The Fish Sauce ~ 街中上方隠れ家ベト飯 - フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

The Fish Sauce ~ 街中上方隠れ家ベト飯

Sponsored Link
LINEで送る
Pocket

お久しぶりの滋味ディナー Jan. 2018

人様には結構勧めてるんですが、自分で
行くのは久しぶり。なぜ勧めるかというと、
こちらのお店の料理はちょっと他とは違う。
れっきとしたベトナム料理なんだけど、
使う素材や調理法がどこか素朴で滋味に溢れ、
自分の感覚でしかありませんが、なんとなく
薬膳の要素も感じる味わい。
入り口がわかりにくいのは相変わらずです。
下記の前回記事をぜひご覧になって頑張って
お店まで到達してください(笑)
到着すれば…?
相変わらず美しい。
昼間も採光が良くて気持ち良い店内ですが、
夜はまた雰囲気が変わって美しい。ギラギラ
じゃないけど、とても温かみのある煌めきが
あって、カジュアルにもデートなんかにも使え
そうな良い頃合い。

1ポーションが150k前後なんで、ちょっと
高いかなーと思われるかもしれませんが、
量が多いのよね、ここ。だからランチは
シェアして楽しむために、大勢のローカル
のグループが食べにきてますね。シェアを
すれば安く上がるし、色々食べれて楽しいし。

写真が全くないところで示したいのは、
フランス料理と同じものなのかしら。
旅行社さんんにはちょっとハードル高い
かもだけど、オススメは写真に残して
ますので、このページを活用して頼んで
見てくださいね♪
いきなりご飯物出してくるベトナム料理店
多いですが、こちらも御多分に洩れず
チャーハンが。。。(笑)でもこちらのお米で作るチャーハン、
軽くて風味が良くて美味しいんですよね。
十分ビーのつまみになります。
ポークグリルは、正直ちょっと硬めだった。
味は良いけど、もうちょっとジューシなのが
好み。ソフトシェルクラブの生春巻きは、
え?カニどこ??ってくらいに控えめ
だったので、なんだったら普通の生春巻き
が良いかいな、ともいましたが、レタスを
多めに巻いて空気をつくませた巻き方は
とっても繊細。この巻き方はちょっと勉強
したくなったかも(^・^)
ど定番の空芯菜の炒め物は、間違いなく美味
しくって、日本人にも受けの良い味ですよね。
私も大好き。緑黄色のお野菜と油は栄養の
吸収性も高いし、野菜でも物足りなくない
お味だしで、気軽に宴会料理の中に加えら
れる嬉しい一品。何度食べても飽きません(^・^)
そしてここにきたら頼まずにはいられない、
蓮根と烏骨鶏のスープ。
前回のレポにも書いてますが、スープと
いってもご覧の通りの具沢山。ほっこりと
炊かれた蓮根には烏骨鶏の旨味がフックリ
と含まれてて、あー。。。好きだー。。。全くセンセーショナルとかそういう味では
ないんだけど、胃にしみる。体にしみる。
心にしみる。癒されるー。

ベトナム料理、他にも美味しいお店は本当に
沢山あるんだけれども、このお店のような
安心感とか癒し感を感じるお味は他に知らない。華やかとか分かりやすいとかインパクトが
あるものを求める場合には違うのかもしれ
ませんが、穏やかながら他に変えがたい
味がある。

夜が最高の最上階レストラン Jun.2016

以前からロケーション、内装が心地良い
お店だったのですが、今回のお店は更に
手が加わっていて、昼間は勿論、夜は更に
素敵な空間になってる様子。
中央郵便局裏手側、インターコンチ
ネンタル敷地内にあるハードロックカフェの
前にあるHai Ba Trung通りを挟み、少し
北側に行った最初十字路、Le Duan 通り
との過度にある銀行…かな?にしか見え
ないビルがあるのですが、お店のロゴが
場所的には堂々とした位置なのだけど、
小さめにひっそりあるのでまずはそれを
確認して下さい(笑)
th_IMG_4424_201609172311312ba.jpg
Le Duan 鶏側に入り口があり、どう見ても
銀行にしか見えないのでとても入り辛い
ですが、めげずに入り、すぐ右手にある
エレベーターを目指して下さい。そこに
このロゴを見つけたらもう安心。エレ
ベーターの階数表示の所にもしっかりロゴがw
th_IMG_4425.jpg th_IMG_4426_20160917231134a8f.jpg
一応分かり難い事は自覚してらっしゃる
のねwww だったらもうちょっと入り口
が入り易いようにしてくれるといいん
だけど(^^;
th_IMG_4427_201609172311365b2.jpg
目的のフロアに到着するとこんな感じ。
採光がよく、とても気持ちの良い空間です♪
以前よりもちょっと落ち着いた造りに
なったかな?大きな窓枠に沿わせてる、
これもフレームって言うのかな?
が、独特なデザインでとても素敵♪
お好きな方はテラス席もある様です。

焼けるわ暑いわで、私は選ばないけれど(笑)

th_IMG_4428_20160917231137885.jpg
待ち合わせまでに少し時間があったので、
歩いて来てアチアチになってた体をクール
ダウンさせるためスイカジュースをフラ
イングで注文。ここのはお砂糖が混ぜて
ないヤツで美味しかった♪このテーブルにあるボンボンみたいな植物、
なんだろ。お花の名前(ってかこれが花か
どうかもわからん)本当に疎いので分からん
のだけど、かわいいね、これ♡
th_IMG_4433_20160917231626b6f.jpg th_IMG_4434_201609172319415ae.jpg
カフェっぽい雰囲気なのだけど、料理は
結構な種類があって、サラダ、前菜的な物、
メイン、その他のお野菜のスペシャリテ
など色々。選び甲斐がある♪
th_IMG_4429_20160917231620a10.jpg
th_IMG_4430.jpg
th_IMG_4431_201609172316231e8.jpg
th_IMG_4432_20160917231624fa0.jpg
そこから頼んだのがまず、こちら。
蓮のサラダ。蓮と言っても日本人が連想
するレンコンじゃなくて、レンコンの

赤ちゃんみたいな細っそいやつ。

でもちゃーんとレンコンの穴があるの(笑)

当たり前の事なんだけど、赤ちゃんのツメ
を見て「こんなちっこい手なのにちゃんと
ツメがあるー(≧∇≦)」って言いたくなる
ときの感覚に似てるw
え?そんなん言いたくならない?(・∀・;
th_IMG_4436_2016091723194266c.jpg th_IMG_4437_20160917231943b3a.jpg
定番のクラッカーがついてくるので
それに乗っけても良いし、勿論そのまま
食べても。蓮のサラダ的な物だと良い
ながら、キノコがウワッサー!!と入っ
てて、もう繊維質だらけな感じの一品(笑)全体の程よく、でも素材の味が生きる程度に
味付けがされてあって食べ易いし、なには
ともあれ食事の前半で食べておくと体にも
よさそうですわ。これ。
炒飯は、この日女のコと2人だったし、
彼女はその後お仕事で人にも会うだろう
からとガーリック炒飯は避けてベジタブル
炒飯に。でもこれがまた色っろんな野菜
がタップリ入ってて味わい深い!!スープとか頼んだら、これにちょっとかけ
ながら食べてもいい。美味しい。そして
器が可愛い。出来ればこの器抱え込んで
ガツガツ食べたい。(お行儀悪い)
th_IMG_4438.jpg th_IMG_4441_201609172319477fb.jpg
んでビックリしたのが。。。
メインの料理。Wild Duckのナンチャラ
カンチャラってのがあったんですよ。
Duckのコンフィかなんかが別にあって、
更にWild Duckと別名で書いてあったので
おやどんな料理だろう、とあまり考えず
に頼んだら。。。
th_IMG_4442_201609172330130dc.jpg
ス…スープ????(・∀・;
いや、スープは他に頼んだんです。なので
これは。。。他のテーブルの間違いでは?
これ、どう見てもメインってよりスープ
よな?しかもアヒルどこよ。蓮しか見えん。
ってか、蓮の根に蓮の実。どんだけ蓮。
まぁ間違える事もあるよなー。お姉さん
お姉さん、これ名前なによ?
うち、こんなん頼んでないと思うんだけど…
「Wild Duckのナンチャラカンチャラでございます」
なっ(・∀・;
間違っていないと。アヒルどこ。
と、漁っていると。。。
th_IMG_4443_20160917233015a7a.jpg
いた。ごめん、あまりの衝撃に写真ブレてる。
(嘘。単にミスった)これ…烏骨鶏か??!!英語名はSilkieと覚えてたから全く予想して
なかったけれど、このサイズ、この肌の色。
そしてベトナムでは烏骨鶏がスーパーで
普通に売られてるほど身近な食材。勿論
チキンよりは高いけど、日常食として全然
買えるレベルの価格。
まぁああぢぃぃぃかあああああっ。
そうなれば話は違うぞ!早速頂いて
みましたら。。。。
うんまいっ。
実に。実に実に滋味ある味わい。
食べてもやっぱりスープを楽しむもの、
という感じが強かったので、お肉料理を
期待していた場合には(しまった、こんな
ハズでは…)と思っちゃうかもしれませんが、
個人的にはこれ、よくメニューの中から
引き当てた、と、自画自賛。
蓮のスープをチキンブイヨンで煮込んだ
スープって、中華料理にもあったと思うし、
且つかなり漢方食的なものじゃなかった
かな。ま、医食同源に基づいた食生活を
している方達にとってみれば、全ての
食が漢方的な物なのだけど(笑)、マレー
シア時代、体が疲れたり冷えたりしてた
時にはこれに似たレンコンのスープを
よく勧められた記憶があります。
蓮の実はその時入ってなくて、ダブル蓮
バージョンは今回が初めてですが、これ。。
例えば日本の薬膳を謳ったレストラン
とかで食べたら一体いくらするんでしょう(・∀・;素材的にもかなり残すとの物になると
思うし、そもそもこんな料理を出してる
お店が少なかろうと思います。
ってか、ベトナムでも私、これまでこんな
料理があるって気づかずに来たので、
そんなに何処にでもあるとか誰しもが
頻繁に頼む物ではないのかも。
あーーーりーーーがーーーたーーーいーーー。
薬膳的役割を果たすであろうと予測は出来る
物の、あまりクセの強いスパイス等は使われ
ておらず、ベースはあくまで烏骨鶏のスープ
で食べ易いってのも嬉しいところ。鶏とは一線を画す滋味に溢れたスープに極々
シンプルな味付けをしただけなので、余程
烏骨鶏が嫌いでなければ日本人の口にも
すんなりと合うし、鶏が好きなら烏骨鶏も
きっと大丈夫じゃないかと思われます。
よくよく煮込んで美味しいスープが染みた
レンコンはホクホクのお芋さんのようでも
あり、でもレンコン特有の繊細な繊維質も
風味も感じられ、いつものシャキシャキ
したレンコンさんとはちょっと違う趣です。
潰れる程煮られた蓮の実もホコホコしてて
良い感じ。
あーなんか、体に染みるわー。
すっごい体に良さそう。レンコンって結構
胃腸に運負担がかかり易い食べ物だけど、
ここまでホコホコにされたたら、よく噛め
ばそんなに大変じゃなさそうだし、なんか
ちょっと元気ないなーって時、器抱え込んで
ガツガツ食べたい。(←本日2回目)
炒飯とこのレンコンのメインの器、
両手に抱えて食べてたら怖いな。。。。
どれも丁寧だし派手さは無いけど、実直で
滋味に溢れたものばかり。場所柄センスが
とても良いので、もっと先進的な料理とか
シャレたもんに走るのかなって思ったら、
こんな素朴に美味しいものが並ぶとは意外。
むしろ街中では貴重な感じもする位。だか
らか、ランチタイムには満員御礼。
th_IMG_4444_201609172359225c4.jpg
ワンポーションが大きいので大勢でシェア
したら結構安く上がるし、場所も便利で
シャレた空間。そら人も集まるわねー。
なのでこちらに来られるときは、ちょっと
早めか遅めに行った方が吉。みなさん、
美味しいお店を良く知ってるなぁ(^^;
煌びやかなベトナム料理にも胸ときめくけど、
こういうお料理ももの凄く良いっ。
こちらの料理、もっと色々食べてみたいわー
(って何処のレストランでも言ってる
よね、あなた)。
ベトナム料理、割とどこもメニューが似て
たり、レベルも程々高かったりして決め手
に欠ける事が多い気がしますが、ここは
手駒にあると、ロケーションも含め、
バリエーションの一つとして重宝する
お店かと思われます♪いいとこ突いて、
特色を出して来てるなー♪

お店情報はこちら

The Fish Sauce
41 Le Duan Q1 (Roof Top)
Time: 10:00 – 22:30
Spent: 250,000 vnd / person
LINEで送る
Pocket

Sponsored Link
 
Categories: ベトナム料理:カジュアル | Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です