Vino Vino 〜 超推し店!

今日チョットした記念日なんですが、それに
相応しいお店の紹介。先週はそれでなくても
美味しいお店に出会い過ぎててネタが溜まり
まくってるのですが、ここはその中でもずば
抜けてたっ( ・`ω・´)b

 

 

以前UBER MOTOに乗ってる時にチラと見かけた
まま場所がうろ覚えだったのだけども、先日歩いて
いる時に偶然そこに行き当たって住所の確認と控え
の為に写真を取ろうとお店の入り口をまじまじと
見てましたらば…

 

 

 

12時〜18時までがハッピアワー…だと…?
うん、翌日招集かけてお友達と行ったよね。
グラスワインが90kドン。料理やボトルワインは
15%引き。料理もあるのか。だったらランチで
行けるじゃん、と。

 

店に入ると手前にはセラースペース。
この日は手前スペースでオーナーさんとその
仲間たちが宴会をされていたので写真は自粛。

 

 

セラーエリアは8割以上を赤ワインが〆ていて、
赤ワイン好きには朗報。白も一応各種取り揃えて
いるけど、圧倒的に赤が多い。あとビールが少々。
カウンターでサクッと頂く感じなのかなーと
思ってました。だから食事もおつまみ程度かと。

 

 

ふんふん、チーズ類。
ハムなどのコールドカッツ。
うんうん、そんなとこよね。

 

 

え。
スープ?サラダ?メインディッシュ?

 

 

あら、ベトナム料理もあればお鍋まである!
ってか…????

 

 

ああ、カニ鍋ええな。
ベトナム料理ってアジアンにありがちなスパイスや
ハーブ類をふんだんに使っているんだけども、時に
日本酒やワイン等の醸造酒と凄い良い相性を生み
出したりするんよな。醸造酒の旨味の部分とお出汁
文化が合致するからでしょうかねー。
カニ鍋とワイン、楽しみたい。

ってか…

 

 

ラムがある( ・`ω・´)b
そして更にはラムの腿肉、3kgで1.100kドンやと?!
6000円弱?!まぢか!!!!

いやいやいやいや、でもちょっとなんか食べて
からで無いと、その大物は行きなり手は出せんわな。
この日4人構成やったし、ランチやったし…

でも、こんな品を置いてる店はそうは無い。
相当な腕前と設備無いと無理やでこれ。
それ考えたらその他のステーキ類への調理の
施しに大変期待ができるわけで。

 

 

ところでこれはコッソリなんですが(コッソリに
なってない)諸事情があってワタクシ、1人で
小一時間程、お友達を待つハメになったので、
いつものようにメニューとお話ししてた訳です。

そしたら宴会中のオーナーさんが「酒がないと
待つの大変だろう、姉さん。こりゃ売りもんじゃ
ねーが、よかったら一緒に飲もうよ!」つって
くれたので遠慮なくマッカランを頂くなど(^皿^)

 

更には自分達が宴会してると煩かろう、と、
お部屋を用意してくれると言う。お部屋…?
とてもそんなのがあるようなお店には見えな
かったので、どんなんじゃろ?と思ってたら
あーた、思いっきりVIPルームっ(´⊙ω⊙`)

 

 

この日は6人仕様のテーブルでしたが、詰めれば
8人は余裕のスペース。階段の反対側にもう1つ
こう言うお部屋があったご様子。プラス、暑く
ない時にはルーフトップにもスペースがあるとか。

 

 

この日のファーストチョイスはこのビオワイン。
私あんまりビオって得意じゃないんですが、
これは苦手な特有の臭いの様なものが無く、且つ、
重めの部分でバランスが良くて美味しかった♪

日本人の御客さんは少ないらしいけど、ここの
お店に来る日本人は、ビオワインを買いにくる
方が多いのだとか。ただし食事をして行く人は
未だ少ないと。ほう。

 

 

まずは無難にシーザーサラダ。お肉に限らず
食事の最初はサラダから。食物繊維を先に
入れる。コレでも一応気にしているの。
覚えてるときは。うん。

これが写真で伝わるかわかりませんが、見た目
からして葉っぱが美しい。完全に水気を乾かさ
れており、でも、みずみずしさはしっかりある
からパウダーチーズが良く馴染んでる。

ベーコンチップスは自家製で、頃合いのしっとり感。
クルトン1つにもしっかりとハーブとバターが染み
てて、一見何の変哲も無く見えるこのサラダ、
実は極上。

 

 

揚げ春巻き。
え?そんなん頼んだん?折角そんなゴージャスな
店におって、しかもワインで揚げ春巻き?って
思った?思ったよね。揚げ春巻きってなんなら
おやつに食べても良いくらいのお手軽料理だもんね。

でもな?
なんとうちら、これ、後でもう一回おかわり
しましてん(笑)。いくら手軽な料理でも、作る
人が作ったらゴッツイええもんに返信するの。

箸で割ったときの香りが違う。いかにも美味し
そうな香りで、早く早く口に運びたくなるような
誘惑が湯気と共に登りたつ。そしてサリサリの
ライスペーパー。ジュワッと肉汁。ギョワっと
旨味。ぐはぁ。。。

しかもこれで驚いてちゃいけない。

むふーん(*´ω`)
リブアイステーキ。
本当はTボーンステーキ頼んだんだけどこの日は
品切。なのでこれにしたんですが、むふーん(*´ω`)

んで、食べてみたら、んもーっびっくりよっ。

 

もの凄く滑らな赤身。
全体にシーットリと閉じこめられた肉汁。
濃い肉の味。絹の様な舌触り。

コックリとバランス良く豊かなソース、小さな
ひと口でも味わいが深すぎる程のマッシュポテト。
ひたすら極上。

 

 


なにごとっ。
ハイエンドなステーキハウスだったらこれいくら
するのよ。350gで450kドン。安い。単価としては
そこそこだけど、まずそのボリュームに対してを
考えたら安い。挙句にこのクオリティ。バカ安い。

Saigon Lookoutさんが無くなった今、
このお店の出現は大変嬉しい!
ちなみにこちら、昨年12月にオープンされたそう。

 

3kgのラム塊の為の伏線張りも忘れない。
まぁ部位が違うから一概には言えないけれども、
ラムラック。あのリブアイの肉の扱い方を見ても、
これが旨くない分けないわな。食べる前から
分かってたし、実際食べても納得だったわ。

 

聞けばこちらのシェフ、というか、女性の
マネージャーさんがこの日は調理をしたそう
なのだけど、もともと豪州にいらしたそうで、
この手の食材の扱いは手慣れたもの。

いや、その食材がポピュラーな所に住めば
みんなが料理上手になるってわけじゃないから、
その言い方は語弊があるけど、とにかくここは
ずば抜けてる。

 

聞けばその日、お友達たちと吞んだくれてた
オーナーさんが、

 

「なかなか気軽に皆で集まって、自分の好きな
味で飲めて食えるお店が無くってさーっ。
だから自分で作っちゃったんだよ、
がっはっはー!」

 

だそうで(笑)
実際、お酒はセラーで売られてるままの価格で
店内に出してるし(グラスの仕様代とかどう
なっとんねん)料理も破格、だけども、気に入る
味のもを追求してるから質は極上。

ゆとり、の部分でこのお店を経営されているの
かなぁ。ありがたいけど。すんごくありがたい
けど。こういうお店。

 

個室数は少ないので予約した方が無難。
広すぎず狭すぎずなので、ここでシッポリ
デートなんかもいいかもなぁ(*´ω`)

なんにしても、ごっついええ店やで、ここ。
この日一緒に行った友達、数日後の週末にもう
再訪してた(笑)
私もはよぉ誰かと一緒に行きたいー♪

 

 

 

Vino Vino Bar
95 Nguyen Thai Binh Q1

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    
           新コーナー設立!
          <ベト式サービス♪>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★
Categories: Various Countries | Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です