一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

Day5:フエからハロンへ。驚きのコンシェルジュ

さて。。。。感動の Phong Nha Cave。タップリ片道4時間40分かけるわけなので、
帰りも遅くなりまして、ツアー終了後ホテル帰着は19時〜19時半…。
フエも二泊のつもりだったけど、次の目的地、ハロン湾に行くには、飛行機を使うにしても
丸っと一日バスに揺られた後に夜の飛行機移動ってのは、ちょっとハード過ぎ。
旅はまだまだ続く訳だし、無理は禁物。
特にフエには用事はなかったんだけど、もう一泊するしかないなーと思っていた所。。。
『お次のご予定、ハロン湾ですか?だったら…』
と、先に紹介した Sunny Travel のコンシェルジュのお姉さんがチャキチャキチャキ!
っと、ご提案を下さった。
なんでも、まずハノイ行きの寝台バスってのがフエから出てて、それで夜通しかけて
ハノイに行き、朝ハノイに到着したら、バスを乗り換え、ハロン湾に行けますよ、と。
聞けばバスは$15。ええっ!!(@@)
飛行機だったら、価格的には5〜6000円かなー。
まぁそんな大ごとな金額ではないのでケチるとこではないんですが。。。
『バス、楽しそう!!』
はい、姫の仰ることに逆らうことなどで来ません(笑)
ま、ちぇりも寝台バスの経験をしてみたかったのでバスを選択。
でも。。。
フエ〜ハノイのバスは、フエを17時に出発。Phong Nha Cave からフエに
帰って来るのは19時過ぎの予定。間に合わない。もう一泊するしかないかなー、
と思ってたら。。。またもや例のコンシェルジュさんが、チャキチャキチャキっと!
『Phong Nha Caveは、フエよりかなり北にあります。ハノイ寄りになりますから、
 ツアーのバスでフエまで帰って来ずに、途中のツーリストセンターで下ろしますから
 そこで、フエを出発したバスを待ってて下さい。そしたらバスが広いに行きますから、
 そこからハノイへ…』

そんなことが!
しかし全く土地勘がないので、その場所が正しい場所なのかとか、自分で確認する
術も無く、大変に心もとない。増してや姫を連れてる時だから無茶はできん。。。
『大丈夫です。そこはこういう乗り継ぎによく使うバスですし、私がドライバーに
 ちゃんと伝えますからご安心ください♪ハノイに着いたら、別の場所に移動してもらって
 ハロン湾行きのバスに乗り換えて下さい。そうすれば明日のお昼にはハロン湾です!』

なんと!!
ハノイに着いてから一泊ほどして、日帰りツアーでハロンに行こうと思ってたんですが。。。
『ハロン湾に日帰りですって?!それは。。。可能ですが、ちょっとお勧めしかねます。
 もちろん、どうしてもと仰るならお止めはしませんが、ハロン湾もハノイから丸半日の
 道のりです。洞窟ツアーの直後に長距離でハノイに行かれて直行されてからでは、
 お体が心配ですし。。。』

うーん、でも、ハロン湾のクルーズで一泊ってやつ、前にツアー会社や雑誌で見た時、
一泊が5万とか6万とかしてて、とてもじゃないけど無理だわ、と思ってあきらめてたのね。
出せない金額じゃないけど、今回はちょっと想定してなかったなー、うーん。。。
『???ハロン湾のツアーは、ホテルでのピックアップにバス代、一泊4食付きで
 二人用のキャビンも確保。アクティビティがいくつかついて、帰りはお泊まりの
 ホテルまでお送りするんですけど、$145ドルですよ???』

なーーーーにーーーーーー!!!!
何その格安の金額は!!!
『悪くないでしょう?私どもでもオススメのツアーなんです。
 英語ガイドしか着かないけど、そこはお客様なら問題なさそうですし、
 お体もゆっくり休められると思います。なにより、半日かけて行っても日帰りだと
 数時間しかハロン湾にいられません。やっぱりそれ、もったいなくないですか?』

うんうん、確実にもったいないね!!おねーさんの言う通り!
これは。。。。。と姫に通訳をすると、俄然乗り気のお姫様(笑)
『私、乗り物の中でもぐっすり寝れますからきっと大丈夫!』
と(笑)
なかなかタフね(笑)
あとでベトナム在住の方にお話ししたら、
「ベトナムでそんな乗り換え2回なんて、無茶やわー!!!!」
と驚愕されたし、自分で振り返ってみても、よーやったなーという感じなのですが…(笑)
『万が一、ハノイ到着が遅れてハロン湾行きのバスに乗れなかったときは、
 ツアーを翌日に延期できるよう、席は確保していますからご安心下さいね』

なんとまぁ、先々まで物事を読んで下さってること!
しかも…このコンシェルジュの女性、Kimさんとおっしゃるのですが、大変大変
仕事がおできになる。
というのも、上記の会話でもお解りになった方がおられるかと思いますが、
ツアーを組み立てる際、こちらの思いつきやら知識が不足した状態での提案を
笑ったり,頭ごなしに否定すること無く、一旦は、なるほどそういう方法もありますね、
でも…という、マーケティング的にもコミュニケーション的にも満点の受け答えをされる。
そもそも相手はプロですから、こちらの思いつきよりも素晴らしい提案をしてくれる
のは、当然と言えば当然かもしれませんけど、それを上手に客に浸透させるというのは
これ、彼女の力量の成せる技。
且つ。。。まず Phong Nha Cave からの帰りに下ろされたツーリストセンターにて、
電話が一本。無事にその場所に着けたかという確認と、ハノイでの乗り換え場所が
当初は屋外だったのですが、バスに長く揺られた上に、最近のハノイは雨続きということで、
『お知らせしたところから、今からメールで送る場所に変更して下さい。
 とあるホテルのロビーなので、もし雨でも大丈夫ですよ。お時間があれば
 ゆっくりすごせますし』

…この配慮。
そしてハノイ行きのバスが若干遅れたのですが、その間にも電話をくれ、
彼女が悪い訳でもないのに、まだバスに乗れてないことを謝ってくれ、
翌日のハロン湾への乗り継ぎが万が一にも上手く行かなかったら連絡をよこすようにと言い…
また、ハノイに着いたら着いたで、待ち合いのホテルのロビーに居る時、
朝もまだ早かったというのに、無事に着いたかとの連絡をよこし。。。。
これ、一泊2000円の宿が手配することですかね?
Kimさん、宿でツアーを手配した人みんなにこんなことしてるのか?(@@)
しかもそれを、実にスムーズに、且つ、関連相手への連絡も完璧にこなしており、
見知らぬ場所での待ち合いでも、必ずどなたかが、
「◯◯さんですか?こちらでお待ち下さいね」
などの声をかけてくれる。
それで確実に間違いない,という安心感が得られるし、もちろん、
旅程もスムーズに行く。。。。
こんなに呆れるくらい素晴らしいサービスを受けたのは、近来稀なこと。
かつては世界一と言われた日本のサービスも、最近ではマニュアル化している
場面によく出会います。こんなに個別に対応できた、且つ、心地の良い
コミュニケーションを交えたサービスは滅多に無い。それを。。。。
よもや、バックパッカー御用達のようなホテルで体験できるとは!
ぶっちゃけ、ベトナムでのサービスは、おい!!と突っ込みたくなることも多いです。
逆の意味で呆れるケースも多々あります。ただの1つのオーダーでも忘れられる、
間違えられる、指摘しても謝らない。そういう場面も多々あります。
でも、こういう方もおられるんです。
当たり前のことですが、それにしたって突出した能力をお持ちの方でした。
旅の後半は彼女のおかげで、どれだけ充実したことか。
正直、その自分の驚き様に、全く期待をしていなかった自分を見つけて、
ほんとに、
(ごめんなさい!)
って気持ちでした(^^;
まー、何にしても、素晴らしかった。
各ツアーの内容もですが、とにかくこの方のサポートがなかったら、
楽しむどころか、無事に旅を終えられたかどうかすらもわからない。
この旅で感動したことは多々あったけど、彼女のことは、まず一番に浮かんできます。
Sunny Travel の、Kim さんという女性です。
どこにでも、有能な方というのはいるものですね。
あのサービス、というか、思いやり。見習いたいものです。
th_IMG_9783.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ベトナム国内
ちぇりをフォローする
フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

コメント

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

  2. ちぇり より:

    わぁ!以前の記事を読んでくださったんですね!
    ありがとうございます。この時の旅は本当に楽しくて、特にこのコメントを
    くださった回に書いた事はとてもとても心に残った事なので、
    コメント頂けて嬉しかったです♪ またぜひお立ち寄りくださいませ♪

タイトルとURLをコピーしました