一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンには珍しい キワモノ系? ~ Cafe de BodyFriend

カフェ
Sponsored Link

ホーチミンには掃いて捨てるほどのカフェがあります。路上のカフェを除いて、店舗構えのものだけに絞ってもすごい数。となると特徴を出すのが大事になって来るわけですが…こんな特徴もあったのね(・∀・;

 

Thao Dien Pearl の1階に

 

最近ちょいちょい行ってる Big C が入ってる、Thao Dien Pearl の1階。他にもカフェがいろいろ入ってると思うんですが、面妖な空気が漂って来るお店が奥の方にありました。

 

 

Body Friend。体の友達。直訳したらちょっとヤバイ。

どう言うコンセプトのお店だ?と思ったら、どうやら併設されてる家具、と言うか寝具とかその手のものかな?のお店がやってるカフェのようでした。

 

 

かなり開放的な様子で、ちょっとばかり店内に入っても、展示物がいろいろあるため、カフェ使いはやっぱりやーめた、と言いやすい雰囲気があったので、とりあえず入店…したら…?

 

 

豪華絢爛なお出迎え

 

ホーチミンにしては珍しい (。-_-。)

 

キ、キャプテン・アメリカ?!(・∀・;
再現率、78%くらいかな。。。遠目に見たら悪くない感じ。そしてその左奥に見えるのが…?

 

 

スパイダーマンっ。上部は割に正確だ。再現率85%くらい。でも下のは何よ、下のは。と、近づいてみると?

 

 

マッサージチェアでした(。-_-。)
マッサージチェアだとターゲット層はそこそこ年配、これが買えるくらいの経済的にゆとりのある人ってことになると思うんだけど…刺さるかな、これ。。。

ちなみにマッサージチェアのバリエーションは他にもあって、

 

 

落ち着かんわー!!!(トルーパー好きだけど)
そしてその横には、

 

 

とーちゃん、やめれー!!!(ルークになった体で)
もっと落ち着かんわー!!!

 

ま、まぁ、本業の方が何をやってるかはわかって来た気がする。。うん、寝具なんかとともに、こう言う体をリラックスさせるとか、体に優しい=体の友達、ってフレーズのお店なのね。メンタル的にはなかなか追い詰められそうなセッティングが多かったけれども、うん、なとなくわかった。。。

 

 

 

Sponsored Link*

カフェ・エリアに行きましょう

 

先に紹介したマッサージチェアとかを置いてあるエリアと、カフェエリアの間の部分にオーダーカウンターがあります。ここで頼んで席で待つのがこちらのシステム。

 

 

意外とショーケースにはケーキ類とかもあって、店内がラーンとはしてたけど、時間帯とかによってはお客さんが入ってるのかなーなんて推測。

 

 

こう言う品揃え、それまでの客足があんまりにも少ないとだんだん減ってくものだものねー。この日はお腹いっぱいだったので頼まなかったけど、ちょっとした食事もあるのかな???

カフェメニューは一般的でしたが…

 

 

ドリップコーヒーの部分にこだわりが。ちょっと価格はお高めですが、ダラットを始め、パプアニューギニアとかケニアとかの豆も揃えてらっしゃるのね。この辺、私はそんなに詳しくないのであれだが、この手の品揃えをしてるお店が少数派だってのは知っている。間に合わせのカフェじゃないのね、こちら。

 

 

カフェ・エリアはかなり広々していて、ゆとりの空間。こう言うの、本当にホーチミンは贅沢よね。このゆったり感に慣れるとギュウギュウ詰めのカフェはちょっと無理な感じになって来てる。。。

 

 

ソファ席もあれば、会議テーブルみたいなのもあってまちまちですが、それなりの統一感があって居心地は悪くなかったです。しっとり落ち着くって感じじゃないけど、ミーティングとかやるには良いようで、数組のビジネスパーソン的な人たちが寄ってました。

 

 

 

ダラット豆のドリップコーヒーはそれなりで可もなく不可もなくと言う感じでしたが、作業に没頭できたので良し。カフェ的に何か特徴があって、それを目的にぜひ来て欲しい、と言う感じじゃなかったけれども、作業やビジネスライクな話をしにくるのはいいかもしれない。

 

 

憩いの場になってました

 

ところでこちらのお店。作業をしてたら、時間の頃がちょうどお昼時にかかって来たのですが、そしたら急にドヤドヤと団体さんが2組、3組。どうやらこのビル内や近くの会社にお勤めの方が、同僚と一緒にお昼ご飯に来た感じ。

…と、思ったら、確かにお昼食べには来てたんだけど、着席するなり、持参したお弁当箱をみんな一斉にそこで広げ…(・∀・;

 

 

まぁホーチミンでは、カフェに食べ物を持ち込むことが少なくなくて、それを許してくれてるお店も多いのですが、あんなに集団でやってるのは初めて見たw

あ、そう言う場合、もちろんお店にもある食べ物を持ち込んだりするのはマナー違反だし「それは勘弁してね」と行ってるお店も多いです。そしてドリンクなり何かは頼むこと。当然だけど。

でも会議にも使えそうな大きな机や続きのテーブルがあったのは、そう言うニーズがあるからなのかなとも思ったり。みんな楽しそうにお昼ご飯を食べてました(^・^)

特に飛び抜けて飲んだコーヒーが美味しかったとか、居心地が良いってことじゃないけど、小さいお子さんとか楽しめるかもだし、オープンで気楽に居心地よく過ごせるカフェはありました。よろしかったら、お試しあれ♪

 

 

 

お店情報

Cafe de Body Friend  
12 Quoc Huong Thao Dien Q2
Grand Floor, Thao Dien Pearl
Spent : 70,000 vnd / person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました