一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

【ちぇり飯!】OXテールの煮込み

Sponsored Link

好きだったけど、日本では使う機会が中々無くて、
ベトナムに来てから身近に使えるようになった食材。
豚舌、ハチノス(牛の胃袋)、オックステール!
まぁ豚舌は日本でも割とメジャーになってきてたけど
スライスされたり下味をつけられてるものだったりして、
丸ごとを使いたかった(私が住んでる地域では)
お肉屋さんに事前に伝えて取り置きしてもらっとか
ないと行けなかったんだよねー。

それがベトナムに来たら豚舌はいつでも買えるし、
ハチノスはとてもきれいに掃除されてるし、オックス
テールなんてとてもきれいだしボリューム満点。
ほら♪
th_IMG_1881.jpg
『この状態の物を見て涎垂らす人がどれだけいるですかね( ̄▽ ̄)』
とは旦那さんの談(笑)
いや、どーーー見ても美味しそうやろ!(笑)
こんなに立派なオックステールは、正直そんなに何度も扱った
ことがありません。でもメトロには普通に売ってます。
勿論その日の仕入れや売れ行き具合によって棚に無いことも
あるので必ず手に入るとは言えませんが、ある時は本当に
立派な物ばかり♪

シッポはかなり皮厚で、火を入れる当初は(これ本当に
柔らかくなるとかいな?)って心配になったり、なんだ
ったら出汁を取るだけの覚悟をしちゃうわけですが…
th_IMG_2303_20150526010450444.jpg th_IMG_2327.jpg

わっほーい!!
コーラゲンタップリなミッチリ食感。
おでんのアキレス腱をトロトロになり過ぎない程度に
煮た感じのもっとしっかりバージョン。脂は少なく、
齧り付いても全然ギトギトしてないし、ソースもさっぱり!!
ちょっとお行儀悪いけど、パスタにぶっかけて食べたら最高!
って、それもうカレーうどん的な…(^^;
一度軽く茹で溢し、大玉3つと言う大量の玉ねぎと
一緒に炒め、ワインを200ccずつ程を加えては煮詰め
加えては煮詰めを繰り返して一本丸々突っ込んだら
少しのブイヨンとフレークのドミグラス、または、
あればビーフシチューのルーを加えて保温調理で熱を
入れること約2晩。時間がかかるだけで、殆ど手が
かからない状態でこんなに美味しくなるなんて!

冷蔵庫で保存すると、もうソース全体がギッチリと
コーラゲンで固まります。加熱するとすぐに解ける
わけですが、もうなんかこれはお肌に良いに違いない!

というプラセボを焚き付ける要素満載。
経口ではコラーゲンは殆どお肌に届かないなんて話も
ありますが、いいんです。良さそうだ、と思うことが
大切ですっ ( ・`ω・´)b ←また根拠の無いことを…

ってか、味が素直に美味しいのでね。(自画自賛)
パンに合わせても美味しいし、さっぱりしてるのでスープ、
とまではいかないまでも、汁物的位置づけで頂くのも良し。

なによりテール部分がタップリ食べられるのに脂が少ない
ので胃もたれも無く、満足度に対して身体に優しいのも魅力。
これ、韓国のソルロンタンのようにサッパリとしたスープ
仕立てにしてもきっと美味しいんだろうと想います♪

リーズナブルなお値段で、テイル料理が楽しめるなんて、
お得だわー、幸せだわー♪ 肉質から生肉状態で冷凍しても
劣化が少ないのも魅力。テールなんて料理したこと無いわ、
という方も、決して難しい物ではないので、是非一度トライ
してみてはいかがでしょうか♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました