【これは使える・御用聞きJAPAN!】日本から何かを送って欲しい時にLINEで気軽に相談できちゃう?!これは便利で楽しそう!
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

ホーチミンのお洒落スポットは恥ずかしがり屋さんなのか隠れたところに! ~ CTY Kitchen & Bar

バー
Sponsored Link

打ち合わせ兼ランチに行こう!ということで日曜の昼に行ったのですが、大人気(๑•̀‧̫•́๑) こんなスポットでこの価格帯で、想像してた客層とは違うグループが多くて色々びっくり!

Hai Ba Trungの路地奥に

初めて行く人だったり、人を連れて行くときには是非、Hai Ba Trung 通り側から入って欲しい。実はもう一つ入り口があって、MGalleryの右隣にある、

⬆️のお店が入ってるビジネスビル1階奥右側からも入れるようになってるのですが、Hai Ba Trung通り側からの方が雰囲気あります。 てっか、怯まずこの突き当たりまで行ってください。

近くと、ロゴが見つかります。大通りの入り口からみると、ちょっと見、お店があるように目ないのがミソ。

ちなみに私たち、この日はその、MGallery横・Nguyen Thi Minh Khai通り沿いにあるビルの方から入ろうとしたんですが…

Hai Ba Trung の方に回って入ってね、というサインがあったので、Hai Ba Trungに回って、「こっちの方がええやん!」と思った次第。まあ、ビルの方が直結でいけるというのは、ランチタイムに使う場合とかには便利なんだと思いますけどね。

オープンバーのような店内デザインにファミリーグループ?

で、店内。
Hai Ba Trung から入った場合、ちょっとしたテラス席があり、いい感じ。

外向きにカウンターも作られてて、その前の1〜2人席はずらりと満席。おお…日曜日の昼なのに…いや、日曜日だから?大盛況だな。ただ日本人のワタクシにはちょっと暑い(・∀・;

一応屋内席もあるのですが、基本的にはーオープンスペース。エアコン+送風で屋内スペースはかなり涼しくはありますが…

人ごとながら、電気代が怖いよー(><)
で、私たちが入った時はこんな感じで7〜8割の入りだったのですが、その後続々グループさんがやってきて…

その多くが、小さなお子さんを連れてきてるご家族づれ。しかも核家族というよりは、親戚一同、または数家族がまとまって、というかんじ。

でも…見た目はバーなんですよ。実際、カップルさんやお友達同士できてる人たちはお若くておしゃれ属性で、普段からクラブとかに行きつけてそうな雰囲気満点のイケ女子&男子。箱もその方達をお迎えして十分に絵になる様相なので…

自分ん感覚からすれば、そこにベビーカーを押してくるというのはちょっとミスマッチな気が気がしないでも無いなと思ったのですが、もちろんホーチミンはホーチミンはそんなケチくさいこといいません。

スタッフさんもお子様連れ大歓迎な感じだったし、周りもそもそもガヤガヤしてるから、お子さんが少々元気に話したってガヤガヤの方も負けてない(๑•̀ㅂ•́)و✧

実際店内は何のトラブルもなく、イケてるバーに家族づれ、という不思議な光景があちこちに繰り広げられておりました。ここ、もう長いんだっけ?すごい人気と安定感だな。

だって、そういう楽しみ方をしてる人が当たり前にたくさんいるって、すごいと思うの(๑•̀‧̫•́๑)

メニューがちょっとRoganに辛い

さてメニューですが…お店の様子を見ると長いのかな?と思ったのですが、メニューをみると、まだ始まったばかり?という感じ。

ペラ紙に印字されただけと言った感じで、間に合わせ的ではあるけど、フォントがこれってのは意図的なんだろうか…

何にしても、Roganには辛い(-“-;)
のでジックリ見て見る。週末メニューは牡蠣があるのね。軽くオイスターブランチしにくる人が多いのかも。

食事も色々あるんだけど…

チキンカツだったりオムレツだったり、中にはすき焼き、なんてものもあって、かなり日本料理を意識してる感じが見られる。お店の様子は全然そんな感じじゃ無いのに。

あ、ドリンクはこんくらいの金額なので、ちょっとお茶しにくるのもありかも。

モクテルもどうやら充実していそうなので、夜、お酒を飲む人ときて、自分はあんまり飲めないなーって思ってるケースでも大丈夫。

ホーチミンはその辺、「飲みたくないシチュエーション」を素敵に過ごせるのでいいですよね。

Sponsored Link*

あえての際系を攻めてみた!

Sukiyaki

というわけで、お食事です。
まず、ご一緒した方は、Sukiyakiを頼んでました。

Sukiyaki にライ麦トースト!!!
もちろん味付けもそのものではなく、甘辛ベースは守りつつ、焼肉のたれ的な雰囲気を醸しながらの割り下で味付けしてました。

一見こじんまりに見えたのですが、牛肉もそこそこたくさんあって柔らかく仕上げられてて、グリルどアスパラは美味しそう。あと、男性には少ないんじゃないかな?って思ったけど、パンのボリュームがあるので、そこそこ満足できたらしい。

というか、このパンをね、ライ麦にしてるところがいい。これ、白系のやつだとちょっと変わってくると思う。安易にバインミーにしてもまた違和感。

でも、ライ麦パン。しかも香ばしくローストしてある。それは醤油の風味にとても会いそうだし、すき焼きには使わない洋系のスパイスにもマッチする。

プラス、とても良い頃合いの温泉たまご。
正直、どういうキワモノが来るかと思ってたのですが、ちゃんと一旦消化した上でアレンジしている、料理をきちんとできる人の手による一皿、とお見受け。

そして私が頼んだのは…?

Sobaratta

バケラッタ?ヽ(・∀・)ノ
と、はしゃいでいったら、一緒に行った人が(若い)O次郎のことを知らなくて涙目になるなど…orz

そう、お蕎麦と4P’sさんのブッラータを乗せたものなんだそうです。
蕎麦とチーズ。意外に感じるかもしれませんが、ガレットが蕎麦粉を使った生地にチーズとハムを抱き込んで焼かれる料理であることを考えたらあながちおかしい組み合わせでもない。

つけダレは別にあるけど、お蕎麦本体はこんな感じ。中央に乗ってるのがブッラータ。そして麺の方を見てください。細い、茶色いものが混じってません?

これ、細切りのキクラゲ。しかもしかも甘辛く煮しめられている。これは食感にアクセントを与えるし、醤油系のつけダレとのコネクションにもなる。

純粋なもりそばではないけれど、例えばこれを蕎麦サラダだと捉えて見たらどうだろう?

そもそも蕎麦の手入れもしっかりしている。乾麺だけど、湯で時間もちゃんと守ってるし、きちんと〆られてて水気もしっかりと切られてる。

水を通さない材質のお皿だけど、余計な水分が一切溜まってなかった。日本蕎麦を出す店でもそこ、きっちりできてないところがあるというのに、その辺を大事にしてくれてるのは素晴らしい。

で、ブッラータ。最初はフォークとナイフだったけど、お箸を持ってきてくれたので、ブッラータを箸で割る(๑•̀‧̫•́๑)

そんなに水っぽいタイプではなく、サイズも小ぶりで、全体にねっとりした感じに収めたものだったのもナイスな感じ。これにシャバシャバなチーズは合わない気がする。

ちぎったブッラータとお蕎麦、それにワサビを一緒につけダレにつけていただきます。ちょっとつけダレの容器が広いのが食べにくかったけど…

ふふふ。これが悪くない。
つけダレはそばつゆというより、濃縮めんつゆ的な濃いめのものに多少のごま油?かな?と薬味を混ぜたしっかり味。

味の感覚は…ものすごい狭い例えで言うと、山口は川棚の瓦そばのような。うん、わかる人の方が少ないですよね(笑)

熱く焼いた瓦の上で茹でた茶そばを一部パリパリになるまで焼いて、炒めたお肉や卵、その他の具材と、ちょっと甘めのタレにつけて食べる、と言う料理がありまして。感覚的にはそれに近い。

今回のさらに肉はないけど、動物性のタンパク質があると言うところではリンクしてるし。

デザート

さて食事、多くもなかったけど、少なかったと言うこともなく、ほどほどの量。というわけで、デザートにGO!

このお店には、Cafe Mocha がある。
一緒に行った人も Cafe Mocha が大好きなんだそうですが、意外と美味しいものはどこにでもあるってものでもなくて、そもそもメニューにおいてないことも多いし、ポイント高い。しかも美味しかったし。

で、せっかくなのでデザートも。
この日は数種類しかなかったようで、ティラミスを選択。そしたらミルクレープのティラミスだった!

ちょっとお酒も効いてて自分好み。パフボールとの食感の対比も楽しくて、これはなかなか。ますますお茶だけしにくるのもアリかもしれない。

まとめ

メニュー的には日本の素材使ってるし日本っぽい名前もつけてるけど、これは少なくとも海外経験が豊富な方か、日本にはそんなに関わってないけど日本料理をよく知ってて、一旦本物を消化した上で独自のアレンジを加えてる感じ?

ここのシェフ、いつか会って見たいわー、というくらいには興味が湧いた。料理全般が200k前後が主要価格帯だったので、それを高いと取るかはい人それぞれですが、便利な場所にあるし、料理の腕は確かでした。

ただ大混雑だだった割にスタッフさんの数が少なかったのと、目の前のことに必死であまり客に目が行き届いてなかったので、テーブルのことをオーダーしたいときになかなか捕まらなかったのが難点。

ですがあれだけ支持があるとういのが、お店の良さを物語ってますよね。ホーチミンの方、食べ物のお店に関しては正直ですから。

今度は平日の夜とかに行って見たいな。
バーとしての本領もきになるところです(^皿^)

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

お店情報

CTY Kitchen and Bar
145 Hai Ba Trung Q1 or 72-74 Nguyen Thi Minh Khai Q3
Time : 07:30 – 22:00
Spent 450,000 vnd / person ←コーヒーも飲んだしデザートも食べたので

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました