Somtum Der ~ ミシュラン☆タイ料理! – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

Somtum Der ~ ミシュラン☆タイ料理!

と言っても、獲得したのはNYの店舗で、
こちらの店舗ではなく、且つ私がこちらの
お店を知った経緯もミシュランがきっかけ
じゃなく(と言うか、なんとなく友達から
聞いてはいたけどスルーしてたw)、
ぜひ出向かねばと思わされたのは、

SPANNAGA EATING ROOM

先日のバンコクで知ったこちらのお店で、
系列点だと聞いたから。デザートもわずか
3品しか食べていないにもかかわらず、その
味の緻密さにすっかり魅了され、大感激した
ことをお店の方に伝えつつお話してたら
「ホーチミンにも支店があるんですよ!」と。

それが今回のこちら。

 

 

場所はLe Loi通りからPasteur通りに入って
すぐ、右手、Thehu Thehu さんに向かって
右側に路地があり、そこから2階に上がった
ところ。

  
赤い。怪しいw
でもこの怪しさを突破したところに素敵な
お店がある、と言うのはホーチミンの必勝
パターン。


これが見えたら、左側が入り口です。
全くもって、外からも見つけにくければ、
看板を見つけて以降も怪しげと言う、旅行者
さんなど、慣れていない方には、ほんっと
行き辛いよなぁ(・∀・;

 


でも中に入るとこんなん。オサレ。
このキャッチーさ、もっと前の段階から
出してもらえませんか?と思うのですが(笑)、
まぁそれもホーチミンの醍醐味の一つ
ということでw

 

ひとまずは、Rosella ティを頼んでメニュー
とがっぷり四つ。いわゆるハイビスカスティ
で、ホーチミンでもオーガニック系のお店
なんかにはよく置かれてますが、タイの
方がポピュラーかな?

ビタミンCが多く、美容に良いとされている
さっぱりとした酸味が特徴のドリンクですが。。。
ドリンクですが。。。さ、さっぱりという
より、濃すぎて塩気すら感じるぞおいw

薄くてどないにもならん、というよりかは
良いようですが、ここは氷が溶けて少し
薄まるのを待つ作戦で。。。(笑)

 

     

メニューはどれも判ろやすく、ISAN料理が
多い様子。こちら、タイ料理の中でも日本人が
食べやすいものが多いせいか、ファンが多い
印象。そして今回頼んだのがこちら。

 


生海老のソムタム。
店名に掲げているからには、頼まぬわけには
いかんでしょう、と思ったけど、生海老に
こだわってしまったため、パパイヤではなく、
下にあるのはキャベツの千切りwww

生カニのソムタムが大好きなことは何度も
言って来ていますが、難点は食べにくいこと。
海老はカニの代用にはなりませんが、生って
ことでテンションが上がります(๑•̀‧̫•́๑)

それにバンコクの街中で食べる生海老はどれ
もこれも洗われすぎなのか、そういう肉質
なのか、味が抜けてヘノンとしたのに当たる
ことが多く(熱を入れてるトムヤムクン
とかは当然美味しく、おそらくは美味しい
お店をまだ知らないだけ)生海老食べる
なら断然ホーチミン、という「現時点では」
価値観を持っているので迷わず注文。

美しい。
見ただけでわかる、その身のプリプリ加減。
清廉さ。そこにかかる青唐辛子ベースと思しき
ピリ酸っぱ辛そうな薬味ソース。

まちがいないっ( ・`ω・´)b

海老の手入れはきっちりされてるけど味が
抜けるようなことはなく、わずかな時間だけど、
ちゃんと全体がベースの酸っぱ辛い調味料で
シメられている。これ、薬味が乗ってるとこ
だけ味が移ってる、とかだと、薬味が乗って
ないとことの味に落差ができすぎてムラっぽく
感じると思うんですが、うまいこと全体に味が
馴染んでて美味しいぃん(*´ω`)

でっかい海老が5尾くらい乗ってたかなぁ。
一人でペロリ。ちょっとお店の人が驚いてた
けど知ったことか。これ、私もう1皿、
食べれるわ。

面白いことに、爽やかな辛味でお口がヒリヒリ
したところに、先ほどの濃いRosella ティを
飲んで見ると、くどさのようなものが消えて
舌を休める優しい味になってました。うん、
組み合わせん妙ですな。

ちなみにエビの辛さは希望を伝えれば若干
調整してもらえるようです。今回はスパイシー
でお願いしたから容赦なかったwww

 

もう一つは、クイティアオ。どちらも米粉が
原料で、見た目もパッタイと混同しがちですが、
タイでは明確に別のものらしく、間違えて注文
すると「違うヨォ!これはパッタイじゃなくて
クイティアオ!」と逐一訂正されたっけ(・∀・;

クイティアオは同じ米麺の中でも広太いぺろ
ぺろ麺が該当することが多いように思います。
センミー(極細麺)、センレッ(細麺)、
センヤイ(幅広ぺろぺろ麺)と分かれるところ
の、センヤイですね。


しかしそれにしても見てこの薄さ!!
天女の羽衣もかくやな透け具合。茹でた麺に
調味料を炒めながら回すのでしょうが、これ、
全体に綺麗に回すの大変そー(・∀・;

食べ見ると…?

ペチョローン♪
むちゅん、むちゅん、
ピッタラピッタラヽ(・∀・)ノ

噛むというより、お口の中のあっちこっちに
ひっつきもっつきするするもんを、モニュ
モニュとなんとか移動させて喉の奥に滑り
込ませる、という感じ。これが快感!

味もさることながら、美味しさの7割はこの
食感が牛耳ってたんじゃなかろうか。タイ
現地でいただくパッタイがモッチモッチの
食感であることを知ったのは、お恥ずかし
ながら割とここ最近のこと。以来すっかりその
粘り腰の色気にやられているわけですが、
ここで食べられまスカ。。幸せ。。。(*´ω`)

 


4種の神器ももちろん装備。
ホーチミンのタイ料理屋さんにはこれが出て
こないことが多々あんです。その代わりに、
特に砂糖はベースの味として調味に使われ
きってることが多い。つまり、甘い。

タイの方も、この4種の神器から砂糖をザク
ザクとかけて食べる方もいるので最終的には
かなり甘くして食べるのであれば、甘みが
強いのが本場の味、とも言えなくはないの
ですが、日本人には、ちときつい。

例えば、ソフトシェルクラブのプーパッポンを
食べさせてもらえる SAMYAN さんなども
結構甘め。まだこちらのお店は控えめだし、
何よりソフトシェルクラブのプーパッポンと
いう夢のような料理が食べられるので大好き
なのですが…
(本場本家のはリアル蟹なので食べるの大変)

できれば抑えめのものを出してもらって、
あとで自分で調味をするタイプのものの方が
ありがたい。その点で、こちらのお料理は、
ホーチミンのどのタイ料理屋さんよりも、
自分的には「ピシャリ」な感じ。

これは舌の合う我が友も同じ意見で、二人で
High 5を決めたところ。

星獲得のNY店の味を知らないので、こちらの
お店の味がそのままなのかどうかは判断が
つきかねますが、私が知るホーチミンのタイ
料理の中では、バンコクでいただくタイ料理
の味に一番近しく、キリッと焦点があってる
ように感じるのがこちらのお味だと思います。

それがこんなカジュアルに。
星あるデー、というアピールもさほどせず、
奥ゆかしく佇んでいるというのがまたよろしい
やね。

ちなみに昼なのにセットランチはないんかい、
と思ってましたら、

 


あったわ。でも2人用やねんな。
一人で行ったからあえて出しませんでしたよ、
というお話のようでした。。。どこもお一人
様には厳しいノォ。。。。


ディナーセットも二人で2千円弱とお得。
まぁこのセットなら、自分の場合は提供
されても単品で好きなもの頼んでた気が
するけど、お試しでいただいてみるのは
セットがやっぱりお得かも。

なんにしても、リアルタイ料理(と言っても
私の体感基準ですが)として迷いなくお勧め
できるお店が見つかってよかった。
なんし、タイで出会った美味しいお店に紹介
してもらった経緯があるくらいですから間違
いない。

地味ぃな場所にあるお店ですけど、キラッと
ひかるもんのあるお店だと思いますよ。
タイ料理お好きな方は、是非一度(^・^)

 

 

Somtum  Der
136 Pasteur Q1
Time : 11:00 – 14:30 / 16:30 – 21:30
Spent : 300,000 vnd

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    

         ◯◯なビールで見えること

          <Vol. 047【許すまじ】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん~ちぇりのココだけの話】
 

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

Categories: Various Countries | Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です