一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【バンコクで買ったお土産】胃安薬

@タイランド
Sponsored Link

noteにも書いたことがありましたが、ワタクシ、漢方と大変相性が良い。というか、漢方に救われたことが過去に何度もあるので、未病対策や日頃のサポートに漢方を取り入れるのが大好きでございます。(もちろん都度状況によって、西洋医学も尊重します)

なので東南アジアの中華文化が入り込んでるところに行ったら、そこの何かしらの日常役を試すのが密かな楽しみなのですが…ワタクシにとって有用そうなものといえば…?

 

見るからに私に必要そうな胃安薬

 

風邪薬や痛み止め云々は必要ないときに飲むものではないし、肝臓への負担もかかりそうな気がするので、よく試すのは胃薬。

いや、試すというか、実際旅行に行った時は胃袋が足りなくなって大変なので、サポートサプリ的に活用することが多いのですが…(そうまでして食うなよ、食い意地張りすぎ…)

 

 

みてこれ、いかにも胃に優しそう(笑)

パッケージの裏にはタイ語でバーっと書いてる部分もあるのですが、タイのサプリや漢方薬系統のものには、こうして漢字がそのまま使われてるものも多いので日本人的にホッとしますな。

 

どうやら右から左に読むっぽいのも、ノスタルジック(薬をそんな基準で選ばないですよっ)。

毎時式佰粒庄。。。100粒入りってことかしら???もうちょっと入ってそうな気がするんだけども。

 

 

飲んでみた感じは?

 

どうやら1回に10粒という処方らしいです。10粒?!と思ったけど、小さいので大したことなく、サクッと飲めます。

コーティングしてあるので、お水で流し込めば特に苦いとか臭いとかなく、正露丸の何億倍も飲むのが楽( ・`ω・´)b

 

 

ただ、太田胃散とかあんな感じで、飲むと即座に胃がスッキリ!みたいな感じじゃないです。あくまで一定期間続けて飲んで胃腸の調子を整えるって感じでしょうか。

効用書きから推察するに、胃への違和感、消化不良、胃酸過多、膨満感?など、なーんとなくの胃の不調に良いっぽい。

 

 

寒胃氣痛、ってのが漢方っぽい言い回し。私は漢方の用語に明るいわけじゃないからあれなんですが、たまーに体験する「胃腸が冷えて動かない苦しさ」みたいなのにいいのかなーと思ったり。

胃腸が動かない、って、経験したことない方は想像できないかもしれませんが(私も経験するまでよくわからなかった)…

胃腸は動くことで体芯部に熱を起こしています。まずそれがなくなるのでお腹全体が冷たい。表面から触ってもその冷えがわかるほどで、動かないから食欲がなくなるどころか、飲み物すら受け入れるのが辛くなる。

体の中に熱が起きないということは、諸々の機能低下も起こすので、だるく、動くのが億劫になり、思考も巡らなくなるので、とにかく横になりたい。。。みたいな感じになるんですね。これは厚着をして外から温めてもなかなか回復してくれない。

私なんかはそういう時、温熱級をツボに貼って湯を飲み、ひたすら暖かくして寝たりするのですが、相当きつい。あまり頻繁にあることではないのですが、そういうのが防げるんだったら、いいなぁ。

数日飲んでみたのですが、やっぱり作用はとても穏やかで気づかないほどですが、そういえばググッと空腹を感じることが多くなったような。

……これまで以上の食欲が…???(・∀・; (いいんだか悪いんだか)

でも、胃腸が安定して動いてくれてる感は感じました。あんたはもうちょっと胃腸、動かんようにしたほうがええんちゃうかという話もあるけど、それはまぁ置いといて。。。

 

Sponsored Link*

寒い季節の生姜豆知識

 

ちなみに胃が冷えてるなと感じた時に、体を温めるから!といって、生生姜を取らないように気をつけましょう。取るなら加熱か乾燥生姜。

もうこれは結構出回ってる知識ですが、これから寒くなる日本にお住いの方、また冷房に当たって体が冷えることが多い南国在住者の方に向けてもリマインド。

生生姜は血行を良くして体を温めますが、その時に感じるのは手足の先のポカポカさ。ということは、血を巡らせる=末端にも行き渡らせる=体芯部の血流が分散される、ということで胃腸の冷えにはマイナス。

その昔、夏に冷やし飴、という生姜を使った飲み物があったと聞きます。生姜を使ったやつ。それは体内に熱がこもらぬよう、末端への血流を促して発汗につなげ、最終的に体温を下げる効果を狙ったものだとか。

胃腸が冷えていたり、体芯から温めるために生姜を取るなら、加熱・または乾燥したものを使います。加熱・乾燥させることで生姜内の成分に変化が起こるんですね。変化が起これば結果に違いが表れるのも通り。

乾燥したもの、と聞くと、自分で乾燥させないといけないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あれです。ホーチミンだとスーパーに行けば「ジンジャーティ」というのが売っていて、要は乾燥生姜+砂糖の、お湯で溶いたらはい生姜茶、的なものが廉価で売っています。

日本でもそいういうの、ありますよね。あれ、結構煮物を作るときなどにも便利なので(煮物にはどうせ甘味も足すから一石二鳥)常備しとくと良いかもですね。

 

ちょいと話が逸れましたが、とりあえずこの胃腸薬は急な症状の対処用というよりは、日頃からのサポート食品的なものかな?と感じました。まぁ薬はなんでも常用しすぎるのは良くないので、すこーし違和感を感じたときなどに使おうと思います(^・^)

 

 

買ったお店は、こちら

 

 

他にも、ドラッグストアなどで買える可能性があります。

 

 

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました