Oc Ghe ~ お気に入りの貝屋さん更新! – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

Oc Ghe ~ お気に入りの貝屋さん更新!

***** Oct, 2017 again*****

さあ、早々に2回目ですよ!
「貝料理を食べたい!」とご所望頂いたので
迷わずこちらに。以前は  Oc Khanh 一辺倒で
今もレスペクトしていますが、舌が今は
こちらに興味津々。

前回すごく混んでいたことと今回は5人だし
万が一にもお席がないなんてことになっては
いけない、と予約をしに行ったのですが、
英語できる人がほとんどいない。。。(-“-;)
仕方ないので知ってる単語を並べてみる。

「よやーく!きょう!ごにん!ろくじはん!」

幼稚園児みたいな話し方でしたが、
どうやら単語は通じたみたいです。

でもなんか発音がおかしかったのか、通じる
には通じるけどヒョットコな言い方だったか、
店員さんたちがウキャウキャ笑いながら
予約を受けてくれました(。-_-。)


って、初手がチャーハンかーい!w
日本人的には締めの意味合いが強い炭水化物
ではありますが、ベトナムではあんまり関係
ないんですかね。それにしても、他のメニュー
と同時に頼んでもチャーハンが最初に出て
くる率高くないですかw

ま、こっちのチャーハンは軽いし美味しいし、
実際意図的にビールのつまみにすることも
あるくらいだからいいんですが。


大好きなOc Len Xao Dua!
巻貝のココナツミルク煮!
細い部分が逐一カットされていて、
反対側の口の部分からチュポンヽ(・∀・)ノ
と吸うと、チュルン(^・^)とその身が
出てきます。甘いココナツミルクと共に。
おいちぃん(*´ω`)

 

こないだも食べた、カニのチーズソースがけ
と定番ホタテのねぎ焼きは相変わらずの美味
しさ。このお店のいいとこは、突き抜けて
個々の皿がすごい、ではなく、8割くらいの
美味しさで、飽きがこないから次々と色んな
皿を試したくなるところ。

例えばここの1品だけを食べたら、物に
よってはフゥン、かもしれませんが、貝っ
てアクが強いから、あまり個性の強すぎる
味に仕上げると食べ飽きちゃうんですよね。
胃袋の容量じゃなく、許容摂取成分的に
限界がくる。だから「ほどほど」があれこれ
食べることができる鍵なんじゃないかなー
と、個人的には思う次第。

かえりゅヾ(@⌒ー⌒@)ノ
もちろん皮付き。カエル料理、海鮮料理扱い
ですよね。貝やシーフード料理店でよく
見かける。

ここ、揚げ物も得意なのか、添え物の
レモングラスの揚げ物もすっごいサクサク
で且つ、油が美しくきれていて食べやすいし
美味しかった!カエルも表面がサクサクで
中プリプリ。良い!
 

エビもなんか頼もうと思って迷ってたら
「これがオススメよ!」というから、
んじゃそれを、と任せたら。。。

なんとエビのベーコン巻き!(´⊙ω⊙`)
この発想はなかったw

こちらのレシピに、よくアサリや豚を
合わせたりと、山のものと海のものを
縁組してるパターンがあって日本人的には
びっくりすることがあるのですが、
今回のこれも初めてのパターン。

そして美味しい!贅沢な使い方な気も
するけど、エビが産地であるとこならでは
ですかねー(^・^)

もちょっとなんか食べたいねってことで
お魚を頼んだのですが、ウマヅラハギさん?
の仲間??(ぼかすなーw)。それをピリ辛
のみりん干し的味付けですんごい丁寧に
焼いてある。焼き目がないもん。すごい
遠火でじっくり焼いてたんだろうと推測。

待ってる間、忘れられた?と途中で思う
くらいの時間がかかってたのですが、
なるほど、これだけのサイズの魚をこんなに
丁寧に焼いてたらそりゃぁ時間かかる。

その身もホクホクしていて良い具合に水分も
抜けてるので、一夜干し的ホロみ感もあり
とっても美味しい♪


と、そこでこんなものが登場。
え?頼んでないよ?エビの料理は
さっききたし。と、思ったら、

「サービスだよ(・∀・)」

と店員さん。
え?うちらなんかした?なんのサービス?
と戸惑いつつ、サービスならいただくか、
と遠慮せずに手を伸ばしたのですが、
これがまた素晴らしかった!!

焦げ目、見当たらないでしょう?
でも頭の先から尻尾の先まで、サリッサリに
仕上がってるの!まぁ口先は硬いので口の中
怪我しそうだから避けたけどw、殻なんか
むしろ食べるのが美味しい極薄の上品なエビ
せん状態。それでいて身の部分は乾いていない。

あと感心したのが塩の振り方。
よく和食の調理場では塩を振るのに何年必要、
とか言いますけれども、ホーチミンにはこれ
くらいの塩振りができる人がゴロゴロいるの
よね。。。且つ、彼らはそれが特別とは多分
思っていなくて、普通にやってるんだろうなぁ…
ところで。。。


しかし食べながらもサービスってなんだ?と
訝しがってるのが伝わったのか、店員さんが、
おそらく一生懸命訳して紙に書いてきてくれ
ました。

おおっ、なんかお店の前に書いてあったやつか?


月曜日〜水曜日、5人以上のお客さんには、
焼きエビ、サービス。10人だったらもう一品!
説明してもらったらベトナム語が頭に入って
きた!(笑)
昼間、予約しにきた時に見た時には流し見してて
特に気づかなかったけど、そうだったのか!

そもそもこちらの店員さん、みんなしてすん
ごい一生懸命お世話してくれるの。オーダー時、
拙い私のベトナム語を一生懸命理解しようと
してくれてたり、英語をなんとか喋ろうとして
くれたりとか、なんかご飯が美味しい以前に、
気持ちがほっこり(*´ω`)

面倒臭いと思われても仕方ないと思うのよ。
自分たちの言葉がわからず、オーダーにも
オロオロしちゃうような客。ここはベトナム
なんだから、ベトナム語喋れよお前らと
言われても仕方のないところを、英語で
なんとかしてくれようとするだけでも
ありがたいわ。

そして表の看板、理解できてなかった
んだからスルーされても仕方ないのに、
きっちり、お店側から「こういうサービス
があるんですよ」と提供してくれる誠実さ。
いいお店だなぁ。

でもこれ、この日5人いなかったらわから
なかったことだよね。店員さんの親切は
伝わってたけど、ジャスト5人だったんで
得られた経験。

しかもすっごい楽しかったし美味しかったし
こういうのって集まる人と、お世話になった
お店あってこそだよなぁと改めて。

美味しいし、良いお店ですよ、こちら。
ほんと。

割に使いやすい場所でもあるし、なんだっ
たらエアコン効いた屋内もあるし、お外も
程々キレイなテーブル、そして女性トイレは
なぜかエアコンが効いているというプレミアムw

貝以外も色々あるし、よかったらぜひ使って
見てあげてくださいね♪

 

 

 

***** Oct, 2017 *****

 

ローカルの方と飲みに行こう!って話になって、
選んでもらったのがこちらのお店。実は
ホビロンが目当てで、こちらのお店のライン
ナップならあるであろうと思ってたら無くて。。。

 

ローカルのお友達が、お外で買ってきて
くれた( ̄▽ ̄) そして食べるためのお皿や
チリライム塩や何やらをお店の人にお願い
して使わせてもらってた。。。外から持ち
込んだものでも、嫌な顔せず、協力的なのは
ベトナムのお店の鷹揚さ。ありがたい。

もちろんそのお店にあるものを持ち込む
なんてことをするのはどうかと思いますけどね。

ところでこちらのお店、場所はMac Dinh Chi。
こんなお店あったけかぁ?!と、到着して
見て驚いたのだけど、オープンしてまだ1ヶ月
くらいなんですって。そういえばこの辺、
あまり通ってなかったから知らなかったんだわー。

おそらくは前にあった建物を上手に利用してる
感じで、お外席と、屋内席も若干ある様子。
中を使いたかったら予約した方が懸命そう。
まぁ綺麗目のお店といっても。。。

これが冷蔵庫なお店ですけどw
よいっ。個人的にはとても好きっ(笑)
8時過ぎに行くと、お店はほぼほぼ満席で、
まだ新しいお店にも関わらず人気のほどが
知れ渡っている様子。

ホーチミンでは、客の賑わいは美味しさの
バロメーター、と思って良いのでこれは期待。

ふむふむ、お店の名前通り、貝料理もたくさん
あるけど、もちろんエビやその他のお魚類も。
それだけじゃなく、お肉類も結構充実して
そうなのがいい感じ!

私の周りでは、貝でダイレクトに中った人
って少なくて、でもみなさん百戦錬磨な所が
あるから、例えば初めて旅行に来た方が
いきなり試しても絶対大丈夫なんです、
なんてことはとてもいえないわけですよ。
特に私のお腹は、一切信用がならない。

過去に日本で牡蠣小屋に行ってキロ単位で
食べた時、同行の4人は帰り道で病院行き
だったというのに私1人平気だったし。。。
私が大丈夫ってのは、おそらく多くの人に
当てはまらない。すこぶる怪しい(๑•̀‧̫•́๑)

保証できないから無理に連れて行くことは
もちろんできず、そして貝料理を警戒して
いる人は結構多い。。。というわけで、
貝専門店にお誘いできる方はかなり限られて
くるのですが、ここなら肉料理もあるので、
席を同じくすることが可能。

 

 


最初は、赤貝の Xao Me。タマリンドソース
炒め。もうこれ大好き。いろんな素材に
タマリンドソースを合わせることはできますが、
貝との相性ってすごい良いと思うの。ここのは
ソースの量がほどほどだったけど、たっぷりの
が来た時は、フランスパン頼んでソースをつけて
食べるのがお約束。

 

  

これはカニの、チーズソースかけ!!
カニはね、Gheの方で、ワタリガニ系。
ちなみにマングローブの下に住んでるような、
丸っこくて爪がコロンとしてるタイプのやつ
は、Cuaと言われて、これ、明確に区別
されてます。

日本人的にはどっちもつい「カニ」と思っ
ちゃって、どっちもどっちやーんと混乱する
ことがあるのですが、市場とかで「このCua
ちょうだーい」とかいうと、付近にいるおば
ちゃんたちから一斉に「それGheだから!」
などと厳しいツッコミが入ります(。-_-。)

 

カニの身はしっかり詰まってて、でもワタリ
ガニですから品の良さすら感じる綺麗なお味。
しかしそれをジャンクなチーズソースまみれ
にして食べるという、なんと背徳的な料理。
ジャンク万歳。ビールがうまい。

 

巻貝は、チリソース焼きを頼んだのに茹でた
のが出てきてしまい、これ違うで、と言ったら
注文を取ったお姉さんがものすごく困った顔を
していたので、安いし、量もそんなにない
からどっちももらうことにしたw

茹でてる方はあっさりなので、ライムチリ塩を
つけて食べると良いつまみ。ただやっぱり
焼いてる方が身が締まっててコリュッコリュ
してて、自分的には好きだった♪ 小さい貝
なんて面倒くさいよー、という方もおられる
かもしれませんが、簡単にキョボッ♪
と取れるので、さほどの手間ではありません。

そしてこいつもおったーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


Ba Huyenというお店でもご紹介して大騒ぎ
していたこちらのお魚。結局あの時、鍋は
ドジョウだったけど、こいつはどうやら
違ってたということで、この焼き物はホコ
ハゼさんというお魚でいらっしゃるそうです。

今回のはスパイシーなタレ炭火焼きで、大変
香ばしくっ且つ、味もしっかりしているので
ビールのつまみにもってこい。持ってくるな
と言いたくなるようなものはこの日、その他
にも一品もなかったけれども、特にこれ、良い。

 


今回の、味付けは濃いですが、魚の身は
相変わらず上品な白身。実に清廉。これも
ベトナムで楽しんでって欲しい食材のひとつ
なんですが、前述のBa Huyenというお店は、
観光客の方には、場所も雰囲気もちょっと
敷居が高い。

でもこちらのお店なら。。。これがダメでも
他に色々チョイスがあるし、ダメだったと
しても惜しくない金額。主要価格帯は、
だいたい60k ~ 80kくらいだったでしょうか。
300〜400円くらい。お安い居酒屋さん価格ですね。

ちなみにこれだけのお料理を頼んで3人で
ビールを結構飲んでも、500kドンちょっと
でした。2500円くらい。3人で、ですよ。
頭割りしたら、900円も行ってない。
やっす。

これは良い。
実に良い。

美味しいし、メニューのバリエーションは豊富
だけど、ガイドブックにあまり載ってない、
でもベトナムならではの食材や調理法の料理が
いっぱい!!しかも中心街からさほど離れて
いない上に、いろんな美味しいものがある通り
なんですよねー、このお店がある通り。
教会からとかでも歩いて行けなくない距離です。

うん、やっぱりとても良い。
ここは推しですよっ。

ゴリゴリのローカル店なんで、言葉とメニュー
の面でちょっとハードル高いかもしれませんが、
私ももっと通って、他のお料理頼んで写真
アップしますし、メニュー解説できるように
勉強しときます。まだ半分くらいしか即座に
理解できないけれども、かなりわかるように
なってきたので。
しかしよーもこんなに次々良いお店が出てくるな。
ホーチミンに住んでいる方、旅行でこれから
来られる方。お楽しみが続々ですよー♪

 

 

Oc Ghe
34 Mac Dinh Thi Q1
Time : 15:00 – 01:00
Spent : 170,000 vnd / person

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    

        ホテルみたいなタイの病院

        <Vol. 049【サミティベート】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん~ちぇりのココだけの話】
 

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

    Shibainu 2017-10-23 11:31:59 / Reply

    このコメントは管理者だけが見ることができます

      ちぇり 2017-10-23 23:44:12 / Reply

      >Shibainuさん わあっ、私も今日また行ってきました! 英語できる人少ないけど、一生懸命接客してくれるし、お料理もまた美味しくて、やっぱり好きでした、こちらのお店。Shibainuさんのお口にも合ってくれたら嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です