一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

カンタスラウンジ @香港空港

日本
Sponsored Link

香港空港内の カンタスラウンジ は、そもそも世界でもトップクラスのラウンジ事情を誇る香港空港内の中でも人気のラウンジ。実はカンタス航空、使ったことがないんですけどね(汗

 

カンタスラウンジ を使うには?

カンタス航空便に乗るわけじゃないのに、なんで カンタスラウンジ 使えるの?って話ですが、このラウンジを使うには、以下の条件が必要です。

 

ワンワールドグループ便利用で、
・ビジネスクラス / プレアムエコノミー搭乗
※但し当日アップグレードは除く

JAL が提携しているので、日本人として使い易いかなと思えるステイタスは、

・JMBサファイヤ / ダイヤモンド・ステイタスをお持ちの方
・JGCプレミア / JGC

など。
例えば今回私はキャセイパシフィック航空便・エコノミー利用でした。カンタス便ではありません。

が、グループ会社として提携しているJALの、JMBサファイアというステイタスを旦那さんに共有してもらっているので、利用することが可能でした。

ラウンジ遊びを覚える前は、こういうラウンジって、その時に乗る航空会社が持ってるラウンジしか使えないもんだと思い込んでました(。-_-。) グループ会社でステイタスを満たしてたらどこでも使えるのね。。。しかもホッピングもできる。知らなかったわ。。

 

香港空港の カンタスラウンジ はどこにある?

◇出国時◇

香港から出国するときはすごく簡単。わかり易い位置にあります。

イミグレーション→セキュリティを通り、ゲートに向かうエリアに出たら「すぐ!」右手に進んでください。

カンタスラウンジの表示を見つけたら、ぐんぐん奥へ。結構長い。

 

 

この突き当たりがエントランスです。
で、このケースの時はわかり易いのですが、別の国からトランジットで香港空港に着いた時の場合。

位置的には15・16ゲート付近、と書かれてる情報が結構多かったのですが、そこに行ってもカンタス空港のラウンジへの登り口が見つけられませんでした。(もしかしたらあるのかもしれないけど)

というのも、ゲートフロアと、このラウンジがあるフロアは別だから。上の写真で左手下にあるのが、15・16ゲート付近。どっかから上に上がってこないといけないわけですが…

 

◇トランジット時◇

 

まずはトランジットとして到着したのち、どこからのゲートでもいいので、15〜16ゲート付近を目指して移動。これ、着陸したゲート番号が大きい数字だと結構あるよね。。。のんびりだったら10分くらい歩くかな。。。(遠い)

 

 

で、15・16番ゲートを目指していると、こういう場所が。左手には免税店的なお店があり、昇降エスカレーター。右側を直進すると15番以上ゲートに進むというサインボードが。(写真中見にくくてごめんなさい)

 

 

こんな感じの風景のところ。そこを上がると、近くにさっきのラウンジ案内が出ているので向かいましょう。私、しばらくゲートフロアをうろうろしたわw 案内所もあるので、どうしてもわからなかったら「カンタスラウンジ、どこ?」で解決。

そしてこれがエントランス。

 

 

チケットを確認後、中に入れるわけですが、最初は目視でチェックされただけだったのですが、念のために「この後別のラウンジに行きたいんだけど」と伝えると、スタンプを押してくれたので、ホッピングする予定の人は、そのように伝えた方が良いかも。

 

 

Sponsored Link*

広大な、 カンタスラウンジ !

 

香港空港の中でここが一番おすすめだ、という声も聞くのですが、同時に「存在感がない」という意見もあって、どういうことかなと思ってたのですが、おそらく、セキュリティゲート直後にあり、登場ゲートが大き番号のことが多い方には、位置的に使いづらかったりすることもあるのかな、と推測したり。

そういう個人の利便性やケースバイケースの条件を抜きに、絶対値としてこのラウンジがどうか、という視点でお伝えすると…?

 

 

多分このバーカウンターの写真、そっくりのアングルでたくさんネットに上がってると思う(笑)

ここはまだほんの入り口なのですが、かっこいいですね。そしてその先に広がるのが…?

 

 

広い広い広い(・∀・;
開放感のある窓辺の作りも相まって、とても広く見えるのですが、実際広い。資料によると、2,000㎡。。。。!(◎_◎;)

 

 

 

ただ、だだっ広いだけじゃなく、ダイニングエリア、作業エリア、ソファエリアなどがちょうどにより区分けされてて、気分によって選べるスペース。

団体さんようにか、円卓があったのが印象的。これ、フードビュッフェエリアすぐ向かいにあったのですが、ラウンジでこのサイズの円卓って、相当スペースがないと無理なわけで…

 

そして予約とかもできるのね。かなりいろんな席に「Reserved」のカードが置かれてました。

 

 

でもそれ必要?ってくらいにガラガラだったけど(笑)、まぁこれは時の運というか、発着便スケジュールのタイミングにもよるんだろうな。混む時は混むのでしょう。私がいた数時間(4時間くらいだったかな)はずっと静かだったけど。

 

フードがすごいぞ、 カンタスラウンジ !

何を伝えたいって、私のことだから食事のことを伝えたいから、こんなに長々色々描いてるw

 

 

コンパクトに見えますが、これ、多分比率の問題。このビュッフェ・カウンター前のエリア&全体のスペースが広いからコンパクトに見えるんだろうな。内容を見ると充実そのもの。

 

 

特に野菜づかいが美しく、サラダの種類がとても豊富。サラダといってもフムスや穀類でボリューウをもたせて満足感を誘うものが多く、圧巻、といって良いほどの内容。

 

 

そして美しいんだよ。4時間って結構長い時間だと思うんだけど、ずっとこの清潔さが保たれてた。出しっ放しで取る人がいなかったというわけじゃなく、ここからフードを取っている人は結構いた。でも綺麗。

 

 

野菜や果物のピースって細かいものも多いから散らばりやすいものなんだけどね。見てたらいろんなスタッフさんが近くを通るたびに目配りしていて、補充にもこまめに気を配られてて、すごいなぁ、と。

 

 

フードはビュッフェスタイルだけじゃなく、オーダー製のものもあり、このラウンジではチャーシューが人気とのことだったので頼んで見たら、やだ美味しい。

キャラメライズドされたタレは、甘さと香ばしさのバランスが「大人」で、つまみとしても優秀だし、ご飯を書き込むにも素晴らしい。

実はここのワンタンヌードルとキャセイラウンジのワンタンヌードルを試したかったのだけど、オーダー製のフードは20時で終了らしく、機会を逸してしまいました。残念。次回は必ずや(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

叉焼飯のオーダーは、スタッフさんが回ってきて「ご不都合はありませんか?こういうものもあるんですが、いかがですか?」と勧めてくれたのでわかりました。次回からは積極的に聞いてみよう。それにしても…

どこのホテルサービスだよ。フードの質と、サービスの細やかさが圧倒的で、前回あれだけ感動したキャセイのラウンジよりもさらに上を行ってる感。

少なくとも、フードに関してはカンタスの圧勝。素晴らしかった。。。ちなみに今回はてが(胃が?)回りませんでしたが、ホットディッシュのビュッフェもあります。

 

 

ちなみにこちらで評判の良いチーズケーキは、期待以上に美味しかったし、キャロットケーキやマンゴープリンなどの冷菓子なども充実。料理だけでも圧勝だったのに、美味しい追い討ち。

あ、もちろんお酒も豊富にありましたよ。しかもスマートなキーパーにて。スタイリッシュだなぁ。。。

 

 

実はこの後、キャセイのラウンジもまた2つ巡ったし、日本から帰ってくるときに、初めて行った成田のラウンジもあったのだけど、ここを書いたら、その3つは書くことないわ、って感じの圧倒感。

香港空港内広いから、トランジット時間自体が短い時で登場ゲートが遠いと使いづらいかもしれないけれども、時間に余裕があるのなら、是非とも体感して見て欲しいこちらのラウンジ。

 

香港空港利用時には絶対おすすめ、 カンタスラウンジ 

そもそも私にラウンジ遊びを教えてくださった方が「香港のカンタスはいいわよ」と言われてて、そうはいってもキャセイもすごいじゃん!と感動しまくりだったので、それ以上のものがあるとは思えず、割とサクッと受け止めてたんです。

 

 

とはいえ、経験はして見たかったので今回真っ先に伺ったわけですが…

私もう、次回からはこちらがメインになるかもしれない。もちろん、The Pier や The Deck というお気に入りのキャセイラウンジもあるので、登場ゲートによってはそちらも合わせて楽しみたいけど…

メインはカンタスになるかもしれない。そのくらいお気に入り(๑•̀‧̫•́๑)

 

 

バーカウンターでは色々なお酒を作ってくれるのですが、ここのオリジナルカクテルが、ガッツリ強かったのも魅力( ・`ω・´)b

マイレージとか、あまり気にされてない方も結構いらしゃる様子。仕事で頻繁に飛行機に乗ってる方なんて、割とあっさりこの資格が手に入るのに申請してない、とか、知らない内にマイルが失効してた、とか…

そういうのに頼ったサービスはいらない、という方もおられましょうが、仕事的にも快適な環境で仕事をしながらフライトを待てるってアドバンテージ。シャワーとか、旅をより快適にするためって意味でも有効だし、何より美味しいっ。(いろんな意味でw)

私なんかも1人だったらその部類だったろうなー。ポイントとかそういうの、面倒で。でもいざサービスを受けて見たらこんなに変わる。旅が前よりもさらに楽しくなったし楽チン。

ビジネスやファーストクラスにはまだ遠くても、こんなチャンスもありますから、是非お手持ちの所属エアラインのステイタスなど、調べて見てくださいね♪

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました