一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンのローカルメニュー? ~ Ga Bo Xoi Delichi

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

ホーチミン市内であまり頻繁には見かけなかったけど気になってたメニュー、Ga  Bo  Xoi。さてこれは一体どんなお料理?

 

 

まん丸ボールのドッシリさん

 

いや、ワタクシのことではなくて(๑•̀‧̫•́๑)
ちょっと気になってるレシピがあったんです。たまに話を聞いたり、自分でもチラと見たことがあるんだけども、食べたことがなかった料理。

いつも使ってるデリバリーサイトがなんだか知らんが使えなかったので、今回はFoody経由でも見れる、Delivery Nowってとこを使って見た。そこでこんなものを発見。

 

本当はフライドチキンのキーワードで探してたので、こんな料理は期待していなかったのですが、目に入って着たメニューを見たら、おおっ、気になっていた料理ではないか!!

 

Ga  Bo Xoiってやつ。夫婦二人だから1/2でサイズ的には問題なかろう、と思ったのだけど、やっぱり絵面が欲しくって。。。ホールサイズにした。それでも1500円くらいだし。だしっ。←言い聞かせてる

で、頼んだら来ました、来ましたよー♪

 

 

ズシッヽ(・∀・)ノ
重いなー。予想以上に重い。

 

 

別添えのお野菜は、なんかの葉っぱとキュウリのざく切り。手前のお漬物みたいなのは別注文。高菜の漬物っぽかったので頼んで見た。⑽kだったし。これは結果的に、メインにも添えられてたので、ちょっとだけ食べたい人なら頼む必要なし。

それにしてもあんまりずっしりしてるので、思わず計測。

 

 

うおーっ、ほぼ1400g!!
重いはずだ(・∀・;
さてさて、どんなものが入っているやら?

 

 

初めて食べるのに懐かしの味?

 

発泡スチロールの容器を開けるとそこには…?
ドーン!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

 

ハンドボール?(・∀・)
ってくらいの大きさの茶色い球体。
巨大焼きおにぎりのようだ。

 

 

そして容器の横川はV字にカット。まだほこほこ温かかったから、蒸気逃す用の隙間なんだろうなー。これで完璧に防げるとは思えないけど、少なくとも穴を開けずに蓋をして運んで来るよりはるかにマシ。

こういうとこ、他の料理にも見られるけど、細かいよねー、ベトナム。

 

 

で、お皿に盛り付けて見ました。
ってか、お皿なかったので、オーブンの天板にアルミ箔を敷いて対応。かなりでかいな。。。

野菜は、さっき書いた通りの別添えですが、タレもついてた。塩胡椒+クムクワット(キンカンみたいな柑橘類)も。ほお。

 

 

ご丁寧にプラ手袋もついてましたが、まだあっちあっちだったので、最初の一歩は包丁で行くことに。

 

 

ごつい。包丁は45度の角度をつけて入れましょう。上の写真のように水平に入れると、カボチャにそうした時のように、にっちもさっちもも行かなくなります(。-_-。)

で、一旦割ったらプラ手袋を使ってメキメキ割り開きます。すると…? 中からは、香ばしい香りのローストチキン!!の、ぶつ切り!!!

 

 

蒸気とともに、ものすごく良い香りが立ち上り、加えて周りのお米が揚げられた香ばしさも相まって、おご馳走感が高まります!!うほー!!

 

 

こんな風に作るそうです

 

そういえばデリバリーサイトに作る過程を使ったプロモビデオがあったので。

 

 

北京ダック風に、丸ごとの鶏に何度もタレを回しかけつつ蒸し煮にした取りをバンバン叩き切って、まとめて伸ばした餅米で包んで球体に。それを丸ごと挙げるという寸法。

言うたら、ライスコロッケの遠い遠い親戚みたいなもんかいな。餅米でそれをやると言う発想、そしてこのでかさでやると言うのも到底思い浮かばなかったが、これ、不味いわけはないよね???

 

 

Sponsored Link*

タレも塩も両方イケるし、鳥も餅米も美味しいぞ!

 

ついているタレはヌクマムベースだったので好き嫌いはあるかと思いますが、甘辛仕立てて美味いじゃないか。鶏肉はもちろん、周りを包んだ餅米を揚げたものをちぎって、このタレにつけて食べると…?

 

 

なっ、懐かしい????
なぜに?この料理を始めて食べるのに、なぜに懐かしい???

と、思ったらあれです。お米の周りのカリカリ加減と、それに対比される中の餅米感。そこに甘辛醤油。これはストーブの上でじっくり焼いて、外をガリガリに焼き上げた、ちょっと古くなったお餅を砂糖醤油につけて食べた時の味!

ま、揚げてあるんでそこに油っぽさは若干加わりますが。。。へー!!これは面白い!!

 

 

鶏は骨つきのブツ切りなので、面倒臭いと思われる方もおられましょうし、お子様が召し上がるときにはご注意された方が良いですが(子供に容赦ない仕様の料理、ベトナムには結構あるよね・苦笑)この鶏がまた地鶏っぽいといいますか、プリュップリュ、シコッシコした歯ごたえで美味い。

骨がガツガツあるので食べにくいというのはあるけど、実に滋味深い。日本の廉価な鶏肉によくある、ぶよぶよブロイラー感がなくて大変に良い!

鶏肉は一旦その鶏肉と先ほどのタレの相性も良く、且つ、塩胡椒+クムクワットもあっさりで美味しくて、それは餅米部分で同じことをしても同じこと。

切り分けてお箸でいただくのもいいですが、もうある程度の温度になったら、余分にプラ手袋を用意して、バンバン手づかみで食べるのも良いかもしれませんね♪

 

 

一番美味しいとこと、残り物の復活度

 

当然ですが、これ、2人では食べきれませんでしたw が、鶏は骨つきなので、思うほど量は多くありません。2/3くらいは食べちゃったかなぁ。

残りは冷蔵庫で保管。改めて食べるときはラップをした状態でレンジでチン。餅米部分も鶏肉も、その美味しさを取り戻しますから、残ったとしても大丈夫。冷凍も問題ないと思われますが。。。

 

 

頭の部分は、冷凍冷蔵しない方が美味しいかも?いえ、やってないんでわかりませんが、脳みその部分、かなり水分が多いんで、特に凍らせた場合は食感がどうなるかわかりません。

 

 

この白い部分な。鳥頭食べても、あんまり賢くはなれなさそうだけど、美味しいねん(*´ω`) 美味しいからここが残ると言うことがなく、冷凍実験はまだできてません。。。

え。そもそも頭を食べない??え????(・∀・;

 

 

アルミ箔推奨

 

オーブンの天板を使うことにしたはいいけど、そのまま載せるとあんまりにも見栄えが悪いな、と思ったからアルミ箔で急場をしのいだわけですが、これが思わぬ功績を( ・`ω・´)b

 

 

食べ終わったら、鳥の骨やら何やらかにやらをザクッと包んでぽいっと捨てたら、はいおしまい!!

こう言うのって、ポットラックパーティなんかで持ち寄る時にも良いんでないかい?持ち寄りの際は、あまり現場で手をかけなくて良いものをってのもありますが、片付けが簡単ってのもポイントだよね。

その点これはすごい優秀。めっちゃ簡単、めっちゃ手間いらず!!

ハーフサイズの場合、単純にボールの大きさが小さくなるんだと思いますが、冷蔵保存もできることだし、ここはまぁ2人でも大きいのを頼んでおいて無駄にな流ってことはなさそうです。

パーティの時にドーンとこれがテーブルにあれば、何々???って話題にもなるし、ベトナム料理のローカル感も味わえる。それでいて日本人の口には馴染みやすいと言う親和性の高さ。

ヌクマムが苦手な方は別途砂糖醬油やら、なんなら手元に焼肉のタレとか、酢醤油を急場で作ってもよろしいな。これ、ちょっと良いアイテムなんじゃありませんこと?

逆を言うと「こんなの食べたことない!!」って言う味でもなければ驚きもありませんけど、日本人としてはアトラクション的にちょっと楽しい一品です。ええやんか、これヽ(・∀・)ノ

Delivery Now ではクレジットカードの登録が上手いことできなかったのだけがアレでしたが、今度またトライしてみようっと!

 

 

 

 

お店情報

Ga Delichi

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました