一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンでフレンチレシピのショコラ天国アフタヌーンティ ~ Cafe des Beaux Arts (Mgallery)

スイーツ
Sponsored Link

ホーチミンにはいくつかアフタヌーンティがありますが、お勧めできるものはかなり少数(目につくものはほとんど全部試しました)。そんな中でもクオリティ、そして使いやすさ、環境の素敵さでダントツお勧めなのがこちらです!

※2021年3月現在、COVIDの影響位にくにより、ビュッフェ部分は無くなっています。その分、ハイティータワーのボリュームが満点になっている様子。

魅惑のショコラ初体験 Jun. 2017

ランチビュッフェやシーフードビュッフェで何度もご紹介したことがあるMgalleryさんですが、1階にあるティーラウンジで、最近、ハイティが始まっていたのをご存知だったでしょうか?

ハイティ、またはアフタヌーンティー。ホーチミン市内でおすすめしたくなる所ってのは個人的にはいくつかで、ひとつは、
Hayatt Hotel(土曜日限定)


こちらはゴージャス系。ただし土曜日限定ってのがネック。週末はなかなかお家を出難い方もいらっしゃるので、お勧めし難いこともあったり。

そしてお手軽系は、
The Library (Intercontinental Hotel)


インターコンチなのにお手軽だとぉ?!と私も最初は思ったのですが、こちらは2人分FIXのセットでビュッフェではありません。
でも十分に美味しくて、少々のベトナミーズフィンガーフードなども含まれ、甘いものとしょっぱいものとのバランスも良く、以前言ったときは330kドンという超お手軽価格でした。二人で1700円くらい。ケーキセットを頼んだと考えてもいいくらいのお値段。

データがもう3年前になっちゃうのでもしかしたら若干お高くなってるかもですが、それでもまだまだお安い価格。それ以外のハイティ、アフタヌーンティーは、あまり魅力に感じることがなかったのですが。。。。

 
二ヶ月程前から、Mgalleryさんの1階にあるティーラウンジにて、月〜土曜日の14:30〜17:00 に提供する、ハイティ、始めたんですって!!!
 
Mgalleryさんといえば、お食事ビュッフェが私の周りでは一番人気。そしてお料理のみならず、ビュッフェのデザートコーナーがとても充実していて、ビュフェのデザートとしては、ではなく、市内のどのスイーツショップをもってしても「ここが一番好きかも!」という方が続出しているほどの人気。
 
その数は、とても食事メインのビュッフェについているとは思えない品数で、且つクオリティも素晴らしいと私も思うのですが食事と合わせてのビュッフェとなると、どうしてもどっちも制限せざるを得なくなる。胃袋カートリッジの開発が本当に待たれる所なのですが…(真剣に待望しております)
 
こちらでは心行く迄スイーツを楽しんで頂けます( ・`ω・´)b
さぁ、フォトギャラリー、参りましょう!
 
 
th_IMG_1805.jpg
 
th_IMG_1807_20170114123824e4d.jpg
 
th_IMG_1808_20170114123825792.jpg
 
わーっはっはっは。ショコラレシピのオンパレード!!こちらのホテルはSofitelさんなどと並んでフランス系なので、そもそも日頃からショコラレシピに強い所だとは思ってましたが、ハイティともなると更にその色が濃く出てるようで、ショコラ・ラバーにはたまりません状態(*´ω`)
 
正統派のフレンチレシピだけでなく、ショコラ・ディムサムなんてユニークなレシピもあったりして遊び心もあったり。
 
 
th_IMG_1811_20170114123828986.jpg  th_IMG_1812_20170114123830c71.jpg
 
 
ショコラとバナナの揚げ春巻きに、蒸しショコラ包み。
ふふふ。面白い試みね。
 
シンプルなトリュフチョコも何種類も揃ってます。材料はインポートしているとのことでしたが、手を加えるのは全て専属のショコラティエさんなんだとか。
 
 
th_IMG_1815_20170114124259903.jpg th_IMG_1816_20170114124301ecc.jpg
 
th_IMG_1813_20170114124258fe0.jpg th_IMG_1817_201701141243024b5.jpg
 
個人的にヒットして(やっべーなこれ。。。)と思ったのが、ボトルの中に詰められている、ナッツと合わせたショコラの数々。これはあかん。。。美味しすぎる。。。
 
ケーキとなると、クリームやバターがコッテリってのもあるから自ずと制限かかるけど、この辺の質の良いチョコレートと歯触りの良いナッツとのコンビネーションは大変危険。とても危険。クランチーなパフが混ぜ込まれてるやつとか、ストップするのがすごい難しかった。。。
 
いやー、しかし言うても、甘いものばっかりだとさすがにそんなには食べられないわー、という方。こちらのビュッフェはチョコレートなりその他のスイーツはもちろん放題なのですが…
 
 
th_IMG_1828_20170114124700fdb.jpg
 
 
こちらが人数分、ご用意されていります。この日はフォカッチャサンドのようなものとスモークサーモンタップリのサンドイッチ、生春巻き。マドレーヌはまぁ甘いけどw 

鮭の手まり寿司。こちらは食べ放題ではなく人数分のみが一度提供されるスタイル。塩気のあるフィンガーフードもカウンターに並べておいてくれればいいのに、と思われるかもしれませんが、これらの共通点、おわかりになりますでしょうか。

 
そう、長時間放置しとくと「カッピカッピ」になってしまって美味しくなくなる。
 
且つ、アフタヌーンティーへはスイーツを求めて来て頂いているので、これはあくまでインターバルの為に用意して、且つ、美味しく召し上がって頂く為に都度、お客さんが着席されたのを確認してから作られるのだそうです。お心使いですなぁ。
 
 
th_IMG_1829_201701141247018fa.jpg  th_IMG_1830_20170114124703805.jpg
 
 
そういえば入り口の所にあったバードケージ!!
 
 
th_IMG_1820_20170114201115001.jpg
 
 
あんまりに見美しい造形で、最初、作り物かと思った(笑) 「これ、食品サンプル?プラスチック?」とか失礼なことを聞いてしもたよw
 
そのくらいに美しく小さくキッチュで美味しそう!!!もちろんこれらも含まれてるのですが、特に上段!
 
 
th_IMG_1821_201701142011173c2.jpg
 
 
エクレアの色々。
一番手前の地味色なのは、レモンクリーム&メレンゲで、アメリカンパイで定番の組み合わせのものをフレンチのシューに組み合わせたもの。ここのさ、シューがワタクシ好みのフレンチスタイルで、ちょーご満悦!
 
ホーチミンで探すのが難しい物の中に、シュー皮があると思うんです。色んなタイプのものがあって良いし、実際そりゃぁ色んなタイプのものがあるんですが、残念ながら好みのものが少なくて、シューは見ればトライしてみるものの、二度目は無い、ってケースばかりだったのですが。。。
 
 
th_IMG_1824_20170114201509686.jpg
 
いいわー。このシューは、とても良いっ。まぁ個人の好みなのでこれがお口に合う合わないはあると思いますが、特に私はこれのレモンメレンゲがお気に入り。
 
 
th_IMG_1825_20170114201511737.jpg
 
 
これと紅茶があったらもう、すごく幸せ。むー。ショコラなレシピが多いからコーヒーの方が全体には合いそうな気がするけど、このレモンメレンゲは絶対紅茶だなー。迷う(・∀・;
 
バードケージの下段にはプチフール。
 
 
th_IMG_1822_20170114201118721.jpg
 
 
こんな小さい面積だとさ、誰かがピックしてくとスペースが目立つわけですよ。でも日頃のビュッフェで拝見している通り、補充が実に速やかで、気がつくとすぐに元通りに満たされていると言う細やかさ。
 
ベトナムの良いとこビュッフェには共通して言えることですが、人員をしっかり確保して教育費をかけることもできるからか、この辺のサービス細部が実に徹底されてるんですよね。本当に素晴らしい。
 
あと以前からこちらのMgalleryさんが好きなのは、そのお味やビュッフェの充実ぶりばかりが理由ではなく。。。スタッフさん達が皆さんとても気持ちの良い方ばかり。実は先日マネジメントサイドの方とお話させてもらう機会があったのですが、その方自信がとても朗らかでユーモアがあり、なるほど「スマート」というのはああいう方のことを言うのだな、と思える方。かつチャーミング。
 
こっちはただの1客ですよ。なのに実に丁寧に陽気に楽しく、そしてインテリジェンスも欠かさぬ会話で、とてもとても魅力的な方でした。ああ言う方が上にいらっしゃるホテル。そりゃぁ隅々の部署にいらっしゃるスタッフさんにもそれが伝播しようというもの。
 
 
th_IMG_1827_20170114202659126.jpg
 
 
なるほどなー、と、ただただ納得した次第。お料理に対する姿勢を聞いても、やはりとても「品質」にこだわっていらっしゃって、対価以上にお客様に楽しんでもらえるように、とのお心遣いが随所に感じられるお話でした。まぁそれはこれまでのお料理からも見て取れる話。それは偶然の賜物ではなく、上に立つ人の理想であり、それが具現化されたものだったのだなぁ、と確信できて、とても嬉しく感じた次第。
 
こちらの金額、550kドン++
3千円弱。うん、単価だけ見るとお安くはないかもしれません。でもピアノの素敵な生演奏もあるし、ゆったりとした空間で、大好きなスイーツを心行くまで、特にショコラを楽しみたい、という方には…絶対おすすめ( ・`ω・´)b
 
ちなみに、シャンパンがグラス1杯ついたセットもあってそちらは750kドン++。シャンパンとショコラ。どこのセレブだよってコンビネーションではありますが、それがカジュアルにできてしまうのが、ホーチミンの良い所。
 
 
 
th_IMG_1818_2017011412430468a.jpg
 
 
愛でるだけでも美しいこのスイーツたち。これらを一度に思う存分楽しめるスイーツビュッフェ。しかも平日毎日やってる。これは。。。ちょっと朝食を遅めにして、こちらが開始の14:30までランチを抜いて挑むべし( ・`ω・´)b
 
お勧めしたいハイティが見つかって、個人的にもホントに嬉しい♪
こちらがチラシ。
 
 
 
th_IMG_1943_20170114212136449.jpg
 
 
あら、Naughty High Tea ですってよ(*´艸`*)
Why don’t we get naughty then ?
 
 

 

内容がさらに充実 May.  2017

 

そいえば、先日の緊急告知ネタを仕入れた際に見かけたのですが、こちらのショコラをメインに据えたアフタヌーンティー、紅茶のバリエーションが増えてました。

 

 

しかもTWG。わお。
日頃お部屋で作業しながらガブガブ飲むには、もう少しナチュラルな物の方が好きなんですが、なんと言ってもこちらのビュッフェのメインはショコラ。

となると、ナチュラルなだけの茶葉では負けてしまいがちになりますから、紅茶を合わせるとしたら、しっかりとしたフレーバーが足された物の方がバランス良い。なるほど、考えられたセレクトですね。

TWGについては賛否もあろう所でしょうが、「ショコラに合わせる」という一点にしぼれば良いセレクトなのかもしれません。

ってか、暫く行けてないなー。またお伺いしてショコラまみれになってみたい。。。(ちぇりさん、おつかれさまですか?w)

スイーツの内容も進化してるかもだし、また近々様子を見に行ってみたいと思いますー♪

 

 

新作続々 Mar.  2018

 

ここのホテルの何がすごいって、すでに素晴らしい内容のものに安住せず、常に、よりよくするにはどうしたら良いかということを考え、実践されていらっしゃるところ。

なんどもご紹介しているこちらのショコラビュッフェ。市内のアフタヌーンティーの中では、質だけ見ても出色だし、コスパも素晴らしいと私は踏んでます。

 

久しぶりに伺ったらタワーの内容も変わってました。こちら、ビュッフェの中にサンドイッチやその他の塩味ものは含まず、タワーが人数分出てくると言うシステムです。

これは、乾燥などで料理の劣化を防ぐため。お料理を大事にしてらっしゃるし、結果、お客さんも大事にしてくれてますよね♪ 以前はサーモンの手まり寿司などがあり、そこ、ちょっと不要かなーと思ってたのですが、すんごいグレードアップぶり。

 

下の段、ちょっと陰ってしまうのですが、いくらとスモークサーモンのカナッペ、スモークサーモンとアヴォカドの生春巻き、ミニタコス、タルトはマッシュルームベースにトリュフ風味…

甘いものの合間合間に食べてバランスを取ればよかったのですが、どれもあまりに美味しくて、うっかりガツガツいっちゃいました(苦笑) 

時間が14時半からってことで、お昼抜いて我慢してたのがスイーツに向かわずタワーの料理に。。。(笑)

 

赤く色付けれたバンズのミニバーガーの中身はロブスターにキャビア(でもさすがにここはちょっとフェイク)、サーモンといくらのカナッペも美味しくてねぇ!ああ、酒欲しくなるw

 

やはりショコラがメインなのですが、ホワイトチョコレートも使ってるメニューが増えた?後その他の味バリエーションも。といって、ショコラの手が抜かれた感じではないのよね。

 

あとフルーツの多用も目立った感じ。ショコラとフルーツの酸味って合いますものねぇ(*´ω`)

上の写真右のクロカンブーシュに施されたカラメルの美しさ、美味しさ、香ばしさ。それだけを楽しむのではなく、それが「トッピング’されたカラメルクリームのタルトって、どんだけ手間がかかってるのよ。。。。

 

 

マカロンは言うに及ばず。そしてここのシュー皮のレシピも、ホーチミンの中では好きなんだよね。なかなか好みのものに出会えなくて。

 

もちろん定番のショコラケーキもありますし、見てこのベリーのグラサージュ。ケーキにかかってるツヤッツヤのコーティングあるじゃない?あれって本当に職人技。生地を作る時も感覚だより。材料を混ぜている時の、一瞬ふっと腕にくる感覚の違いが頃合いの見極め方。

そんな繊細な生地をこんな小さなケーキに一つ一つかけていくの。作ってるケーキはこれ一つじゃないと言うのに、この手間加減。それが彼らのお仕事だ、と言われたらそれまでですが、こんなバリエーションのケーキをこの価格で食べ放題って。。。

大丈夫なんですか?(・∀・)

と聴きたくなるクオリティ。そして今回自分的に一番ヒットしたのがこれ。

 

ピカーン!☆
ちょっと台紙の金を利用して演出ショットw

イチジクの一口タルト。スパイスと若干のワインかジュースかで戻したドライフィグをトッピングしたプチフールで、その味だけでも十分まかなえるところに複雑なクリーム、控えめだけど旨味をしっかりと詰めてるパートシュクレ。

私、これ数個とワインの1杯でもあったら、ここのビュッフェの金額払っても元取れると思うわ。この小さな小さなプチフールが広げる味わい、脳にくる。

 

レモンタルトなんてものも味覚が変わって良いですね。味覚を変えるためにハイティタワーの塩味のものがあるんですが、フルーツを使ったものがあったりすると、ケーキでケーキの舌休めができてしまう贅沢さ。

ナッツ類を混ぜたチョコレートナゲットやチョコプレートなどもあり、もちろんこれらも食べ放題。ケーキじゃなく、グラスジャグの中に入ってるこう言うショコラたちも美味しいんだよなぁ。。。

愛があるだけじゃなく、進化を遂げるMGallery.やっぱり敬愛すべきお店だなぁ。

 

 

Sponsored Link*

さらに素敵なレシピに生まれ変わってました♪ Aug.2018 ←NEW!

 

 

考えてみたら、こちらのホテルの様相を知らせる写真をあんまり載せてなかった…。

こちらのホテル、外観は地味…もとい、シンプルなのですが(笑)、ひとたび中に入ると、とーっても素敵。Hotel des Art と言うだけのことはある。

 

 

タイやホイアンで泊まったこともあるこのホテルシリーズ、本当に素敵なんよな。特別飛び抜けて高いと言うこともないので、女子旅なんかには本当にお勧め。

 

 

 

このショコラビュッフェがあるのは、ロビーを左手奥に進んだところ。ロケーション的に豪華絢爛、と言うわけにはいきませんが、落ち着いた素敵なスペースです。

 

 

ホテル・アウォード的なものも多々受賞していて、特にサイゴンのMGalleryはとっても素敵なホテルだと私は思ってます。市内の中の好きなホテルとしても屈指の一件。ハード部分が良いだけでなく、スタッフさんたちが非常にホスピタリティに溢れ、暖かく穏やかなのも魅力。良い。

 

 

そして今回、こちらのホテルの自慢のショコラビュッフェがさらにグレードアップしてました!もう十分美味しいんだから、それを維持してくれるだけでも素晴らしいことだと思うのに、こう言うたゆまぬ企業努力が素晴らしい。

 

 

 

もう何度もレポしているので、ザックリ写真を載せていきましょうね。かなりシャープなレシピもあるんだけど、お子さんや、穏やかなショコラをお好みの方には、このロリポップがおすすめ。

 

 

マカロンはもちろん、フレンチスタイルのレシピ。安定して素晴らしい。ランチビュッフェやディナービュッフェに行った時も、必ず欠かさずいただきます。ACCOR系列のホテルでは鉄板のレシピですなっ(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

さっきシャープなレシピ、と表現したのは、特に南国の果物を鋳込んだものなどを指したのですが、ショコラの美味しさを十分に活かしながら、フルーツの風味豊かに仕上げたこれらのケーキは、やばいっす。甘くてもなんぼでも食べれてしまいそう。

 

 

 
そーしーてーっ、今回のリニューアルの特徴としてはこれ!!ハイティタワーを使わなくなった代わりに、こんなものを使われてました!!
 
 
 
 
キャーーーー!!宝物箱やーん!!(≧∇≦)
塩味のものの内容は変わっていないのですが、提供の仕方がこれに変更。なんて素敵なっ。そしてなんてこちらのカフェスペースに似合ってるのっ。
 
ハイティタワーの「省スペースを上手に使う」と言う役割は一切無視したこの演出w これも「ゆとり」があるからできることよねーっ。
 
 
 
 
ちなみにキノコのムース、ロブスターバーガー、ドライトマトとバジルのサンドイッチ、ツナのづけのカナッペ、ミニタコス。どれもとーっても美味しいの。
 
特にハイティタワーの塩味のものって、ザクーッとしたレシピでごまかされることが多いんですが、これは本当に素晴らしい。素晴らしすぎて、うっかりシャンパン頼みたくなるw
 
 
 
 
そういえばドリンクは色々選べるし、ショコラメインならコーヒーも合わせると美味しいのですが、基本は1オーダーのみがセットについてくるので、コーヒーだと足りなくなる恐れが。。。
 
と言うわけで、私はポット提供のお茶を頼むことが多いです。お茶でも、先ほど紹介したみたいに果物を使ったレシピなんかだととっても良く合うし、今回の収穫はこれ。
 
 
 
 
 
レモンメレンゲタルト。そのレシピ自体は別に珍しくないですが、だからこそ強調したい。ここのメレンゲ素晴らしい!!!(≧∇≦)
 
その素晴らしさはメレンゲが命のマカロンの美味しさから推察でようというものですが、もうお前生クリームか?!と思えるくらいにまろやかできめ細かい。こんな泡の粒が小さいメレンゲ、そうはない。すっごいから。すっごいからっ。そしてレモンカードとの相性も最高!これは紅茶でよかったレシピ!!
 
 
 
幸せすぎる。何度取りに行っても幸せすぎる。何回もらいにいくねん!と突っ込みながらもやめられない。そしてお皿に盛るたびに幸せが。
 
 
 
 
スコーンがないので、英国式のアフタヌーンティーを期待されてる方にはちょっと違うかもですが、クオリティ的にいうと、ダントツですわ、やっぱりここ。
 
今回は旅行に来た友達誘って行ったのですが、二人ともすっごい喜んでくれてました。塩味レシピもボリュームあるので、朝を緩やかに遅めに食べてランチは抜き、そして14:30からのこちらのビュッフェに挑んだ次第。
 
詰め詰めの旅程だったらビュッフェに行くと他の料理が食べられない、という意見もありますが、もしホーチミンは何度目かだ、とか、ショコラが好きだー!!という方には、超絶おすすめ。
 
未体験の方は是非ともトライしてみてくださいね♪
 
 
※2021年3月現在、COVIDの影響位にくにより、ビュッフェ部分は無くなっています。その分、ハイティータワーのボリュームが満点になっている様子。

お店情報

 

 
Cafe Des Beaux Arts(Mgallery 1階ティラウンジ)
76-78 Nguyen Thi Minh Khai Q1
14:30 – 17:00

 にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました