出てくるかもしれません。

しかし小規模ならば、または情熱があれば。
そこに頼らず、手間暇と各素材の特徴を追求
しながら、丁寧に丁寧に作られているのが、
このアイスクリーム作家さんのお仕事。
ただ手間をかけてるだけではなくて、それを
使わないことによって、後口のベタつきが
減り、より素直な素材の味が出るんでしょうな。

もうね。アイスクリーム製造業者さん、とは
お呼びしたくない。とにかくアイスクリームを
作るのが好きで好きで、楽しくて気がついたら
一日中、作業場にこもってアイスクリームを
作られている様なお方です。もうこれはクリ
エイターとお呼びする他ないじゃないですか。

で、私のお気に入りなんですが、各種土地の
フルーツを使ったフレーバーも素晴らしけど、
これ。チョコレート。

 

これね、もうアイスクリームのチョコ味、
というよりは、もう冷やい生チョコと
呼んだ方がいいかもしれないリッチさ加減!

それでいて、こちらもやっぱりくどくない。
と言って、物足りないわけでもなく、この
引き際の良い後口を生みつつコクを出すって、
どんだけ丁寧に作ってはるのん、と。

チョコレートって難しいんですよ。抹茶とか
もそうですが、粉末を使うなら使うで、濃く
したくて多く使えば舌触りが悪くなる。少な
くすると物足りない。チョコレートそのもの
を使うにしても、今度は温度管理が難しい。

それをまぁ、よぉここまで。。。

実は最初の試食のと後に無理を言って、まだ
発売になっていないこちらのアイスクリーム
を譲ってくれとダダこねまして、1リットル
サイズのチョコレート味を譲っていただい
たんですけどね?

これにラム酒ぶっかけて食べたら、天にも
昇る心地ですわ。すんごい予定が詰まってて
めちゃくちゃ疲れていた時も、このアイスが
あったから乗り切れたっ(まぢ)。

やばいです。
このチョコアイス、本当に美味しい。

 

私の苦手なチョコミントも、なぜか食べられて
しまう不思議。というのが、こちらのミントは
非常に柔らかで、チョコミント好きな方には物
足りないのかもしれないなぁ、と思いつつ、
いやー品がある!これね、なんかお料理とも
合わせられそうな勢いですの。

 

ラムレーズンもね、レーズンを砕いて全体に
散りばめてくださってるんで、風味が余計に
豊かでね。でもこれもくどくない。ぷわっ!
とラムレーズンの香りが口の中に広がった後は、
サーっと引いてく。

あれです。角砂糖もらったラスカルがミルク
の中でジャブジャブやって溶けて無くなった
のを「あれ?あれ?」って探す奴。

あれ?今私食べたよな?でも口の中に食べた
痕跡があらへんが。あれ?じゃ、もうひと口
食べるか。ああ美味しい!って、あれ?今
私食べた?みたいな。

で、今回の試食会以前にも、我が家に来た
人に食べてもらったりしてたのですが、
口を揃えておっしゃるのが、

 

「安い売り方はせんでほしいね」

 

ということ。
せっかくこんなに美味しいのだから、
「わざわざ食べに行く」お店なり販売
場所にしてほしいねと。

そうなんです、まだこちらのアイスクリーム、
ホーチミンでの発売準備段階なので、まだ
すぐには買えません。

が!

もうすぐ何らかの方法で売り出されるご予定
だとか!まだ商品名とかもお伺いしてないので、
その暁には改めてまたご紹介させて頂きたいっ。
このアイスクリーム、ホーチにミンに絶対
欲しい!!

 

こちらの作家さん、こんな素敵なアイスク
リームを作られるのに、それはそれは腰の
低い方で、丁寧で柔らかで、なるほど、
お人柄がお味にも出るのかもしれないなぁ、
と思って見たり。

基本、彼は作る側の方なので、これ、何とか
上手に売り出して頂きたいなぁ、と思うわけ
です。そして飲食店を営まれていらっしゃる
方で、まずはテイスティングをしてみたい、
と思われるような方がいたら、ぜひご連絡
頂きたいです。

ホーチミンね、いいものをきちんと楽しめる
方の人口、多いと思うの。日本人にも、ロー
カルの方にも。

だからMAROUさんとか、当初びっくりする
ほどの単価だったお店もいつも満員御礼です
もんね。その他の、単価的には「高い」と
思われるものも、内容が見合っていれば、
ちゃんと売れてる。

 

良いものには見合う対価を払って。
高いと思うならば、それはその人がそこまで
それを必要としていないというだけのこと。

だから高いものを買わないのが悪いってこと
でもダメって訳でもないと思うけど、せめて
自分が好きな分野のものに関しては、出せる
自分になりたいなぁ、と思うのです。

このアイスクリームの良さを、わかって
くれる方がたくさんいてくれると嬉しいなぁ、
とつくづく思う。

発売が楽しみです。
待ち遠しい。

あと、この日の試食会にはお土産分まで
頂いてしまい、恐縮至極。遠慮しなかったけど。

 

これをね、みんなでね。山分けしましてん。
どれが欲しいか1人1人選んでいくときの
楽しそうなことったらw

その場にいたみんなを幸せにしてもらい
ました。幸せのアイスクリーム。
アイスクリームなんか、それであってくれる
だけで人を幸せにしてくれるものだとは思っ
てたけど、こんな幸せがあったなんて。

世の中、お金で買える幸せもあるもん
ですね(๑•̀‧̫•́๑) 発売されたら、いっぱい
幸せ買っちゃおーっと(^・^)

 

 

Cheri’s most favorite Ice Cream coming soon !

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました