BISHIN ~ コラーゲン鍋 – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

BISHIN ~ コラーゲン鍋

これ、ベトナム料理になるのか日本料理になる
のかちょっとジャッジしかねたのですが…
ま、ベトナム的な材料の組み合わせだったし、
一応ベトナム料理のカテゴリーに入れておきますw

Hai  Ba Trung通りに大きく看板が出ているので
気になってる方もいらっしゃるんじゃないかと
思われます。私もすっごい気になってたし、
どこに行く?って話になった時に、お友達数人
から同時に声が上がりましたから、注目度、
高いんでしょうね♪

 

 

Hai Ba Trung 通り沿い、Saigon Square に
向かって左側のヘムを入った奥の方にお店
があります。

 

 

最近はやりの壁ペイントがインパクトある内装。
ってか、内装がすごい丁寧な感じがするなー。
門外漢なので技術的なことはわかんないんですが、
なんとなく。

 

 

奥の方にはカウンター席も。
シースルーキッチンにしてるあたり、衛生面と
かにも気を使われてるんだろうなと感じるし、
実際まだ新しいこともあって、清潔感を感じる
居心地の良さ。

 

 

お鍋メインのお店でカウンターって面白いなって
思ったけど、2人とか少人数で来ても、ちょっと
気楽な感じになるのかも。カウンターだと。

 

基本のお鍋はサイズが大小があって、どのくらいか
わからなかったので、まずは5人で大きいサイズを
注文。その後、各食材ごとに追加することも可能な
ようです。

 

お鍋が出来上がるまでにつまむ一品料理も色々。
確かこちら、SUSHI BAR さんプロデュースと
伺ったし、ロゴやその他印刷物の作成にも日本の
方が関わっていらっしゃるらしいとネットで拝見
したのですが、お料理監修にも日本の方が関
わってらっしゃるのかしら?

 

唐揚げ、枝豆、焼きおにぎりなど、日本の
居酒屋さんみたいなメニューも♪ 食べ方
インストラクションが書いてあるランチョン
マットにも、シメに麺と「おじや」って
のがあるし(^・^)

 

 

一品はマッシュルームの炒めたものと、チキン
ロールを。うわこれ、どっちもつまみに良い
わっw 特にマッシュルームは香りもよくて
炒めすぎず、マッシュルームの魅力そのままに
生かした感じ。これ好きや。

 

 

 
Stair fried mashroom

 

そしてお鍋。
登場したのはこんな姿のお鍋。

 

 

オーーーーッ。煮こごり状態。
ぷるぷるコラーゲンっ。コラーゲンは単体で
取ってもお肌に有効に働きにくい、っていくら
言われても、こういうのを見ると効く気が
してしまう、プラセボ万歳なわたくしw

ってか、これ、コラーゲン単体じゃないしね。
お肌に有効に働いてもらうためにはビタミンや
その他諸々が必要と言われてますが、こちらの
お鍋はメインがお野菜!だからビタミン補充も
きっとされるはずっ( ・`ω・´)b

 

 

 

ああ…写真がつたなくて申し訳ないのですが、
こちらで用意されてたお野菜、ほんっとに
どれも綺麗だったの!!

このザルが運ばれて来た瞬間、その場にいた人が
みんな口々に「きれいねーっ!」って口に出した
ほど。素材が良いというのもあるのでしょうが、
とても綺麗にお手入れされてて、感嘆感嘆。

 

 

加熱すると、ぷるぷるコラーゲンが熱で溶けて
スープ状に。日本のコンビニで売られてるお鍋
なんかはこんな感じですよね。

そして溶けたスープは、まずは一口ずつ、小さな
カップに取り分けられて配られます。ずずっ。

おーーーーッ、まったーり(・∀・)

ご覧の通り、白濁ではないので、福岡の水炊き
ほど獣チックではないのですが、質感としては
サラサラだけど、舌に乗ると、またーりと感じる
柔らかさ。鶏の旨味はじーっくりとあるけど、
くどくなくて、あら美味しい(^・^)

 

お野菜を鍋に入れたりするのは、全部係りの
方がやってくれます。至れり尽くせり。
上げ膳据え膳。贅沢なことでございます。

面白かったのは野菜の種類。
食べるとどれも美味しいのだけど、日本人的には
鍋の具材として思いつきにくい、ヤングコーンや
ズッキーニ、ラディッシュなどがあって面白い♪
 

 

最初のぷるぷる状態のスープに隠れて、鶏肉も
ゴロゴロ入ってるんですが、後から追加する
のは野菜がほとんど+鶏のつみれのみという
ヘルシーさ。(この鶏つみれがまたトロトロで
美味しいのっ)

でもとにかくスープがまたーりとして旨味・
コクがあり、舌によく乗るので、ほとんどが
お野菜ばかりでも全く物足りなさがない。
むしろ美味しい、お野菜色々。

そして嬉しかったのがこれ!

 

 

薬味なのにデカイ写真載せるのかよって話
ですがw、それほど感動したと思ってください。
一番手前の赤いチリソースみたいなの。これ、
日本で言う所のかんずり的な風味の辛味。

そう、福岡人としては、鶏鍋ときたら柚子胡椒
が欲しいわけだけど、ホーチミンではそれ、
高級品。そこでこれ、お手製なのかなぁ?
ベトナム料理店でこの手の風味の辛味調味料、
見たことないから、こっちのものではない気が
するけど、どうなんだろう?

唐辛子と柑橘類を合わせた感じの爽やかな風味。
そして潔い辛さ。九州にある緑色の青唐辛子で
作る柚子胡椒とは違うけど、すごく美味しい♪

そうか、なんで作ることを考えなかったんだ、
自分。と、ハタと気づかされましてねー。
唐辛子も柑橘類も身近にあるんだから、作って
見ればよかったのに!

ってか、もしこれ、こちらのお店で作られて
るなら、商品化して売って欲しい。。。
お鍋にもいいけど、ちょっとした焼き物とか
にも合うわ、美味しいわ、これ。。。

 

 

 

そんなこんなで、1ラウンド目はあっという
間になくなって、じゃぁ個別食材の追加をしよ
か、という話になったんだけど、あれも食べたい
これも食べたいで、色々考えてたらこれ、
小さい鍋を一つ頼んだ方が効率的じゃなか
ろうか、という話になって、小鍋を追加w

これを食べきったあたりで、かなり満足。
お野菜メインなんだけど、スープに充実感が
あるから、かなぁり満足できるのよね。

で、締めはおじやに行きたかったけど、わざ
わざ「ラーメン」と書かれてた麺も気になって
まずはそちらを注文して見た。

 

 

うんこれも実際にはツヤッツヤですごい綺麗な
茹で麺でした。いかにもツリンツリンなコシが
ありそうな感じでしたが、炊いてみると予想に
反して、かなりマットな硬さがあるタイプ。

コシではなく、例えるなら、同席の御仁曰く、
「名古屋の味噌煮込みうどんに使われるような
硬めの麺」。おおっ、それだそれだ。何かに
似てると思ったけれど、まさに山本屋さんの
麺のようだ。

特徴的なので、これは好みが分かれるところかな
と思いますが、しっかり炊いて、しっかりスープ
を麺に炊き込むには良いのでしょうね♪

しかしこの麺、腹にたまるので、
結局この日はおじやまで行き着かず…orz

鍋食べ始める前はおじや、楽しみにしてたのに、
案外ヘタレな我が胃袋(苦笑)
次回はきっとおじやを食べようっ(๑•̀‧̫•́๑)

お鍋って、外で食べるなら、家ではやらない・
やり難い変わった味のお鍋だったり素材を
使ったものってことが何となく多く、鍋、
食べに行くぞ!って構える感を感じてたけど…

こちらのお鍋は、言って見ればラーメンやカレー、
定食なんかを食べに行くくらいの日常感で、
週1くらいで通っても違和感のないホッとする味。

それでいて、実は家で準備するのは大変な
手間がかかってるので、

「食べに行く甲斐のある」お鍋

かなぁと思うわけです(^・^)

お野菜補充もしっかりできるし美容にも良さげ
だし、これ、夜もいいけど、奥様方のランチ
候補にも、すっごいいいんじゃないかと思われ♪

店員さんたちも親切で細やかな気配りをして
くださっていて居心地良かったし、繰り返し
行きたいなーと思えるお店でしたよー♪

 

 

BISHIN
179B Hai Ba Trung Q1
Time : 10:00 – 22:00
Spent : 250,000 vnd / person

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    

        

         どこにあったっけ。。。
        <Vol. 044【リカバリー・スイッチ】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

    Shibainu 2017-08-01 18:56:04 / Reply

    このコメントは管理者だけが見ることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です