Lang Nuong Nam Bo 〜 「あの」お店! – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

Lang Nuong Nam Bo 〜 「あの」お店!

以前お気に入りで何度も行ってたこちらの
お店、NAM BO  が移転してしまってから、
アレに取って替われるお店を見つけた訳でもなく、
このジャンル…

ベトナム料理だけど、気持ちお祝い要素があって、
家族皆で「よぉし、今日はおでかけごはんだ!」
と、ちょっと気張って行く様な、そして場所に
華があって、イベント的に行ける様なジャンルの
お店は欠落させたままだったのですが…

ハイ、きたー!!
これが無くなってしまったお店の移転先なのか、
以前からあったのかは不明ですが、同じ10区に
ありましたの♪

Google Mapで名前で検索かけると、以前のデータが
残ってるのか、近いけども別の場所を示すので、
後で掲載するこのブログの地図をアテにして探して
くださいね。

え?まだ誰も行くなんて言うてない?
いや、絶対行きたくなりますってw
それにしても…

広い。
道路から店に入るまでに、すごいスペース。
車も駐車しているし、駐車しなくても車で着た人が
一時的に乗降する場所が凄い広く取ってある。
以前のお店もアホ程広い敷地でしたが、今回は
もしかしたらもっとかもしれん。。。(・∀・;

 

通り沿いにも立派なサインボード立ててたけど、
通路通って到着した店の屋内入り口の所もまた
立派。そして入り口席からワイノワイノ♪

店内はこんな感じ。

でーーーーけーーーーえぇぇーーーーー(・∀・;
色々が新しいだけに、以前の絢爛さにさらに拍車が
かかっとる。。。そして、広い。。。

加えてここ、VIP ROOMがあるんだよね。何部屋も。
チョットしたパーティとか、内輪の集まりに使うっぽい。
お仕事関係の宴会なんかにも言いかもしれない。
ここまで紹介して利用料とか聞いてないわ。ごめん。

これだけ広いので、店内に蠢くスタッフさんは、
階級が明確に分かれています。バッシング担当
(お皿を下げたり空いた席の片付けをする人)、
給仕担当、エリアマネージャーみたいな人。

で、この店日本人は珍しいから、まずはエリアマネ
見たいな人がテーブルに来て様子を伺ってくれるわけ
です。すると。。。?

「マダム、またお会い出来るなんて嬉しいです♪」

と。ん???ワタシ、このお店に知り合いなんていない
けどな???と思ったら、なーんと、以前良く行ってた
店舗に勤めてた人で、私も何度かお世話になってた人だった!

って、もうヘタしたら一年くらい顔あわせてない人なん
だけども、覚えてくれてるとは光栄!!ってか、ここで
また会えるなんて!!(≧∇≦)

このお兄ちゃん、男前やし気が利くし、機転が利く上に
日本語がちょっぴりだけ出来る事もアリ、なにかと助けて
くれるんよね。かなりアウェイ感のあるお店なんで、
ホッとするわー!

ましてやこの日さ、日頃お世話になってる方のゲストが
日本からやってくるってことで、お仕事絡みではなかった
んだけど、おもてなしはしたいってシチュエーション。

味に関しては以前の店舗と変わらなければ大丈夫だろう
と思ってたけど、場所やら店内の様子が分からず、
ガイドする側としてはあるまじき状況。でも彼の登場、
ちょー助かった。彼いてくれて。一年振りで。あの
アホ程広い店内にあって、私の卓に来てくれて。
これもう神の采配としか思えない。

という訳でお料理です。
メニューが見易くなってました。全品じゃないけど、
写真も多く、様子が分かり易くなっています。

素材が何か分かり易い様、こんなのもあったりします。

 

え。要らないってか。
メニューには、あまり愛くるしい図を使わないで
ほしいですね。。。とかいいつつ、こんなもの頼む。

子豚の丸焼きーヽ(・∀・)ノ
東南アジアでは定番料理。
フィリピン、バリで食べたけども、こんなにフランクに、
且つ、こんなに綺麗な状態で頂けたのはベトナムが初。

いや、お祝いの席とかではどこも丸っと出されてて綺麗
な状態なんだけどもね。普段食べようと思ったら、
もうぶつ切りにされてご飯にドチャっと乗せられただけ
みたいなのが多い。豚の丸焼きを食べているには違いない
けど、実感が全くないというねw

ちなみに。。。魚もそうですが、この頭の裏側にある
目ん玉のところ、美味しかったです( ・`ω・´)b
あとお耳(*´ω`)

 

コリコリ(^・^)
コブタなので、そんなにお肉はミッチリついてるわけ
じゃないです。ので、北京ダックのように皮のパリパリ
を楽しむ感じ。ただしそこにある脂は、コブタなので
まだ質が良く、甘くシャクシャク。

あと、この揚げパン美味しい。
基本中国の蒸しパン的なものなんだけども、ベトナム
のレシピらしく米粉が入ってるっぽくてホンノリ甘く、
それがこんがりカリッと揚げられてることで、昔食べた
おやつの揚げパンを彷彿とさせる懐かしさ&素朴な感じ。

あと、私がこの店で必ず頼むのは、カボチャの花の
炒め物。ガーリックタップリで美味しいの♪

どこの店でも頼める料理ではありますが、豚や
その他の大物を頼む事が多いこちらのお店で、
なんか野菜を…と思ったときはもう鉄板。

順序が前後しましたが、
前菜にはこんなものもありまして。

揚げ春巻きにイカリング、ゴッツいハンバーグみたいな
肉団子とココナツの若芽を使ったサラダ。定番ですが、
パッと出て来てくれるとビールのアテにありがたい。
しかも量いっぱい。これ、400kくらいでしたけど、
7〜8人で突ついても、十分すぎる量でした(・∀・;

ハタ、かな?の蒸し物も頼んでみました♪

火にはかけるものの、ある程度の調理はもうすませて
ある状態で登場。固形燃料での火は保温が役目な感じ
ですかね。

で、最後の仕上げはテーブルで。
見てこれ。丁寧じゃない?身を開いてそこに
蒸し汁をしみ込ませる。絶対その方が美味しく
しあがりますもんね。プレゼンも兼ねてるんでしょう
けれど、ほんと気が利く。愛がある。

日本だと、けっこうな高級魚な筈なんですが、
ベトナムではかなりポピュラーですよね。良く行く
お魚屋さんでもコンスタントに売ってるし、なんなら
日本で一般には手に入らない様なサイズのものを、
サクッと家庭で使えてしまえるこの豊かさ。

日本だとサイズの良いのは、即料亭とかに持って
いかれちゃいますからねー。そもそも金を積んでも
手に入れ難いと言うね。

でもベトナムでしょ?南洋の魚でしょ?って思った?
思ったでしょ?うん、わかるよ。ちぇりもそう思った。
ナメてた。

牡蠣や舌平目とか、他の魚介類も同じように感じてたん
だけど、食べてみたら、あらビックリよ。ビックリした
でしょ?こちらに暮らしてお魚食べる機会がおありに
なった方。

日本だとついつい「冬の冷たい海で育った魚の方が脂が
乗って美味しい」って価値観を持っちゃって、暑い国の
魚はどうも。。。とか単純に考えてしまいがちですが、
あれですわ。多分海の中の養分だとか、肉食魚であれば
捕食魚種の質や量の多さなんかも、当たり前だけど影響
するよね。

とか言いつつ、ベトナムの海の養分と日本の海との比較
とか、数字ではしっかりやってないのだけど、まぁ何らか
の要因があって、この界隈の魚が大変美味しいという
結果になっているってことは間違いない。ま、青魚は
辛いけどね、保管技術との兼ね合いもあって、この気温だと。

お魚図鑑みたいになってますが。。。(笑)
ここ、お肉ばかりでなくて、お魚も豊富。これだけの
規模のお店だからで切る技。これだけ幅広く、しかも
華のある場所とプレゼンで楽しませてくれる貴重なお店。

難を言うなら、2人とか3人だと頼めるものや数が限定
されて、思う存分楽しめないこと。できるなら、最低
6人。なんなら10人くらいで繰り出すのが正解。

この日はこれにビールがんがん、ウォッカもホイホイ
呑んで、8人で割って1人2000円しないくらい
でしたね(・∀・;

取りあえず手持ちのデータの中には、この店に類する
ところが無いので、また見つかって、ひと安心♪
10区って言うのもね、不便ちゃ不便だけど、機会
作って敢えて行って見るってのも悪くないかと(^・^)

ちなみに、今回初めてお連れした方が後日、1区で
接待場所をお探しで、「あそこみたいな店が1区に
あってくれればいいのになー」と言ってくれてたのが
すこぶる嬉しく、冥利に尽きたのでありました(`・ω・´)ゞ

 


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    
          見られたくない乙女心
                    <画像投稿不能レシピ>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です