一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Hotel Hopping マレーシア ~ Hilton KL

@マレーシア
Sponsored Link

KLでホテルホッピング

 

さて、帰ってまいりましたホーチミンに。
テトの連休はマレーシアに行ってました。
ほんとはKLから列車でペナンに…とか言って
たけど、さすが春節、相当前から予約して
ないと、チケット売り切れ(・∀・;

もう飛行機は抑えていたので、
KLでホテルホッピングすることに。
そう、KLはホテルを楽しむのにすごく良いとこ。
バンコクも大概宿天国だと思っていたけど、
アッパークラスはKLの方がお得かも?と
思える今回の旅でした。開眼。

で、数を重ねていくと多少は見えてくるものが
あるもんで、KLなんてベトナムからも近いし
ご旅行でいる方もおられれば、お仕事で行かれる
方も結構いるんじゃないかと思いまして、私見
ですが、ホテルの印象備忘録など。
※あくまで個人の感想で一度の体験時の話なので
 諸々は人によって受け取り方が違うことがあります。

あとはもちろんうまいもん情報ね。
本日よりしばしのお付き合いを。

 

場所が便利な Hilton Kuala Lumpur

 

さて初日は Hilton ホテル。
何が良いって、場所が良い。

 

空港から特急に乗ってKL Sentoral 駅に着い
たら直結。駅が広いからちょっと歩くけど、
品川駅直結を謳うホテルよりまし(あそこら
のホテル、遠いしわかりにくいし「直結」っ
て嘘は言うてないけどやなぁ。。。)

夜間到着時、街中を移動するのが怖いきつい
面倒臭い、そんな時にはもってこいだし、
寝るだけのために良いとこ泊まるの勿体無い、
と思われる向きにも、ハイグレードな朝食が
あると思えば価値はあるんじゃなかろうか。

さらにKLセントラルからはモノレールやら
何やら移動の手段が豊富で、コンビニも多い。
酒を買えるのは、とあるコンビニ1箇所だけ
だけど、併設モールもあって便利。地の利
前回の立地なんです。

 

Sponsored Link*

Hilton Kuala Lumpur のゴージャスな様子

ところでこんなん初めて見ました。
KLセントラル駅からインディケーションに
したがってホテルの入り口まできましたら、

 

なんと、Meridian と入り口が並んでるw
なんですか、この二台巨塔みたいな出立ちはw

実は、こちらのMeridianをよくご存知の方の
情報によると、こちらの朝食もかなり素晴ら
しいとのことで、私もいつかは試してみたいが、
今回はヒルトンが圧倒的にお安かった。

なんと2人で13,800円/night(税込)
朝食付きです。プレ大晦日&大晦日に。

エントランスこんな感じ。

 


ロビーからエスカレーターで上がるレスト
ランなど、まず目に入る装備がすげー。
さらにレセプション前のメインダイニング
がこれ。

 

もう一切勢いの手を緩めずに「どや!」と
ゴージャス感を畳み掛けます。とてもあんな
額で泊まれるとは思えない。。。

 

部屋の入り口からは多少の通路的な造りが
あって、左手にバスルーム。奥にお部屋。

 

夜だったのでちと暗いですが、非常にモダンで
タイディです。デコラティブなお部屋も嫌い
じゃないけど、仕事をしたり、今回みたいに
疲れる時間に到着、なんて時は、シュッとした
こういうのがよろしいね。

窓からはKLの夜景。広々としている上にガラス
の手入れがよく行き届いてるので気持ちの良い
見晴らしです。

 

窓を背にしてベッドに向かうと奥にバスルーム。
オープンな状態でバスタブが見えますが、もち
ろん、スライドドアでし切れます。お一人、
またはスタイルに自信のおありの方は、
開放的な状態でドヤりながら入ることも可能。

 

たっぷりとした容量のバスタブに入ると、
ライトに反射した水面の揺らぎが、壁に光の
映像となって柔らかく蠢き、ナチュラルな
癒し効果も狙ってました。ここの設計、
諸々緻密。

 

Hilton Kuala Lumpurのちょっと良いサービス

 

 

諸々のリクエストや問い合わせ、SMSで
一元管理しているとこには初めて遭遇。

各サービスで分かれた電話番号なりプッシュ
ボタンのどれに自分のリクエストが該当する
かを考えて、それを選び、会話するのが多い
ですよね。

でもこれは一元管理のサービスなので、どんな
内容でのここに送ればオッケーなんです。先方が
適所に振り分けてくれます。特に英語を

 

「喋るのが」

 

苦手な方には打ってつけ。だって読み書きは
問題ない方が多いんだもの、日本人。それも
わからないって方も、最近はGoogle先生がいる。
なんとかできる。これ、良いサービスかもしれ
ない。

使ってないんで、対応速度などは不明ですが、
電話でのリクエストは速やかだったので、メッ
セージの連携さえ取れているなら、資質的には
問題なしかと思われます。

 

Hiton Kuala Lumpur 圧巻の朝食 

 

ご存知の通り、ちぇりさんはホーチミン贔屓。
その中でもビュッフェの質に関しては、かなり
強くひいきしている。ただし実際、そうする
だけの比較と根拠を持ってのことなので、あな
がち間違ってるとも思っていない(贔屓する
奴の言い分)。

ので、他国のそれには勢い厳しくなってくる。
そこは読者の皆さんが冷静な目で判断して
くれることを願いつつ、タイやその他のホテル
のビュッフェのことを書いてる。

おそらくは、両手放しで褒めてるところは
少ないと思う。ホーチミン贔屓だから。しかし
こちらの朝食に関しては。。。

 

うおおおお。会場がまず豪華!
昨日チラと、レセプションとの境界線だけ
ご紹介したレストラン。ゴージャスっ。
しかし肝心なのは味ですよね。

 

複数種類のパンは見事。そうだ、マレーシア
ってその昔イギリス領下だったことがあるからか、
パンとか紅茶、美味しかったわ。私が昔住んでた
頃も。記憶が遠くて忘れてた。

上の写真の最後のコマの、メキシコパン、って
のが今回の旅で複数出てきて謎でした。日本で
言うとこの帽子パン的クッキー生地で覆われた
パンにクリームイン。どこがメキシコ?(・∀・;
でもあちこちで同じ名称のものが出現してた。。。
謎。。。

 

ホーチミンも麺好きだけど、マレーシアもかなり
の麺好き。複数種類の麺とスープをオリジナルで
組み合わせるのは、こちらのビュッフェの定番です。

この日はバインカンのようなプリプリ麺を見つ
けたのでクリアスープで。美味しかった(^・^)

 

薬味が豊富なのも楽しいんよな。
マレーシアの代表的な朝食メニュー、ナシラマッ
に添える赤い超飲料サンバルは、一見ベトナム
のSate っぽく見えるけど全く別物。

いえ、チリを使った辛味調味料なので全く違う
とは言いませんが、薬味の配分、甘みの具合が
やっぱりマレーシアの調味料。

ココナツミルクで炊いたご飯にこれを添え、
イカンビリス(ジャコをカリカリに揚げたもの)
とピーナツを添えるのが大定番。あればキュウ
リもお忘れなく。

そしてこの料理は私が唯一、添える卵は固茹で
卵であって欲しいと願う料理。普段は半熟信者
なので大変珍しいことですが、マレーシアでは
固茹で卵文化がやっぱり根強い。結構各国、
半熟卵の概念増えてきてますけどね。

 

但しさすがにポーチドエッグは半熟でした。
他の卵料理は確実にガッツリ火を入れてくる
のでマレーシアではスルーすることが多いの
ですが、さすがにポーチドエッグは固くせん
だろう、と検証。はい、半熟でした。

ちなみに他席が頼んでる卵料理をチラ見させて
もらいましたが、見事にガチガチ。固すぎる
卵は自分の腹には持たれすぎるので、ビュッ
フェの時には鬼門なのです(-“-;)

ちなみにハラル文化なので、基本的にハラル
料理が多いです。豚肉はほぼほぼ見かけず、
お酒類も使わない。同じイスラム文化でも
ちょっと系統違いますが、中東料理がかなり
日常に浸透してます。

 

 

ビュッフェにもあれば街中にも中東料の店が
溢れ、ハラル料理をあれこれ体験したい人は、
マレーシアにくるのが得策なんじゃないかと
思われるくらい。

上の写真の左はフムス(豆のペースト)や
パパガヌーシュ(ナスのペースト)。それぞれ
スパイスが合わせられておりかなりエキゾ
チックなので、香りものが苦手な方には抵抗
あるかもしれませんが、総じて女子には好ま
れることが多いかな。ヘルシーだし。

あとフィグのコンポートにはちょっと感動。
スターアニスやクローヴを使うのは普通だけど、
いつもワインで煮てる身としては、驚愕でした。
酒使わなくてもここまで美味しくできるのね、
とwww 

 

そうそう、ロッティチャナイも忘れちゃいけ
ない。インディアンフードだけども、ほぼほぼ
マレー料理と言っても差し支えないほど代表的
なメニューの一つ。

 

しっかり寝かせてガッツリグルテン形成をした
生地にオイルをまぶして破れないよう透ける程に
薄く伸ばし、折りたたんで焼いた結果、パイの
ように層を成す味わい深いドゥができる。

これをちぎり、カレーソスに浸して食べる、
自分では再現するのが大変難しい、でも
マレーシアでは手軽な一品。私が働いていた
頃は、これかナシラマッのローテーションが
朝食でしたw

 

 

フルーツのラインナップがホーチミンとは
チョイ違っていて、輸入物のブラッドオレンジ
や梨など、南国のものではなかろうものも豊富
です。もちろん南国のものもありますが、日本
的なニーズがこちらにも来てるのかなーと察せ
られる質と味。

いやー、2泊して正解でした。一日じゃとても
食べきれないし、食べきれないままだと後悔が
。。。(・∀・; 

全体に若干国外の人向けな押さえ方をしている
のは否めませんが、ビュッフェ全体としては
久々にホーチミン以外ではかなり出色。
(←この人、どんだけ贔屓してんの。。。)

この朝食が2人分ついて、かきいれどきの
年末年始にこの宿泊料は凄まじくお得かと。
地の利もあるし、非常に使い勝手の良い
ホテルだったと思います。

ビジネスでもご旅行でも。
旅のはじめのテンション上げるにも今回の
自分は大満足。かなりお勧め度の高いお宿
だったのでした(^・^)

 

 

 

 

Hilton Kuala Lumpur 
 3, Jalan Stesen Sentral 5, Kuala Lumpur Sentral

 

Sponsored Link
 

コメント

  1. Netblogpro より:

    Thank you for your blog post.Really thank you! Awesome.

    • ちぇり より:

      > Netblogpro

      It was really wonderful stay.
      Nice service, comfortable room, gorgeous foods, perfect location. So much worthy spending and I will recommend this hotel to everyone definitely 🙂

タイトルとURLをコピーしました