Legendary ~ 便利アイテムお花チョコ – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

Legendary ~ 便利アイテムお花チョコ

***** 2017 Oct.*****

このお店の近くのRosereve さんにチョイチョイ
いってることもあって、お友達宅へのお持たせ
やらプレゼントによく利用してます、こちらの
お店。

で、うっかり自分用のおやつにも買ってしま
ったりするのですが。。。(エステ意味なし)

ボックスがしっかりしてるし、外袋も前回
お見せした通りなので、ちょっと体裁が良い
んですよね。ボックスの中身も自分で選べる
から融通きくし。

トリュフ以外も充実してて、最近気に入っ
てるのは上の写真右上のコーヒービーンズに
チョコレートコートしてあるドラジェ。

作業中の目覚ましにちょうど良い感じ。
(いろんな理由持ってくるな)

あとこのチョコバー、すてきじゃないです?!

 

エディブルフラワーを散りばめた、白と
黒のチョコレートプレート!!これは素敵♪
お花だけじゃなく、ナッツなどもそれぞれ
に混ぜ込まれていて、デザイン的には2枚
と同じものがないと言う商品。

お値段も。。。いくらだったかな。
このプレート1枚で30kドンちょっとだった
気がします。150円とか。まぁ、日本で
板チョコが80円台で買えたりすることを
思えばお高いかもしれませんが、質が違うし、
この見た目。

そもそもパッケージがこれ。
保存も効くので、手元に何枚か置いておくと、
ちょっとしたお礼ごとや、お借りしていた
ものを返すときに添えたり、これにメッセージ
を挟んでお渡しする、なんてこともできますね。
気が利いてる。

チョコがケースから滑り落ちないように、
背面を一点、両面テープで固定してくれてる
のも、落として割ったりしない気遣い。
これ、手作業でやってはるんやろうなぁ(・∀・;

お味の方も申し分なし。
私、ホワイトチョコってチープになりがちな
イメージがあったんですが、ここのはミルキー
さの濃度の中にも味わい深さがあって好き
だったな。

普段はエディブルフラワー(食える花)なんか
サラダにモソモソ入ってても、特に美味しい
ものでもなく「邪魔だわ」って思ってたけど
(そーゆー言い方しない)差し上げるもの、
いただくもの、しかもチョコレートとのコンビ
ネーションとなったら話が変わってくるもん
ですね。素敵。

外を持ち歩くのも小一時間くらいだったら
無事だったし、お部屋の場合はエアコンが
効いてれば常温でOK。むしろ冷蔵庫で保管
して誰かにあげるときに常温に戻して…って
やったほうがブルームが浮いてくるのが
心配かも。

ってことは、日本へのお持ち帰りも大丈夫
ってこと(๑•̀‧̫•́๑) ベトナムのお土産って
よりは、普通に日常のやりとりに使えそうな
アイテムだから、きっと重宝すると思いますー♪

 

***** 2017 Sep.*****

MAROUさん、MAROUさん言うがあまり、
ほかが完全ノーマークになってました。

トリュフチョコなら、BONIVAさん。
それも自分の中では定番になってたのも
原因かな。一途すぎると新しいもの、
より良いものを完治する感度が鈍りますな。


と言うわけでこちらのお店、完全にノーマーク
でした。最近用事があってこの周辺をよく
行き来するので偶然見つけた。

 

店内はスッキリとしたレイアウト。ギフト用の
商品が結構あるようで、凝ったパッケージの
商品が色々あって、それらが綺麗に並べられてた。

コーヒー豆をチョコでコーティングした
この商品とか、パッケージも可愛いよね。

トリュフチョコのチョイスはかなり豊富で、
傾向的に、お酒を使ったものがかなりの
割合を占めてて、自分的にはニーンマリ(笑)


突飛な組み合わせに走るショコラショップも
あるけれど、なんだかんだでオーソドックス
なベースがある上で遊んでるってのが基本。
組み合わせる素材によってベースがブレて
るようなところのは、新作を重ねるごとに
ツッコミどころが満載に(´Д` )

料金はこんな感じ。
数あるトリュフは、1個だいたい21kドン。
っぽい。その時々デキャンベーンみたいなのを
やってるらしく、この日はコーヒーフレーバー
のをいくつか買うと、1個オマケ、みたいな
サービスをしてくれてた♪

パッケージ、箱はおぼこい感じだったけど、
手提げ袋はシュッとしてて、おもたせに
持って行くのも良さそうな感じ。

ラム酒ベースのものをいくつか。ラズベリー
との組み合わせとか、ナッツとの組み合わせ、
コーヒーフレーバのものなど、どれもまったり
した口どけって点では共通してるけど、
それぞれのフレーバーが程よく主張してて
飽きないのでついつい次々手が出ちゃう(^・^)

肝心のお味ですが、基本ミルキーな感じですね。
MAROUさんみたいに、カカオをビキビキ効か
せた感じというよりは、かなり資質率も上げて、
まろやか〜な口どけを楽しむタイプ。それでいて、
持ち帰りに30分かけても、部屋では常温(26~7
度くらい?)に置いておいてもベタつきはなし。

特に生チョコタイプのやつは、ネーットリと
してて、好みだったわー。カカオ純度がどれ
くらいかと言われたら、こうなるためには
諸々カカオ以外の部分で調整はしてるだろ
うけど、この手のチョコレートを常温で少々
持ち歩いても平気ってのは助かるなー。

メッセージ入りのチョコなんかも大小サイズ
揃えてあったので、何かと使いやすいかも。
多分これ、事前にリクエストしたら希望の
文字を入れてくれるタイプなんじゃないかなぁ。

なんにしても、トリュフチョコに関しては、
手持ちのリスト内の上位に入ったのは確か
かな。今度は是非お土産用の箱のチョコも
試してみねばなー(^・^)

Legendary
48 Truong Dinh Q1
Time : 08:00 – 21:00
Spent : 100,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    

        こっそりこっちでだけ教えちゃう♪

          <Vol. 046【ワインバー38】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

Categories: Cafe / Sweets/Bar | Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です