店直でオーダーできるデリバリー:カテゴリー別にしました!レポのあるお店はリンク付き!(2020年4月09日更新!)

ちぇり’s Choice【フォンダンショコラ】

ちぇり's チョイス
Sponsored Link

色々なジャンルを設けると言ってはいたけど…
なんでホーチミンの美味いもんブログでやるランキング第一弾がフォンダンショコラなんだよ!って声が聞こえて来そうですが…(笑)

私、ほんっとに感激したんです。
そもそも南国のベトナムに惜しいチョコレートがあるなんて想像すらしてませんでしたから、その存在自体がまず驚きでした。そして食べてみたら。。。

うんまーい!
最初の出会いは旦那さんがワインを買うとき、そのワイン屋さんに偶然置いてあった MAROU のチョコレー。日本でもボチボチ輸入が始まり、物の分かったお店に置いてあったりする様です。

ショコラが盛んなヨーロッパのショコラティエからも良い評判があると聞くベトナムのカカオは、大変優秀らしいですね。そのカカオから作られるダークな風味は、本当に品があって素晴らしい。

気温が高い事から融点が高く設定されてるらしく、油脂分が少なく感じるのも特徴。まったりとした口当たりなどは日本の同等の物に適わないと思いますが、カカオの風味にだけその魅力を委ねて勝負している姿勢は潔く、全く持って美しいチョコレート。日本語サイトもありますので、ご興味のある方はぜひこちらを。

で、このチョコレートのおかげですっかりベトナムのチョコレートに興味がわいてしまったわけですが、各国料理のお店に行くと、デザートにフォンダンショコラが結構ある!! 

美味しいですよね、あの中からトローッとチョコレートが出て来る温かいケーキ。ソースを閉じ込めて焼くレシピは家で作るには手間だし、粉少なめの生地を生焼けにするやつは好みじゃないし…

手間がかかるだけあって、日本のカフェ等、気軽に食べれる所には、あまり見かけなかった気がします。(もしかしたら東京や大阪等大都市圏にはあるのかもしれませんが)

なので最初に見つけた時は、小躍りする程嬉しかった♪まず最初にいただいたのは…?

 

 

Choice① Skewers

 

th_IMG_7314_20141229212740e69.jpg

上のリンクの記事内でも書いてますが、ぶっちゃけ料理は選ぶものによりけり、って感じだったんですが(笑)、まー、久しぶり&ホーチミンで初めてのフォンダンショコラだけあって、もの凄く感激しましたね♪

メニューにはフォンダンショコラ、とはなくて、Death by Chocolateかなにかだったかな?

その名の通り、ホントに死に悶えそうなくらい嬉しかったし美味しかった(笑)のもあるけど、量に殺されそうになった所もあるな…。

すっごいボリュームです。食事の後とかなら3〜4人でつついてちょうど良いくらい。これだけを食べに行ったとしても、1人で全部食べられるかなぁ…(^^;

あと、こちらのお店は夜だけだし、カフェって雰囲気じゃないからこれだけを食べに行きづらい雰囲気があるのが難点。やった事がなので実際にはどうなのかわかりませんが、なんとなくお酒と食事メインな感じの雰囲気があるので…。

 

 

Choice② Mekong Merchant

 

次に「これは!!!」と思ったのが、最近もチョイチィ更新している

 

 

th_IMG_3790_20141229212736343.jpg

こちらは食事もおいしいけどカフェとしても使えるし、なんだったらドリンクだけでも全然気兼ねなく頂けるお店なので、これだけを食べに来ても頼み易いですね♪

ただ2区なんですよね…。在住者がたまに行くにはいいけど、旅行者の方が車を出してわざわざ行くか?となると、ちょっと疑問。周囲には多少お店はあるけど、観光地って感じじゃないし。

あと見ての通り、フォンダンショコラの定義が、チョコレートソースが生地の中に仕込まれてるもの、とするならば、ちょっと外れるんですよね。スポンジ生地の上に温かく、ねーーーーっとりとしたチョコレートソースがかかっていると言うスタイル。

一見こじんまりとして見えますが、その味のボリュームが素晴らしいので、満足度は高いです。メニューには Hot Chocolate Pudding 的な書き方だったと思います。

 

 

Choice③ R&J

 

そして!!!今一番お気に入りなのが、こちら。

 

th_IMG_5161_20141229212739d51.jpg

 

お料理も今の所ハズレなしという、ホーチミンの全てのレストランを合わせた中でも最強クラスのレストラン、ロミオ&ジュリエットのデザートメニュー!!

チョコレートソースは、今回ご紹介した3件の中で一番洗練されてる気がします。且つ、生地は粉が少なめのシットリメレンゲ系であるのですが、周囲が荒く微かにカリカリとした小気味良い食感を散りばめていて、まー見事なハーモニー。

うっとりします。ヘタしたら恍惚レベル。ホーチミンのみならず、過去に食べたフォンダンショコラ…いや、デザートの中でも屈指に入るかもしれない。

夜からのお店で昼間に頂けないのが残念だし、お料理も美味しいお店なのでデザート前に結構お腹が満ちてしまうのですが、ぜ・ひ・と・も!このケーキや、ティラミスなどのデザートの為にお腹のスペース、取っておいて頂きたいっ。

この3つ、どれも特徴が違うし、利便性の違いもあるのでどれが一番!とは一概に言えないのですが、どれも素晴らしく美味しいことは間違いないです。

これまで東南アジア各国を巡って来て、ローカルのものからホテルのものまでいろんなスイーツを頂いて来ましたが、屈指です。まさかそれをベトナムで頂ける、とは夢にも思っていなかっただけに、本当に感激しました。

ご旅行で来られた方には意外かもだし、イメージとしてベトナムらしいものではないかもですから興味が湧かないかもしれませんが、ベトナムのチョコレートのクオリティ、そしてチョコレート使いの妙は、ほんとうに一食の価値アリだと私は思います。もし時間やその他の条件が許して気が向かれたら、ぜひお試しくださいね♪

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました