Dong Restaurant 〜 花鍋推し! – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

Dong Restaurant 〜 花鍋推し!

こちら、よく前の道を通ってたのに、
意外と行った事がなかったわ。。。

 

ちょっとお高そう?と思ったけれど、
お昼時だったからか、ボチボチ御客さんも入っており、
殆どがローカルの方。

テラス席もあって良い感じ…ではあったけど、暑かった
から私達は屋内に(笑)

ネットで見た写真よりちょっと質素な感じだったけど、
程よくベトナミーズな雰囲気があって良い感じ。
なんとなく、今回メニューを撮ってなかった、
ごめんなさい(´Д` )

全体的にやっぱりちょっと良いお店らしく、お高め
ではあったけど、ワンポーションがけっこう大きそう。
生春巻きや揚げ春巻きのティピカルなベトナミーズ
から、これどんな料理だったっけ?というような
ちょっと想像つきにくいものまで色々と。

全部じゃないけど所々に写真があって、わからなく
てもなんとかなりそうな提示スタイルなのも中々
良いね。英語対応出来る人もいてくれてたし、
観光客とかも多いんだろうか。

メインは他に頼んだのだけど、一品だけってのも何
だから、アラカルトを一品ばっかし。

竹筒に入った牛肉の煮物。
おおっ、こないだ棚んで食べた燃える闘魂・牛肉の
ココナツシェル煮みたいな系統の料理かしら?
@ S.E.N Restaurant
(こらこら、勝手に名前つけない)

しかしそれにしてもこの皿余白が大きな、と
思ってましたら。。。

 

ドバシャ!!と、余白の部分に竹の中身を出しまして、
ワッサワッサと、添えられてるお野菜達と混ぜ合わせます。
ほぉほぉ。これは美味しそう♪

いいよねー、ベトナム料理は野菜がタップリ取れる
のが良い。しかもそれぞれ風味豊かでシャキシャキ
フレッシュ。暑い国だと中々これが無いんだよな。

そして今回のお目当てがこちら。
ジャジャーン♪ 花鍋♪

ついこないだ行った、Chay Mandala さんとか
定番の An Vien さんとかありますが、このブログ
ではその第三弾。知れば結構、もっとカジュアルに
食べられる料理の様ですが、調査不足でまだこの
知られた御三家しか行けてない。。。
でもそれぞれに特徴があるもんで、その違いは面白い。

こちらの特徴は、魚介類もお肉もセットに入ってて、
程々にゴージャスな事。魚介類が舟盛りになってる
プレゼンテーションは良いですね♪

 

手入れもしっかりされてて奇麗。
量もタップリ。牛肉も一緒に合わせるのねー。
ベトナムは、魚介のお出汁にお肉を合わせるのが
とても上手。ちょっと日本人には無い発想。
ハマグリに豚肉とか、貝に挽肉とか、お上手よね。

そしして勿論鍋奉行はお店の方に任せるのだけど、
ちゃーんと、ハマグリから先に入れて、お魚、
イカなどを炊いてからのお野菜類。お肉もあまり
煮ると固くなるから、エノキの牛肉巻きも最後の
方に。この辺、どんなローカルなお店に行っても
徹底してるからすごい。

見てこの盛りだくさん。
小さなお椀に海の幸がギュウギュウひしめく
ゴージャスさ。でも、そこまで気取ったお店じゃ
ないし、お野菜も勿論たっぷりで、うんうん頃合い。

花鍋のおつゆはけっこうガツンとした特徴ある
事が多いんだけど、ここのはものすごくベーシック
なのに、素材からの味が滲んでいる感じ。とても
素直なの。難を言うなら、素直過ぎて鍋を炊くほどに
おいしくなり、ぽんぽんパンパンになってくる
最後の方が一番お出汁が美味しくなると言うねw

特徴的なこの麺を最初に入れられちゃうのも、
お腹がイッパイになるのが速い理由かも。
今度はお店の人が入れようとしても、制して
お出汁が絶好調になったところで入れようかなw

そういえば。。。
在住者の方はご存知かもだけど、旅行者の方に
ご注意をば。こういう素直なスープには、添付の
チリをちょっと効かせるととても美味しいのだ
けれど、日本の鷹の爪くらいのつもりで使うと
エラい目にあいます。

このくらい。
このくらいの、チョンチョンチョン♪とか、
シャブシャブり♪ くらいでも随分味が変わる。
勿論辛いのがお好きなら、もっとどっぷりつけ
といても良いのですがそこまで辛いのが得意じゃない、
ッて方は、間違ってもお椀の中にチリを落として
行方が分からなくなった、なんて異になりません
ように。

これはフォーとかに付いて来るチリも同じで、
勿論お店によって使うチリも違うから、辛くない
のもあるかもだけど、まずは最初、控えめに使って
様子を見ながら調整、ね ( 。•̀_•́。)

さて今回のお会計はこれにビールを3本飲んで、
750kちょいだったかな。鍋は食べ切れない量が
あったので、4人くらいでちょうどいいかも。
もしもほかの料理も一緒に楽しみたいなら、
さらにもう1人、2人いた方が。

鍋自体が500k弱。良い頃合い。
安くはないけど、あれだけの魚介がついてだものね。

Chay Mandala さんは、安かったけどベジタリアン
なのでかなりアッサリ。花鍋だけをお目当てに行く
ならちょっと物足りない剥きもあるかも。

定番のAn Vienさんは魚介類も豊富でお味もリッチ
だけども、価格もリッチ。。。鍋だけで1,00kドン
は無いと思うわ.日本でも鍋に5000円って大概
ですやん?確かに環境は素晴らしいんだけどね。

というわけで、頃合い花鍋どうでしょう?
詳しい比較、今度作っとかないけんねー♪

 

 

 

Nha Hang Dong
37 Le Quy Dong Q3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です