2020年テト期間中はどの店が開いてる?ちぇりの好きなお店スケジュール!

【ホーチミンから行くバンコク】チャトチャック進化系?! ~ The Market Bangkok

@タイランド
Sponsored Link

バンコクといえば、マーケット!食べ物もお買い物も屋台文化が盛んで、それらが集まったマーケットは大盛況!

徐々に消えゆく文化と言われてもいますが、それがちょっと残念な一方で、進化してくれるとありがたい一面も。

今回はつい最近オープンした話題のスポットのご紹介!

 

 

チャトチャック・ウィークエンド・マーケットが屋内に?!

BTSチットロム駅近くです。が、一度、Gaysonショッピングモールの中に入り、通り抜けていく必要があります。全然歩いて行ける距離なのですが、そこの手順を間違うと、大回りする必要が出てきそうなので気をつけて。

確か1階下に行ったんだったか、上に行ったんだったか。。。Sky Walkという表示を目指して通り抜けてまっすぐいくと、BigCなどと並んであります。

 

 

ここは、有名なチャトチャック・ウィークエンド・マーケットを屋内に持ち込んだということで、人気のデザイナーさんのアクセサリーや洋服が集まっているだけでなく、価格が、元のマーケットにあるのと変わらない。。。

 

 

安いです。めちゃくちゃ安いです。でもどこにでもあるものばかりではなく、個人のデザイナーさんがブースを借りて出店してる感じなので、とてもバリエーションがある。

 

 

この木の時計とか可愛かったな。

 

 

あと、インディゴブルー専門のお店とか、これ日本人にとても受けそう。

 

 

和の雰囲気すら漂う感じ。しかも日本の染物などに比べるとすごく安い。

 

 

もっとカジュアルなお洋服、仕事着にできそうなもの、ナチュラルなものなど色々あって、見応え満点。

現時点では…

 

 

ご覧の通り、まだテナントが入っていないスペースもあり、ざっくりみたとこ、埋まってるのは半分くらいかな?何ですが、それでもバリエーションが多いので、あっちこっちで足を止めてしまう(笑)

 

 

仕上がったデパートみたいに、ものはいっぱい並んでるんだけど目が滑って通り過ぎるだけ、って感じじゃなく、好みはあれど、1店、1店が興味深い。

チャトチャックの方が断然品数は多いのですが、あそこは屋外でかなり暑く、長居をするのが大変ですが、ここなら冷房が効いている屋内で快適にお買い物を楽しめます。

またここから人気が出た人は、もっと街中の高級なショッピングモールに進出してったりするんですって。何だか成功過程を応援できたり、見届けられるようで楽しいですよね!

 

 

地下の食堂街が穴場の宝庫?

 

地下に降りると、いろんなカフェや食べ物屋さんが。
おっと、Cha Tra Mueさんが!

ちょっと前までは市内に数件しかなく、ドンムアン空港にあったことから、あの空港を使う時のお楽しみだったのですが、最近でしたはあちこちに点在しているようですね。

 

 

マンゴーが食べたい人には、こちらのMango Lover なんてお店も楽しそう。

 

 

オープンスペースにあるかフェスタいるとはいえ、おしゃれでええですな。そしてバンコクはホーチミンより「熟れたマンゴー」を食べる土地。甘く熟れ熟れのマンゴーを楽しみたいときは手軽でいいかも(^・^)

 

 

お食事するところもある。
しかも結構なお手頃価格。このビル内は、衣服も食べ物もリーズナブルだな。絢爛豪華なショッピングモールに入っているとこは、フードコートですら高級だったりするから、モール内の手軽な飲食店、というメリットを感じにくいのですが…

 

 

ここはまだ綺麗なのにお手軽価格。もっとテナントが埋まっていったらどうなるかわかりませんが、まだオープンして数ヶ月らしいので、お楽しみ時ってことですかねー。

 

 

あっ、ロットファイ・ラチャダーで見かけたやつだ!多分すごく食べにくくて、デートにも向かなくて、おしゃれとは言い難いんだけど、骨つき豚の山積み鍋!(正式名称知りません)

 

 

あとね、ここのお店、ヤワラート(中華街)でとーっても有名なお店なんだって。本店に行くと行列が絶えないくらいの人気店。おかゆが有名らしいのですが…

 

 

敢えて中二階的な高い席を作ってるのが印象的。これ、おかゆ運ぶ店員さん、大変そうだなー(・∀・;押してスカートやハイヒールの女性はよじ登るのが大変そう(笑) ま、フロアに置いたテーブルもあるようですが。

 

 

…って、おーーーまいがーーーー!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))
Famous Amosのクッキーがある!!!!マレーシア時代から私が愛していたクッキー屋さん。。近隣ならマレーシアに行かないと買えないと思ってたのに、バンコクに!!

 

 

これは危険だー!!!
危険なのは承知なので、ダブルチョコチップピーカンナッツを100gだけ買いましたよ。まだあまり知られてないのか、大量に在庫はなく、最低限ギリギリの在庫で頑張ってました。マレーシアだとどこの店舗も溢れるくらいの量、焼いてるんだけどw

 

実はこのフロアでお茶をして、とっても紹介したいお店があるのですが、それは次回に。

 


※2019年11月12日17時以降に公開します

 

上の階にも食堂街が!

 

さっきは地下の話でしたが、上層階にもレストラン&フードコートがあります。エスカレーターを使って上に上がって行くと、おや、最近は他にも店舗を出してるようですが、ドンキがやってくるようですね。

 

 

「ねた」とかいう、いかにも怪しげなお寿司屋さんもあるw 

 

 

まぁ日本食全般みたいだったけど。でもバンコクのこういうとこの寿司、侮れないことあるからなー。

 

 

しかしそれにしても。。。

 

 

なんか不意打ちくらった感じ。まさか「ねた」を店名にするとは。。。

他にも何件か普通のレストランっぽいところはありましたが、お目当はこちら。

 

 

ってか、最初はおなじみ、MBKのフードコートに行こうとしてたのですが、ちょっとここを覗いて行こうということに。

 

  

 

多分にもれずプリペイド方式なのですが、電子カードとかじゃなくて、なんと、金券w 余った分は当日に限りリファウンドが可能だそうです。もしこの日に返金し損ねたら、次回に使ってくださいませという感じ。

 

 

バーツそのままの数字なのでわかりやすいね。まるっきり金券。保管は面倒かもしれないけど、わかりやすくて良い。

ここも全てのブースが埋まってるわけじゃないけど、なかなか美味しそうなラインナップ!!同じようなものを出してる店が少なくバラけてるし、ローカルフードが満載だ!!

 

 

うっほーっ、これ美味しそう!ってことで、友達と瞬時に意見が一致し、こちらのお肉だけをいただくことに。

 

 

まぁ煮豚とか揚げ豚とか、東南アジアにいたら珍しいものではないんだけど、やっぱり食欲そそられますなぁ(^・^)

 

 

盛り付けるとこんな感じ。これで120kだったかな。420円くらい。安い。

 

 

薬膳的な麺も食べた。左端の方に浮いてる茶色のおあげさんみたいなのは、ガリガリに揚げた豚の皮の部分でね、これが汁の中に浸かっていてもかなりの時間クリスピー。且つ、いい具合に油は抜けてるのでくどくはない。

 

 

そこに優しい出汁が沁みて、とっても良い( ・`ω・´)b
そんなにお腹が減ってたわけじゃないのだけど、そういや今回トムヤムクンを食べてなかったと思い出し、頼んでみたらどんぶりいっぱい。。。(笑)

 

 

で、これが悪くないのですよー。まだオープンしたてだからと言うのもあるかもですが、注文入れたらその場で一から作ってくれた。

屋台街中央あたりにある、そして似たようなメニューを扱ってるところは少なかったのですぐにわかると思うんですが、オーダー後に中華鍋に湯を沸かしてそこにエビやらその他の食材を入れ、煮立ったらトムヤムペースト。

そこからまた様子を見て頃合いにココナツミルクに砂糖に唐辛子。チャッチャッチャッと手際よくやってくれるので思わず見とれてしまってましたが、どうやらこちらは全てのメニューをそうやってその場で作るっぽい。

それが結構な品数を置いてるお店だったのですよ。それこそ、旅行者さんが思いつくタイ料理メニューはほとんど網羅、みたいな感じで。

あそこまでマニュアル頼りだと、誰が作るかによって味が変わってしまいそうですが(笑)、ちょっと感心しちゃいました(笑)

 

何はともあれ、美味しくて、お買い物のためのお店のセレクトもなかなかよくって、しかも安い。洋服のセンスもかなり日本人的に「良い!」と思うものが多かったように感じるし、バリエーションも豊富。且つ、お買い物環境が良い!!

チャトチャックは、ちょっとヨイショって感じになるけど、ここならお手軽!まだ人も少なくって、今、楽しみどきのスポットだと思いますよー!!

 

 

お得なクーポン、ブログでは書かない小ネタなどなど!!

ご登録お待ちしてます!

 

お店情報

 

The Maket Bangkok
111 Rachadamri Rd.  Bngkok
Time : 10:00 – 22:00
Spent : 1500 THB

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました