一時帰国に!ちょっとええもん土産!はこの赤帯をタッチ!

ホーチミンの路地裏カフェ・こんなに奥まってるのにどうやら大人気らしいフレンチブルドッグの看板犬がいるお店♪ ~ Cafe Slow

カフェ
Sponsored Link

ヘム(袋小路的エリア)の奥の奥の奥に行くのはちょっと勇気がいるけど、その先にはとても素敵なお店あったりするのです♪

ヘムの中でもかなり奥まった道

ホーチミンはヘム(袋小路・路地裏)文化。つい最近まで、というか今も移動手段はバイクが主流なので、結構どこにでも入っていける為、日本人的には「こんな人目につかない路地裏にお店作って大丈夫なの?」ってところでも、結構繁盛してたりします。

どんな道でもDoor to Door という、ことには変わりないので、無問題。なんてフレキシブルな街なんだ。

もちろん、大通り沿いで人目についた方が宣伝効果はあるかもですが、ぶっちゃけ、そこだけじゃない、って部分が大きい気がする。

目立つとこにあろうが、床面積が大きかろうが、ダメな店はダメだ。(バッサリ)

一方で、どんなに隠れていても、良いお店であれば繁盛するのがホーチミン。簡単ではないけれど、そんなお店を見るにつれ、「誠意って大事だな」と思うし、良きお店が繁盛すると言う、ごく当たり前のことが実現されていて心強い。

マーケティングにばかり頼る、中身がなかったり不誠実なお店にはびこられると、それはイコール、「正直者が馬鹿を見る」「客はチョロいが成立する」ということになりかねないので、忸怩たる思いになりますもんね(苦笑)

あ、マーケティングも必要なことなのでは否定してませんよ。あくまで中身が伴っていない場合、です。

でもこちらのお店は、実力でファンを集めてるお店。
実は日本人のファンもとてもたくさんいらっしゃるようで!

恐れず進め、ヘムの奥

まず入り口なのですが、このヘムの入り口前は通ったことがある、と言う方も少なくないかもしれません。

ちなみに向かって左方向、数件横には、Hoa Giayという、黄色い壁の可愛い中部レストランがあって、こちらも人気のお店の様子。

このお店の前身のことは以前書いたけど、そういえば Hoa Giay さんのことは書いてないなー。

ちなみにこの通りは、

こちらの趣あるカレー屋さんがある通りですね。おいしいとこ。

で、まあこの小道を入っていきいます。
ずーっと一本道が通ってて、右側に脇道がいくつかありますが、気にせずひたすら左側の建物群に沿って突き当たりまでいきます。

方向音痴な私なんかは、何の根拠も理由もなく、うっかり右に曲がりたくなりますが、とにかくまっすぐです(笑)

だんだん減りつつあるゴチャゴチャ電線や、綺麗なビルに隣接する古めかしくも趣のある細い・または薄いビルを眺めるのは良いですが、道を右に曲がってはいけません。

いやこんなとこに店、ねーだろ?と思っても、信じてください。ちゃんとあるので(笑)

突き当たったら右に行くしかありませんので、右へ。その様相はさらに「いや絶対ねーだろ?!」みたいになりますが、安心してください。諦めない人だけがたどり着けるお店です(笑)

すると見えてくる突き当たり。
でも突き当たっては行きすぎです。

下の写真、右手前、ペパーミントグリーンの壁がチラッと見えてるとこ。

おおおお、あった!
でもこれ知らんかったら見逃すわwww

看板もまた控えめで、お店が「人目につかない」どころじゃない。
控えめが過ぎるー(笑)

午前中が狙い目?

でもここ、私過去に2回行ったんですよ。午後に。でもその時は満席状態。お店のこのエントランス部分まで人がいっぱいで、到底入れる感じじゃなかった。

ので、午前中に来てみた3度目の今回でやっと念願成就。本当に場所じゃないんだなあって思いますよ😅

ホーチミンの方や欧米の方はナチュラルエアを好まれることが結構あって、こう言うちょっとしたスペースも、お客さんスペースになるのがいいですね。

あまりに混んでると、このスペースも人が鈴なりでちょっと驚いたけど(笑)

ま、私はエアコン派なのでいちもくさんにお店に入りいますが( ̄▽ ̄)

入る時は足元に気をつけて

ところでお店に入る時は、足元に気をつけてください。

2匹のフレンチブルドックちゃんたちがいるので( ̄▽ ̄)

この看板犬の2匹ちゃんがとってもみんなに愛されてて(まあ犬が苦手な人はそこで帰るだろうしw)、私がSNSにお店の写真をあげたら「ワンちゃんがいるお店だー!」とたくさんの方から反応が。

めっちゃ人気やん(笑)

あっちこっちのお客さんに愛想を振りまき、おやつをもらって、ワンコ達も楽しそう。

でもよく入ってすぐの床にペターンと寝そべってるので、踏まないように気をつけてあげてください(笑)

Sponsored Link*

広くはないけど上手な空間の使い方

で、こちらのお店、決して広々としたスペースではないのですが…
ピアノがあったり、レコードがあったり。落ち着いた色合いの店内、心地よくまとまってていい感じ。

私の数ぐ後ろに人がたくさん続いてて立ち止まる感じじゃなかったので、オーダーを済ませたら早々に2階へ。そしたら…

これがまた、一部を吹き抜け的な構造にしてて、実際より随分広く見えるようにデザインされてる。

ところどころにナチュラルな素材のモチーフを置いてて、素っ気ないと言う感じではないのだけど、体感はシンプル。

窓の外には緑。
これがホーチミンのカフェやレストランのいいところですよねえ。あちこちに緑があってすくすく育ったるから、2階とか3階程度の窓かが緑で満たされる贅沢。

暑くなかったらこのバルコニー席で一服するのも楽しそう。
暑いのでは私は写真撮っただけでしたが(笑)

ピーク時にはここもいっぱいになるんだろうなあ。

メニュー

メニューは割にシンプルです。
今回は珍しく、Flat Whiteを。

アラビカオンリーでも、豆の配合を明記してたり、ロブスタとのブレンドもあって偏向しすぎてないのが良い。

欧米系チェーンではアラビカ偏向なところがいくつか見られますが、その豆が持つ特性「以外」のものを求めて、豆にめちゃくちゃ無理をさせてる例、あるな?

人であろうと他の生き物であろうと、たとえそれがコーヒー豆であろうと、無理を強いてる様子というのは胸が痛むものだ。

リラックスするためにカフェに入って辛いをもいをさせられることが多いので、コーヒー豆に無理をさせてるお店はどうにも性が合わない。

だからこういうメニューを見るとホッとする。ここは、アラビカ100%でも、数種類の豆を合わせて補い合わせてるところから、きっとのびのびとその豆の良さを生かしてあげてるんだろうな、と推察。まずこのメニューがもう好きだ。

噂に違わぬ美味しいコーヒーと焼きたてシュークリーム!

2階に上がる直前に、オーブンから出されたばかりのシュー皮を発見!

「あれ食べたい!」とリクエストしたら「あと10分待ってねー」といなされるなど。そうだな。オーブンから出した後、ちょっと安定させないといけないものな。

と言うわけで、先にドリンクが。
フラットホワイトは、エスプレッソ版のカフェオレ的ドリンク。

真っ白く、ミルク過多に思えるかもだけど、ラテやカプチーノに比べると、ミルクのアワアワ的なものは少なく、Well Mixedされてる感じ。

ただ、コーヒーが醸す苦みや香ばしさ、ミルクの中にあっては清廉なアタックのようなものはとてもクリアで、この見た目だけど「コーヒーを楽しんでる感」が非常に強い。

お店によっては「コーヒー脇に押しやってどないすねん」と思ってしまうパターンもあるが、ここのはコーヒーが主役。美味しい。

そしてシュークリームー!

おー!
おいしそー!クッキーシュー?

最初から半分に切ってくれてて食べやすいのも良い。そして私みたいなブロガーには、動画が取りやすいのも良い( ̄▽ ̄)

はい美味しそー!
これならちょっと分け分けして食べるのにもいいですな!分けないけど!ちぇりさんだったら2つ買うけど!(1個丸々食べたい欲張り)

ところでこのシューがちょっと個性的で、クッキーシューかな?と思わせつつも、生地自体のレシピ位が独特だな?

ちょっとナッティな感じもする。
表面はザグザグ。ご覧のような断面の厚みに気泡。ちょっと一般的なシュー皮とは違うな?

そして今回はコーヒークリーム。
とても滑らかで、一旦カスタードベースで作ったものに生クリームのホイップを合わせたような滑らかさ。

程よい甘さを保ちつつ、それが出すぎることなく、こちらもコーヒーをちゃんと生かしてるのが印象的。愛のあるレシピだなーっ。これは美味しい。

どっかかかってきてるわけじゃなく、自家製、その場で焼いているシュー。しかもかなりのオリジナル。

この日の提供は、8時半くらいだったかな?
お店は7時くらいからやってるようだし、前述のように午前中の方が入りやすい印象あるけど、タイミングによってはフード系が用意できてないこともあると思うので、そこはご了承の上。

とにかく人気

ローカルの方に人気なのはもちろんのこと、今回は本当にたくさんの日本の方から、店名も出さずに投稿したポストに「そこいいですよね!」とリプライがあった。

これだけ人気だと、ご紹介するのもどうなのかしら?と思ったけれども、このブログの当初の役割はj分のための備忘録でもあったので(実際、自分のデータベースとしてめちゃくちゃ活用してるw)記録。

モダンでレトロでベトナムでアジアでウェスタン。いろんな要素があるのにまとまっていいて落ち着けて、「今の」ホーチミンらしいなあ、と感じるカフェ。

この「今」を捉えてる感覚、外国人が作るのはなかなか難しそうだなあと思ったり。

ホーチミンのカフェの成功例の一つでもあるだろうし、カフェ好きな人には外せないお店かな?と思いましたよ(*´ω`)

またあのワンコたちにも会いに行こうっと♪

 


ご連絡はインスタやDMやLINE@のメッセージで!


⬆︎をクリックすると、ちぇりまっぷに飛べます。
詳しい使い方はこちらへ⬇︎
ttps://cheritheglutton.com/cherimap-manual/

お店情報

Cafe Slow
27/63A Huynh Tinh Cua Q3
Time: 07:00 – 19:00 (※月曜定休)
Spent:115,000vnd / person

※Wi-FiのIDやPassはお店の都合により変更されてることがあります

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へにほんブログ村
👆ポチってもらえるととても励みになります!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました