一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

お久しぶり香港① ~ 珍しくツアー便乗

@香港
Sponsored Link

LINE@にてご登録の方にはチョイチョイ
お話してましたけども

 

Add Friend
まだの方は是非ご登録して仲良くしてくださいな♪

 

香港に行ってました。
久しぶり。
我が意向だけなら、正直なかなか選ばない土地。
前回の印象があまり魅力的でなかったことと、
なんせ高い(´Д` ) 香港・シンガポールは宿代
だけでもえらいことになる。もちろん食事も高い。

そして以前は目当てにしていた火鍋や飲茶に
前回・前々回で失望し、それらの良い品質の
ものはホーチミンでも食べられる。もちろん
香港にも良いお店はあるはずですが、結構
身近なところのもののクオリティは高いと
信じてるので、なかなか足が向かなかった。

…ところに。。。
お仕事のお声がかかり。
それと同時に考えられない偶然がいくつも
起こり、思いがけず、というか、予想どころか
希望もしていなかったのに、良いことづくめが
怒涛のように。素晴らしい香港旅行だったの
ですが、そのお話はまた別の機会に。

今日はまず珍しく乗っかったツアーのお話。
普段私、ぜんっぜんそういうの乗らないし、
観光すらしない人なんですが(食ってばかり)
ちょっとご縁があって、この方のツアーに参加
してみたいなーと思い、申し込んでみました。

【香港観光ツアー】フォトジェニック街歩きツアー
話題の最新スポット観光&エッグタルトの名店で
試食つき<午前/現地コーディネーターor日本語ガイド>https://www.veltra.com/jp/asia/hongkong/hgk/a/149103

 

まずはパークレーンホテルで待ち合わせ。
Accor Club系列だから、ここに泊まれたら
楽ちんだなと思ったけど、一泊あたり4万
近くか言われてしっぽ丸めてキャインキャイン。

 

 

ロビーカフェのラテも千円してたもんなぁ。。。
ベトカフェ5倍希釈にしたようなやつ。。(毒)

 

ともあれ、これは自腹。
ツアーには関係なく、ツアー詳細はここからです。

 

 

基本町歩きなので、歩きからスタート。
実に印象的な陸橋?の上から、香港名物トラム
を上から眺めつついろんな解説。
在住歴が10年以上という方のガイドの醍醐味は、
おすすめスポットに効率良く連れてってくれる
というだけではなく、現地情報を色々と伺える
ということ。

今回は当初1人だけの申し込みで割高でしたが、
正直そんな方を独り占めできるなら安いものだ
と思いました。だって滅多にない旅を快適に
過ごすTipsを分けてもらえる得点と考えれば
多少の金額は安いもの。

 

でも実際にはあとお二人の参加があり、結果的
には割り増し分が返って来てお得金額に。まぁ
3人でも十分お話を聞く機会はあるけど、あれ、
独り占めできる料金もあってくれたらええのにな。
毎回10人とか来るわけじゃなかろうから、例えば
3人分の金額で、とか見切って設定。彼女の企画
なら買う人いると思うわ。

 

 

 

 

トラムはいろんな色があって、見ってー。
前面の下の部分に、ニッコリしてるお口
みたいな線が書いてある。かわいー(^・^)

 

車にも顔があって、ある程度の「意気」を
示していると聞きますが、こんなニコニコ
したお顔のトラムが街中をいっぱい走って
たら楽しいでなぁ♪

 

 

 

この日はちょうど日曜日。
で、最近お手伝いさんとしてやって来ている
マレーシアやフィリピン、インドネシアの方
たちの溜まり場になるんですって、この陸橋。
同じ境遇の方と会えるというのもあるし、
お金も特にかからないしというとこでしょうか。
お花見前のようなシートで場所取りをしてる
姿もあちらこっちらに。

 

 

むふー、やっぱり可愛い(*´ω`)

 

 

 

 

近代的な高層ビルがひしめく最中の改修工事の
足場は「竹」。ってのは、まぁ東南アジアじゃ
珍しくないけど、よっぽど竹が信頼されてるん
やろなぁ。香港なら資材調達に困るとか、そう
いうことはないんだろうに、竹を選択してるの
だもの。。。

 

 

洗練されたものばかりがありそうな気を持た
せつつ、島◯作の後輩の友達の親戚の甥っ子
みたいなえが、大きくコマーシャルに使われ
てたりもするし。。。

 

 

ジュピターな電停があったりして、トラム
の二階から見る香港の街は、ちょっとした
おもちゃが散りばめられたようなワクワク
感がありますな(^・^)

そうこうしてる内に、市場に到着。

 

 

 

あーっ、ここ、旦那さんと前に来たところだ!
電車が通ってるというのにみんな御構い無しで
線路の上を歩き回ってる賑やかなとこw

 

 

 

香港市場での青菜の見せ方は、根っこの部分を
切って茎の切り口にて鮮度をアピーする方法の
ようです。若い方はスーパーなどで買うそう
ですが、香港ネイティブのご年配の方は今でも
野菜やその他の食材を買うのは市場オンリー、
という方も多いのだとか。

 

そんな市場を走る路線の中に市内最古の電車が
あって、各電車は固有の番号を持ってるのですが、
それが120番。広い市内を巡る中でたった1台
なので、それを見かけるととてもラッキーだと
の話なんですが…

 

 

あ、来たヽ(・∀・)ノ(アッサリw
でもガイドの矢島さんによると、そんなに
頻繁なことではなく珍しい、とのこと。
ラッキー♪

ってか、市場散策を各自でして集合場所に
戻ってくると。。。

 

 

幸運の120番がまだ出待ちしてたヽ(・∀・)ノ
待っててくれたのねー♪ なんて幸先の良い。

 

そしてお次はモンスターマンションの見学。
ここはトランスフォーマーなどの映画のロケ
地としても有名だそうですが。。。

 

 

ぬあーっ、カメラの縦横がうまくいっとらん(´Д` )
のですが、なんとなく、凄さは伝わるでしょうか。

大きな5棟からなるこのマンションエリアの
中庭的なところに入ると、意外なほど静かで
最初は拍子抜けだったのですが。。。

うっあー…。

 

2呼吸ほどしたところでゾワワワッと。
肌にくる感覚ではなく、丹田(臍の下)に
ズーンと響くようなエネルギー。

それもそのはず。この5棟が満室になったら、
ざっくり「2万人」が住むことになるんだそう
で。。。聞き直したわよ。2万人て…(´Д` )

人は、そこに佇むだけでエネルギーを発する
存在。なんか一緒にいると楽しくなる人、
暗くなる人っているじゃないですか。それの
どちらもが「エネルギー」。人によりその
強弱、方向があるとはいえ、誰しもが持ってる
それ x 2万人分。何も感じないわけがない。

かなり圧倒されましたが、心地よい。
それに立ち向かうのが心地よい。悪いばかりの
気ではないし、人がたくましく行きている場の
エネルギッシュさは、静かにこちらをワクワク
させる。このツアーで一番気に入った場所。
私、ここで一日ぼーっとしてられるわ。

 

一変、チャイナテイストのスタバに行ったり、

 

 

ちょっと大正ロマンを意識した日本の懐古
的居酒屋さんとかそんな趣かしら。

 

 

中華料理屋のメニューかと見まごう、壁
メニューを眺めたりwww

 

 

 

スタバでコーヒー飲んだり、コーヒーフレー
バーのエッグタルトを食べたりして(ここは
自腹)エネルギーチャージしたら(コーヒー
風味のエッグタルトについて何も書いていない
ことに意味があるかはお察しくださいw)

神戸の北野のように坂が激しい場所にお散歩に
行くのに、超絶長いエスカレーターにも載って
みました。これは無料。

 

 

一方通行なのですが、聞けばこれ、朝は下に
向かってしか動いていないのだとか。

「お金持ちのために作って、お金持ちのために
 動かす合理さが香港の人は好きだから」

との評価。
そうなると。。。ちょっと後味悪い(・∀・;
実際にお金持ちの方がこのエスカレーターの
設営や運営に寄与しているのかはわかりませんが、
それに全く何もしていないどころか、冷やかしに
きてる旅行者がフリーライドしてるのだから…。

と行って、全部を足で登り切る元気はないので、
使わせていただきましたよ。。。募金箱でも置い
といてくれれば、何某かお支払いしたものを…。
公共のものならそこまで思わなくても良いと
思うんですけどね。。。

 

 

フォトジェニックツアーの目玉でもある壁画
巡りは、ここ数年、香港ではやってるスポット
なのだとか。上の写真は、香取慎吾さんが先月
描かれたばかりのパート。矢島さんのお話を
色々伺うことでもっと楽しめるこちらの壁画。

絵のことには門外漢なのでこの絵の価値は
わかりませんが、才能のある方というのは
色んな方面への才を同時に持たれるのだなぁ。。。

 

 

きてみれば、こういうのも楽しいのですよね。
私一人じゃ、食べ物のないところに来よう
なんて絶対に思わないけど、今回はこの矢島
さんのツアーを体験したい、という理由だった
ので内容は二の次(というと失礼ですが)。
そして乗っかってみれば乗っかってみたで
面白い。

人にアテンドすることが増えてきて、どういう
ことが大事なのか、自分が大事にしたいのか、
そしてアテンドされる側はどういうところで何を
どんな風に感じるのか。たった一回で何がわかる
のかと言われたら、わからないことの方が多いの
かもしれませんが、観光のプロにその一端を見
させてもらいました。

 

 

 

立ち寄った先に亀ゼリーがなかったのは残念。
その代わりにトウキビのジュースを頂きましたが、
そうだよな。日本からきてる人にはそれもやっ
ぱり「珍しいアイテム」な訳で、自分が観光客に
なることで、観光地を新鮮な目で見ることも
できました。

自分が何かを提供する時、自分が提供される側に
立って見ることは大事ですね。全く視点が違う
ので、提供する側だけでは見えないものがたくさん。
引き合いに出すには大きすぎるけど、リッツホテル
の哲学に、そういうのがありましたよね。

 

知ってるだけではものにならない。
体感してアウトプットして初めて自分のものに
なる。この体感もさせてもらえた気がします。

この体験は4時間ほどの時間でしたが、今回の
香港滞在で意味を持つ時間の大きな一つであり
ました。

 

かなり体力を使うので、あまり歩き回るのは
好きじゃない、という方には向かないかも
ですが(日頃こんな旅をしない私は、実際
その日のその後はグッタリして夜まで潰れてたw)
効率的に、且つ、在住する方の生の情報を
頂戴しながら楽しく過ごしたいと思われる方は
是非お試しになってみてくださいね♪

 

 

【香港観光ツアー】フォトジェニック街歩きツアー
話題の最新スポット観光&エッグタルトの名店で
試食つき<午前/現地コーディネーターor日本語ガイド>https://www.veltra.com/jp/asia/hongkong/hgk/a/149103

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました