一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

宿の近くにあったから、というだけの理由で入ったけど美味しかったの、カリカリのタウナギ麺! ~ Mien Luon so 9 Phu Doan

ベトナム料理:ローカル
Sponsored Link

さてハノイ。久しぶりのハノイ。国内旅行だからお金もSIMも変えなくていいし、楽チンで美味しいぞ、ハノイ!

ハノイといえば?

ハノイといえば…?うおおおおおっ、いっぱいハノイならではの食べ物、ありますよね?!今回も胃袋足りずにヒーヒー言いながら美味しいもんを食べてるわけですが…(無理して食うな)

まずはお宿に到着したのが昼前だったので、荷物を宿に位放り込み、その辺の散策を。久しぶりだしそもそもあまりハノイ経験が少ないので、お上りさん感満載で旧市街です。

で、散策してから食べればいいのに、宿に入る直前で見かけた宿から数十mのところにあるこちらを、今回の初ハノイ飯に指定!

自分的には聞いたことのないお店だったし、時間も中途半端だったので大勢のお客が入ってるわけじゃなかったのですが、Luonのお店!タウナギ!

ホーチミンでも食べられないわけじゃないけど、ハノイの方がよく食べられてる?本場、かどうかは存じないのですが、実際ハノイのお店でよく見かけます。

以前も、

食ってた食ってた(・∀・)

で、店内も狭く、お客さんはその時は1人2人だったのですが、なんだろう。「ハノイつったらタウナギ麺よねー!」」みたいなフレーズが脳内こだましてたので従いました。(いやハノイっつったらフォージャね?とかいう反論がこの時は聞こえて来なかった)

メニューはシンプル

ホーチミンにもちょっとしたスペースを活用したお店は多いですが、ハノイの旧市街にはさらにそれが顕著な気がする。

こちらも本当に小さなスペースの角っこ・表向きにキッチンらしきスペースを構えて店内は小さなテーブルを3つも置けばいっぱいになる程度の小さなお店。

風呂イス的な、低いプライスに座るタイプで、屋内店、という観点で見ると簡素なローカル、でも屋外店、という観点で見ると、雨風しのげげてゴージャス(๑•̀‧̫•́๑)

メニューはシンプルで、

Nuoc = 汁麺
Tron = まぜ麺
Xao = 炒め麺

ああ、神様。ベトナム初期の頃はそれもわからずオロオロしてましたが、そしてベトナム語は今でもオボつきませんがl、このくらいは理解できるようになったことを感謝しますw

サイド調味料はこんな感じ。

ニンニク調味料にクムクワット(キンカンまたはダイダイ的な柑橘)、サテ(辛味調味料)醤油、チリソース、塩胡椒。これはまあ南でも普通に見かける内容かな?

Sponsored Link*

ヌルカリちゅるちゅる

というわけで、こちら。
おばちゃん、目にも留まらぬ早業で、注文してから速攻作ってくれました(笑)

なにやら友達なのか一緒にお店をしている人なのかわかりませんが、猛烈なおしゃべりをしながらだったのに…

作る手のスピードが尋常ではなく、低い椅子によいしょ…っと…と座ってちょっと周りをキョロキョロしてる間に着丼。

おーっ、美しいな?
お野菜の見目がキレイでそうあるためには清潔に洗われて手際よく定位ねいにカットされてる必要が。美しや。

そして今回は、Tron、まぜ麺をいただいたのですが、麺はMienなので春雨のような、英語で言うところのグラスヌードル!にょほー♪これが美味しい♪

春雨「のようなもの」と言ったのは、緑豆デンプンで作られた、どう考えてもこれ春雨だよね?と言うものの他に、原材料が他のデンプンで作られたものもあるようだから。

まあなんのデンプンで作られて用が、仕上がりは春雨一択な気がするんですが、どうやら区別してるケースもあるようなので年のため。

そしてこちら、たっぷり乗ってる子の茶色い細長いのが、タウナギ。カリッカリに揚げられてます。ここまで揚げたらもうなんの魚かわからんくなってんのちゃう?という気もしますが…

ちゃんとこのれ特有の風味もあり、香ばしくて美味しい!

麺のヌルッと口に入ってる感じとは対照的な、小気味良いカリッカリの食感。風味も、甘辛系系のタレを吸ってはいるものの、見目通り透明感のあるチョルチョル食感で、うっかりするとダイレクトに胃に流し込んでしまいそうになりますが…

このカリカリがあるのでちゃんとお口で噛んで食べられる、構造的システムが組まれた素晴らしいコンビネーション。

豆もやしの食感もよろしいなあ。

で、程よく油分も加えられてるので、私くらい瞬時に食べきれば(よく噛みましょう)問題ないのですが、もしちょっとゆっくり召し上がってて麺がくっつき気味になて食べにくい、と言う時は…

添付のスープをちょっとかけると、さらっと一瞬で麺が解けます。

味わいを目的にかけるのもあり。このスープはご覧の通りの澄んだスープンでキレイな、恐らくはタウナギの余り箇所などを使ったお出汁(ごめんタウナギ自分でそんなに調理したことないから、これがタウナギメインのお出汁かは確証ないので予測)

そして少しフンワリしたところに、ピリッとしたSateを散らすのもまた一興。

もちろんお好みでちょっと酸味を加えても美味しい。

水分を含むとさらにヌルチョルチョル!!と言う食感が加速して、カリカリのタウナギが対照的に引き立って、美味し美味しい♪

と言って、ものすごく強い味というわけでもなく、個人的にタウナギを習慣的に食べたい、というほどの馴染みもないので、じゃあホーチミンに帰ってもお店探して何がなんでも食べたいか?と聞かれたら…

まあ、そこまでせいでも、と思いますが(笑)、ハノイにきたらタウナギ麺。これは自分の中では必須

美味しかったし幸先の良いスタートを切れました♪

そして周辺散策。
ハノイの旧市街はどこを歩いても風情があって、ヘム的小道がとても魅力的。

さあ他にはどんな美味しいものがあるかなー♪

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Mien Luon so 9 Phu Doan
9 Phu Doan Hang Trong, Hoan Khiem
Time: 06:30 – 21:30
Spent : 50,000vnd / person(豆乳飲みました)

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!</p

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました