≫ デリバリーで外食を楽しもう!直でオーダーできるお店を紹介(ホーチミンのレストランは2020年3月31日まで一時営業休止になりました)

【台湾・台中】台湾といえば夜市でしょ! ~ 一中街夜市

@台湾
Sponsored Link

さあ、台湾といえば夜市です!台北の夜市が旅行者さんには馴染み多いかもしれませんが、他の地域だって負けてませんよ!今回は台中の一中街夜市!

学生街に近いので若い人たちが多い!!

行ったのは平日だったからか、そこまでギュウギュウに混んでる様子ではありませんでしたが、なかなかの賑わいだったこの日の一中街夜市。おそらくは近くに住む学生さんたちが、日常の晩御飯の場として使われてるのかなー。

夜市が賑やかになり始める交差点にあったこの建物の牛さんのロゴマーク。やだ、ホーチミンのどっかの飲み屋街にあるブルロゴのお店みたいw

見目に賑やかで、通るのには苦労がないほど良い混み具合。あまり空いてても気分が盛り上がりませんし、と行って混みすぎても大変ですものね。

 

少なくともこの日は頃合いの加減の人出でした。

 

色とりどり・ジャンルも豊富な屋台の食べ物!

日本でも夜市の名物の中に飴がけのフルーツがありますが、台湾ではトマトに飴がけをするのもポピュラー。これが悪くない。

日本でもトマトに砂糖をつけて食べる地域があるくらいで、トマトと甘みの相性、悪くないんですよねー。特に台湾はお野菜が美味しいので打って付けのレシピかも!

煮物や燻煙ものも豊富。普通に買って帰ったらその日のおかずになりそう。
1品、35円くらいで買えるお店もあるのですが、もうほとんど駄菓子価格ですね。。。

正直情報が出回ってる最近では、そんなに見目に新しいものがあるわけじゃないと思いますが、やっぱりちょいちょい買い食いできる、しかもお値段を気にしなくて良い台湾屋台は魅力的。

地元の方が積極的に使われてるのが何よりのオススメポイントですよね。台湾、本当にレストランの激戦区なので、下手なもの出しても勝負にならないわけで、その中でも現地の方がよく買われてるお店って、それだけで選択基準になりますもの。

 

色々食べて見た

というわけで、まずはちょっと腹ごしらえ。我が家餃子が大好きなので、早速飛びつき食べて見た。30元。100円ちょっとでしょうか。

で、これくらいの量の餃子が食べられます。蒸し餃子。

しかも美味しい。
ホーチミンにも100円前後の美味しいものはありますが、餃子でこれ。お安い。

ドリンクはなかったのでこれも台湾名物とも言える、スイカジュース。これも安い。500ml以上のサイズで100円ちょっと。

ホーチミンで20,000vndでこれはなかなかない気がする。。。みかんジュースとかはあるけれども。。。

 

あと、ビュッフェ形式で並べられてる食材を勝手に取って、好きなものだけ食べるというシステムのものも。今回はおでんでやって見ました。

あ、流石に点心はそのままですが…(笑)
こちらの練り物コーナーのものは、すきなものだけを、備え付けのザルにピックアップします。

だいたい1ついくら、ですが、小さいポーションのものは3個でいくら、という価格つけになってるものも。知らなくて、1個だけぽいっとカゴに入れてたら、温めてくれるときに、お店の方が黙って3つにしてくれてましたw

だいたいの屋台は買ったら歩きながら食べるか、空いてるスペースに行って食べるかなのですが、たまに店舗構えのところがあって、こちらのお店なんかは、これらの食材が並べられてる奥にスペースが。

「冷気解放」
なんならエアコンが効いてるスペースもあってありがたいw

こんな感じで、ピックアップした食材が直前に出汁の中で温められて盛られて出てきます。

温かくなっておいしいというのもありますが、暑い国ではこれ、殺菌という意味もありますね。賢い提供方法。

湯葉とかがあってくれるのが嬉しいですよねー。甘味噌につけていただきます。うまし。

つるんとした表面に細長い楕円+端っこがシューっと細くなってる形状から、イカ??と思って取ったものは、肉餅でしたw もっちゅらもっちゅらヽ(・∀・)ノ

たこ焼きは、非常に不慣れそうなお兄ちゃんが焼いてましたが、ホーチミンでもたまに見かけるイイダコそのまま入れたやつだったのでトライ。

チーズが乗ってるのがデフォのようですが、それにさらにチリソースやら何やらをかけたりする様子で、もうたこ焼きの原型をとどめてない気がしますが、果たしてお味は…?

ネギ塩を頼んだのですが、これがうまーい!!純粋なネギ塩じゃなくてベースにはチーズもあるわけですが、それが邪魔せず、非常においしい!6個500円と屋台の中ではかなり高額だったのですが、その価値はあり。

私、正直たこ焼きのタコにそんなに重きを置かない人なんです。食感には若干の影響がありますが、味にそこまで強く寄与してる感じがない。なんせソースの味が濃いし、生地のダシの味がおいしいのであって、そこにタコが追い出汁をする感じでもないし。

下手したら入ってなくてもあまり文句を言いたくなるタイプではないのです。生地が美味しくソースと青海苔の競演が楽しめれば、的な。

ですが、ここまでタコの存在感が大きいと、「タコ焼きうめえ!!」ってなりますね(笑)。このたこ焼きがどのくらいオリジナルのたこ焼きと同列に語れるかは別としてw

 

動画で見る屋台のあれこれ

一中街夜市、歩いてみた感じはこんな雰囲気なのですが、ちょっと興味深い食べ物もあったので、動画に収めてみました。

まず気になったのは、この行列ができてるお店。なんのお店だろう??と覗いてみると…?

あーっ、葱油餅(ツォンヨゥピン)とか、葱抓餅(ツォンジュアピン)と呼ばれるやつですね。台湾でいう「餅」は、ベトナムでいうところの、Banh に当たるような使い方をされることが多い印象。「生地」ものとして全般を指す、みたいな。

で、この食べ物、ちょっとマレーシアでよくみるロッティチャナイに似た見た目。

こんな感じで、生地の部分が層になってる。ちょっと杯みたい。
だし、これは仕込んで寝かせてよくグルテンを出した生地を伸ばしてバターではなく「ラード」を塗り、何度か折りたたみます。

グルグルぐるっと巻いて棒状に。その棒状になったものを、今度はカタツムリのようにグルグルと渦巻き状にまとめます。

こうすることで生地と油が交互になった、しかもその油の層が縦横にまとまった生地が出来上がり。この脂の部分が焼いた時に空洞となり、生地の層となるんですね。葱油餅の特徴。なんせグルテンごっつりの生地ですからね。

ただグルテンがしっかりしている生地に、塗った程度の脂では立ち上がりがない。ということで、ある程度火を通した生地を、このように扱うのです。

鍋肌に叩きつけてる。。。( ̄ー ̄)
なかなか激しいですがw、こうすることで生地部分と脂部分が剥離し、間に空気が入り込むんですね。

ただ見た目のフワフワ感に対して、意外としっかりした食べ応えがあるのがこちらの葱油餅の特徴。生地だけを楽しむもよし、中に具材を挟むもよしですが、少量を数人で分けて食べるのが、他にも色々食べる時のコツかと思われます。

ちなみに大人気店のこちらのお店、ずーっと行列ができてましたが、手際よく作ってくれるのと、整理券を渡してくれて、並びっぱなしにならないのも良い。効率よく客をさばけるようにもなってて感心。

3.5万台湾TWD、12万円弱でバイト募集があってましたよ( ̄▽ ̄)

で、最後にこちらのお菓子は、食べなかったのですが興味深い作り方をしていたのでご紹介。狀元糕(ジュアオ ユェンガオ)というお菓子で、その形が、ある分野の学術で好成績を収めた人が得られる狀元帽という帽子の形に似ていることからつけられた名前だとか。

その由来から、合格祈願じゃ学術成就のためにも食べられる縁起のよい食べ物ともされますが、単純に美味しく、人気の高いスイーツでもある様子。

すでに加熱加工されていると思われるホロホロのコメ粉を使った生地とピーナツを砕いたものやゴマを砕いたものと砂糖を合わせたものを交互に型に入れ、その型を下から20〜30秒ほど蒸し、そうっと下から押し出すように型からはずしたら出来上がり。

見た目ホロホロしてそうですが、聞くところによるとシットリとした蒸しパンのような食感らしく、味的にはその素材から素朴な感じが想像されます。もうお腹いっぱいだったので食べれなかったけど、これ、次回はトライしたいなー。

 

一中街夜市の良いところ

というわけで、一中街夜市。いつもがどんな風かはわかりませんが、程よい混み方であったことと、お店の出し物があまり被っておらずバリエーションが豊かであること、広すぎないのでグッタリ疲れないのが良いところw

あと、屋台の裏側と建物の間に、ちょっとした腰掛けスペースがあり、そこに持ち込んでゆっくり食べられるのも良いところ。

今回は、この東京表参道の向かい側にあるスペースでいただきましたw

あるんですよ、食べるスペースがなく、立ったまま食べるしか選択肢がない夜市って。もしくはスペースをがっちりお店が買うか借りるかしてて、その店のものを食べるのでなければ座らせない、みたいなところ。

それはそれで当然の権利とは思うのですが、屋台全般としてみたときには、誰でも使える共通のスペースがあって、いくら食べ歩き用のものとはいえ、ちょっと落ち着いて食べるスペースがあってくれた方がありがたいですよね。

もし自分がイベントやその他をやるときには、他山の石として学びたいところ。あとゴミ捨てスペースもしっかりしてた。

 

巨大な夜市も、圧倒される感があって楽しいものですが、本当に「晩御飯を食べに行く、調達する」という実利的なものを求めて行く際には大変使いやすい市場だったと思います。

もちろん、台中には他にも夜市があるようですので楽しみ方は色々だと思いますが、よろしかったらお試しアレです、一中街夜市(^・^)

 

 

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

 

夜市情報

一中街夜市
404台中市北區一中街
Time : 11:30 – 23:00(日中はお店が少ない事が予想されます)
Soent: 200TWD / preson

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました