一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

レギュラー商品を頼んで見たら日々楽しくて幸せなんですが ~ D’art Chocolate

食品
Sponsored Link

先日、月餅でいただいたチョコレート屋さんのレギュラー商品が気になったので頼んで見た!

すっかり興味津々になった D’art Chocolate

先日ご紹介した、月餅がわりにいただいたこちらのチョコレート。

たくさんあるから、チョコレートはしばらくいらないなーと思ってたら…え?なくなりそう…???(・∀・;

 

なんかね、食べやすいからスイスイ行ける(超危険じゃん)。でもハイカカオだから結構良い気分転換になるし、こんな時期だもの。いいんじゃない?と自分を甘やかしてる次第。

で、こちらのレギュラーメニューが気になったので何か頼んでみようと思いまして…

オーソドックスなのはチョコバーだよなーと思ったんですが、これだと種類を試せない。お財布は有限だし、量だってすごい。まあ量は時間をかければこなせるとはいえ、あまり時間が経ちすぎるのも良くない。

https://www.dartchocolate.com/en/collections/socola-thanh

あと、ボンボン気になる。
ムーンフェスティバルのセットは、ボンボンを巨大化させたようなメニューがメインだった。そしてそれが美味しかったの。

サイズが大きめだから、どうしても大味にはなりがちだっただろうとは思うけど、あれ、ボンボンの手法をかなり極めてないと作れない代物。

と言うことは、きっとボンボンが美味しいのではないかと言う読み。

https://www.dartchocolate.com/en/collections/socola-tuoi

あと、いいもの見つけた!
小さなプレートの詰め合わせ!

サイズが変わると味わいも変わるので、これがチョコバーと同じ味わい、とは言いませんが、傾向はつかめると思うんですよっ?!

ただ、セット枚数が違えば、楽しめる種類も違う。ってことで…64pcのセット、行っちゃいました!でも、それでも450kやん。64pcよ?1日2枚楽しんでも一ヶ月分ある。

他にケーキやら何やら買ってるわけではなし(それ作るためのキッチングッズや製菓材料は買ってる気がするけど、気にするな)これが一番たくさんの種類を楽しめるようだったので、これにしよう!

https://www.dartchocolate.com/en/collections/socola-neapolitans

ってことで、オーダー!

保冷剤入りで届きました!

月餅の時は、まあ特別なイベントだし、放送がしっかりしてるのもわかったんですが、今回のレギュラー商品でもこんな感じの、とても良いコート紙で作った紙袋に入って来ました。

そして中身はこんな感じ。わーっ、シンプルで素敵なボックス!そしてでっかい保冷剤!

今回はバイクでの宅配でしたが、なんか大きな保冷ケースみたいなのに入れて運んで来てたし、その時々によるのかもしれませんが、やっぱり丁寧でした。

こーのシンプルなボックスはいいなー。プレゼントにお渡しするのにもいい感じ♪

Sponsored Link*

食べてみる!

と言うわけで、改めて。
こんな感じです。いいですよね。贈り物でこんなシュッとしたのもらった「あらー気が利いてる!」って思いそう♪

BONBON

まずはボンボンー♪ 
いや、普通シンプルなのから行くやろうと自分でも突っ込んだのですが、気になってw

開けると…?とてもがっちり、フィルムがしてありました。そのフィルムの下にはさらにラップ(笑)。ラップはどうかと思ったけど、まあフィルムは食べ始めてからも使うと思うので、汚れないように、だろうなあ。

ちっとも溶けていなかったので、全くラップも汚れてなかったけど、きっと過去に色々あっての改善策なのでしょう。

で、中身!
おおっ、カラフル!カラーリングとプリント系なので、ザ・チョコ!って感じではなく、アート系。ここは趣味が分かれるところかと思いますが、このコーティグだと熱に強いと言うのはあるな。

で、下の方にある赤いボディに金のラインが入ってるのをかじって見ました。
ちょっとナナメっちゃいましたが…しかも派手かじってるんですが…(ナイフで切れよ…

2層になったフィリング。
噛んで割ってもこの安定感、美しさ。やっぱりガツーン!と来るタイプじゃないけど、ベルギースタイルのスッと溶けて行くチョコレートとのコンビネーションがいい感じ。

ナッツとベリー系のフィリングかな?緑の方はピスタチオ?って思ったけどよくわかんなかったw なんにしてもバランスが良い。

かとお思ったらこっちは、パッションフルーツかな?キュッと酸味がきいてて、そこにフルーツのフレッシュな感じが花咲く感じてとてもかわいい。

まだボンボンはこの2つしか食べてないのですが(多分この記事がリリースされた時にはもうちょっと食べ進めてると思うんですがw)えーっ、このボックス期待大!

紅茶のいろんなフレーバーセットも買ったので、

これは色々楽しまないと!
特にボンボンはチョコレートはコート部分のみを担ってて、中にはフルーティなフィリングがあったりもするので、ちょっとしっかり目に淹れた紅茶もとっても合うんですよね。良いっ♪

 

Neapolitans Box

さて、色味的にもこちらはさらにシンプルなボックスですが…?

その分、ふたを開けると、色とりどり!64pcですが、16種類もフレーバーがー!特に前回のギフトで、抹茶味のものを食べ(ホワイトチョコに抹茶をブレンドしてるやつ)ベースのホワイトチョコが美味しそうだな、とあたりをつけていたので、それから行こうっ。

はいっ、シンプル!
ただこのプレートにしてはしっかりとした厚みがあって、でも口どけが優しい具合に施してある。

これはプレーンなホワイトチョコですが、カカオはもちろんベトナム産。ちなみにホワイトチョコレートは普通のチョコのようにカカオ豆から作られてますが、カカオ豆から分離されたカカオバターが主成分。

その主成分にミルクと砂糖を加えて作る。なのでミルクの質も影響するわけで、そこがベトナムではちょっとディスアドバンテージ。ですが…

こちらのものは豊かで、でも甘すぎず、下手を売ってるブランドに感じる「練乳固めてるんちゃう?」と言う安っぽさもなく(その安っぽいのは安っぽいのでお値段が安けりゃ美味しいとは思うんですが)バランスがひじょーに良いと感じました。

バラスが良い、という表現は言い換えると個性の突出が少ないということでもありますが、いいんです。日常で、ふっと気を抜いた時に手を伸ばし、PCの画面を見ながらパクリと食べて違和感のないものが今はいいんです。

私、このホワイトチョコ好きだは。今度はバーで買う。

そして2枚目はこちら。ふふふ。他メーカー産でも私が大好きな、チョコレートとコーヒーのコンビネーション。

自分で焼くチョコレートケーキやクッキーなんかでも、ちょっとコーヒーを混ぜてビターさをましたり香ばしさを上げるのが好きなんですよね。Marouさんでも、La Belvieさんでも、コーヒーショコラは私の鉄板。

ではこちらは?

コーヒー豆をうまく加工してあるのかな。かなり細かくしたクランチーな食感のつぶつぶが散りばめられていて、なめらかなベルギースタイルな舌触りのチョコレととの対比が楽しく、チョコの中にあって、小さいながらもサクサクしてるので口内に触らない。

えーっ、美味しい!
なんかこうもっとプリミティブにガツーンガツーン!と決闘させてるようなコンビネーションが多かったので、非常に優雅に感じ時ちゃうっ。へえっ!

これがバーサイズになるとまた変わって来るのかもしれませんが、このプレートでいただく分には、実に優雅!好きーっヾ(@⌒▽⌒@)ノ

毎日ちょっとずつ新しい味♪

というわけで、これからしばらくは毎日「新しい味」を楽しめそうです。また「これは!」というものがあれば追加していきますね。

紅茶も新しい味が目白押しだし、毎日のお茶タイムがとっても楽しみ!
単調になりがちな毎日だからこそ、こういう小さなアイテムで、新鮮さを生活に取り込むのは大事!きっと大事!すごい言い訳めいてるけど多分大事!(笑)

皆さんもよろしかったらおためしあれ♪

Webショップ情報

D’art Chocolate


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました