インスタのストーリーで、ブログに書いてない小ネタも色々アップしてるので遊びに来てね♪
【新機能】今いる場所の近くのお店を地図で探せる、ちぇりまっぷ!
詳細はこちら

世界共通のハンドサイン「 Help Me 」は、みんなが知っておくべきサイン

ちぇりったー
Sponsored Link

手話的なものは言語のように地域性があるので、必要に迫られないと覚えるのは大変そうだけど、この「サイン」は簡単です。そして誰もが知っておくべきサインです。

このハンドサイン、ご存知ですか?

おはずかしながら、ワタクシ、このサインのことをつい最近知りました。「助けて」のハンドサイン。

広げた手のひらに、まず親指を織り込んで、その後、残りの4本を親指に被せるように握ります。これで、Help Me という意味になる。

 

Sponsored Link*

声が出せない状況

よく、監禁事件や家庭内の暴力事件が起こったっさいに「なぜ逃げなかったのか」「なぜ助けを求めなかったのか」みたいに被害者を避難する声が聞こえてくることがありますが…

突発的な暴力ではなく、特に継続的な暴雨力=DVや監禁など、特に相手を支配するための暴力が振るわれている時、被害者は加害者に凄ましい厳しさで監視されています。その場合、物理的にも声は出せない。

且つ、被害者を孤立させるため(孤立させることで自分に依存させようとする)、携帯電話などの通信手段は取り上げ、自宅にいてもネット環境を整えなかったり(整えさせなかったり)一人での外出を禁じて連絡手段を断つことがあります。

そして精神的な暴力を振るう加害者に晒された場合には、助けを求めるための行動に大きなハードルを作ったりします。

例えば、こんな感じで。

異性のウエイターに視線をやることすら許さない状態。これまでにも干渉がひどかったのでしょう。ここで騒ごうものなら速やかにみぞおちをひどく殴られ、それ以上喋れなくされるかもしれません。

そっして帰宅後は更に酷い暴力を受けるのです。安易に声で助けは得られない…。

また暴力を受けている現場でない限り「この人が暴力を振るうんです!」と言ったところで、この手の加害者はとても狡猾に対面を繕えるので信じてもらえない可能性が。

それに目の前でなんの暴力沙汰も起きてないなら、言われた方もそれ以上は口出しできない…。

そんな時に、ハンドサインです。

手のひらに、親指を折ったあと、残りの4本で握り込む。
これを見たら、警察や然るべき先に連絡を。

動画の中に、そのままどこかにつれて行かれそうなケースで、気づいた人が直接被害者を引き離すケースがありますが、相手が危険人物であることも考えられるので無闇にはお勧めできないかな。

できるだけ応援を頼む方が良いと思われます。
残念ながらホーチミンの場合は言葉ができない限り、警察にというのは難しそうですし、万が一その場はなんとかしてもらえても、その後、どういう処置になるかが大変あやふや。

ですがまずは逃げることが大事なので(その日の帰宅後に重傷を負うようなことがあるかもしれない)、このサインを見かけたら、複数人で救出したのちに、その方のお友達なり、頼れるところに送ってあげるのがいいかも。

暴力を受ける心配がなくても知っておこう

サインというのは、助けを求める手段でっすが、助けてあげるための手段でもあります。またそのどちらの立場に自分がなるかは誰にも予測できません。

例えば自分が助けを呼びたいときに、自分だけがこのサインを知ってても、なんの役にも立たないのです。誰もこの意味を知らなければ、どんなにサインを出してもただの無駄。

また知ってさえいれば助けられたかもしれない人の必死の声に気づけなかったとしたら、それもとても残念なこと。

ぶっちゃけた話、ホーチミンでもDV系の話は多々聞きますし、他人様のことながら、居合わせた場所で目に入る様子が明らかにそうだったり、またご本人は被害者であるという自覚はないかもしれませんが、話を聞く限り(逃げて…)と思われるケースも少なくありません。

ただそこは私も素人なので、推測にすぎないかもしれませんし、何より本人が助けを求めてくるまでは介入することもできず。

情けは人の為ならず。
想像してください。誰にも頼れず、数少ないチャンスに決死の思いでサインを出した時に、誰もそれを理解してくれる人が周りにいなかった時の絶望を。

DVだけでなく、変な人に絡まれたとか、周りにはわからないようなセクハラ・パワハラを受けてる時とか、容赦無く通報案件にして良い場合と判断した場合には、このサイン、覚えておきましょう。

そしてこれは多くの人が覚えておいてこそ効果を発揮します。機会ああれば、ご家族、お友達にも教えてあげてくださいね。

暴力から抜け出すことは決して簡単ではなく、助けを求めることも被害者にはとても困難なこと。そこを必死で乗り越えて助けを求めた時のサイン。有効に察知して良い方向に持っていきたいものですね。

 


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

ご連絡は以下のLINE@に登録してメッセージで!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました