【Let’s ボホール!】Bohol Tropics Resort – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

【Let’s ボホール!】Bohol Tropics Resort

ホテルをもう一件ご紹介。
Henann Resort でビーチサイドを満喫した後は、Tagbilaran という、
空港や、セブとの航路を繋ぐフェリー乗り場があったりするエリア。
こちらはビーチリゾートと言うより、割と街よりの中にあるホテルな感じ。
ただ位置的にはそうなんですが、ホテル自体はその名の通りリゾート仕様で、
今回泊ったのがビラタイプのお部屋。これがこのホテルの客室のメインなのかな?
もしかしたら宿泊棟みたいなビルもあるのかもですが、こんな感じでした♪
th_IMG_2935.jpg
th_IMG_2931_20160228184005311.jpg th_IMG_2933.jpg
おーーー♪
これはこれで、リゾートーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
お部屋なんかは結構古い(笑)
ドアがガチャガチャやるタイプのドアで、オートロックでもないから、お部屋の
内側のロックボタンをぽっちり押して、バーン!!!と凄い音がする勢いで
締めないと鍵がかからなかったり(笑)、久しぶりのお湯が出るまでしばらく
時間がかかるシャワーだったり(出るだけラッキー!という夫婦・笑)
お部屋の隅をアリさんが更新してたりしましたが。。。(笑)
th_IMG_2936.jpg
th_IMG_2943_20160228184057ad0.jpg
お部屋広いし、窓からはこの景観!
ベランダもアリ、まぁ飲んだよね。このベランダでビール開けて(笑)
このホテルには日本人が経営しているダイビングショップもあるってことで
行ってみたのですが、とても気さくで良い感じの方でしたよ♪
ただ、ダイビングメインで、シュノーケルのようなチャプチャプ遊びは
全くサポートされてないんですって。ダイビングとシュノーケリングは
ポイントも違うし、そこまで大きなお店でもなかった様なので、今回は残念
ながらこちら側での海遊びは断念。
ただ、Henann ホテルに居た時には遭遇できなかった日本人野お名前が、
ダイビング客リストにはたくさん載ってたようです♪お好きな方には有名な
所なのかもしれませんね♪
さて、先程部屋のみをしたと書きましたが。。。
th_IMG_2948.jpg th_IMG_2950.jpg
th_IMG_2951.jpg th_IMG_2953_20160228184717c3e.jpg
ルームサービスメニューが安っすーい!!(´⊙ω⊙`)
後にこのメニューはそのままダイニングのメニューだってことがわかるんですが、
お酒なんかもかなりお安い。Henann Resort の方はさすが立派なホテルだけあって
それなりでしたが、こちらは施設の印象が古いな、というだけあって、ある意味
こちらなりの「それなり」(笑)
ホテル周りにはお店もあまりなさそうだったし、とりあえず腹ごしらえにちょっと
頼んでみよう♪とお願いしてみたら。。。
th_IMG_2958_20160228184653441.jpg
th_IMG_2956.jpg th_IMG_2959_20160228184654ab1.jpg
th_IMG_2957_201602281846510ac.jpg th_IMG_2960_201602281846544c4.jpg
おいしいやん!!
シンプルなんですよ?見ての通り(笑)
シンプルなホテルの印象通り絢爛さはありませんが、エアアジアの機内食から思ってた通り、
まーずフィリピンはパンがおいしい!!バーガーのバンズもグリルドチーズのパンドミも、
見た目素っ気ないくらいシンプルだけど、美味しくてガフガフ食べてしまった(笑)
夜は離れにあるダイニングにて。
もうね、メニューの数が多かったし、海鮮素材を使うことが多そうだったので、エビカニ
アレルギーの旦那さんに当たってしまわないように、小一時間くらいメニュー読んでた(笑)
そのメニュー構成も面白かったし、知らないフィリピン料理の名前を見つけてはネットで
調べたりしてね。
th_IMG_3012_201602281853339e0.jpg th_IMG_3013_201602281853379f0.jpg
で、まぁ割とどの料理もお安くて、1つが4〜500円からある感じだったので、
フィリピンのストリートフードなんかに比べたらもちろん高い訳ですが、
日本で考えると居酒屋さんに行ったくらいの感覚でしょうか。量が分からな
かったので、とりあえず「シニガン」と呼ばれるフィリピン名物の酢ゆいスープと
空芯菜の炒め物、チキンの揚げ物を。
th_IMG_3026_20160228185427b5a.jpg th_IMG_3018.jpg 
th_IMG_3019.jpg th_IMG_3020_2016022818542405e.jpg
しまった、スープがいくらくらいだったか…
躊躇しなかったので多分700円とかそのくらいだったと思うのですが、
ポット一杯出て来てしもた(^^; いくら美味しくても2人にはこれは多すぎた(苦笑)
多分6人くらいでもタップリシェアで来たくらいの量。。。残してごめんなさい。。
そして空芯菜は割と濃い味で、鶏は。。これはふつーの唐揚げ(^^;
フィリピンの方はフライドチキンお好きな様で、街中でも良く専門店や
出店をたくさん見かけました♪ 取り立ててフィリピン風、ということはありません
でしたが普通に美味しい♪ で、この日のメインは。。。
th_IMG_3022_20160228185426123.jpg
どーん!!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
マンゴーライス!(笑)
地雷でしょーっwww
ご飯とマンゴーてナンやねん!!と突っ込まれ方、いらっしゃると思いますが(笑)、
ホーチミンのお寿司屋さんですかり「マンゴーロール」に慣れてしまった…というか、
あまつさえ「うまい!」とまで思うようになったワタクシに死角は無いっ( ・`ω・´)b
っちゅーか、これまでに食べて来たフィリピンの料理の傾向から、まさか白飯に
マンゴー乗っけてはいどうぞ、ってことはないと踏んだんよな。ではどういう状態で
出してくるのか。。。気になって頼んでみたら。。。
うんまーい!(´⊙ω⊙`)
サラリサラリとしたアッサリなお米を鶏のお出汁で炊いてるんですね!
これがまたよー味が染みてて、元よりお米も口にあっていたので超美味しい!
ではそこにマンゴーが合うのかというと。。。合うんですよ(≧∇≦)
確かに、この鶏だしの炊き込み御飯とマンゴーだけだったらちょっと寂しいかもしれん。
しかしそこに濃い味の空芯菜の炒め物やらしっかり味のフライドチキンを合わせると
あら不思議!!不思議と合うだけじゃなくて、むしろ食が進む感じ(笑)
考えたら、あれですね。
酢豚なんかの酸味と旨味を合わせた状態。酢豚でも普通にご飯おかずにする事がある
のだから、その味の構成を分解して今回の様な組み合わせにしても、そんなに外れた
状態に鳴るわけじゃないんですよね。ただ自分の頭の中でそれをバラバラのままにしか
受け入れられないか、臨機応変にコンバインして楽しむかって言う話で。これは
新しい発見やったなー!!
で、ご覧の通りものすごい量(多分2号はこんもり盛られてたと思う)だったわけですが、
なーんと、夫婦2人でマンゴーライス、ぺろりと平らげてしまいました(^^;
私はね、わかるんです。かなり下世話な口してるし、ややこしい組み合わせの物も喜んで
食べちゃう様な人ですから。でも旦那さんは普段「良い物にしか強い反応を示さない人」。
その他に文句は決して言いませんけれど、美味しいと思った物にはもの凄い勢いで反応するw
で、このマンゴーライスはそれだったみたいです(^^) 食って見るもんやなー(笑)
th_IMG_3028_20160228185426416.jpg th_IMG_3029.jpg
お酒も美味しいし安いので、心置きなくザクザク頼む( ・`ω・´)b
宿泊代についてた朝食ビュッフェは、あまりに質素すぎて、且つ補充も行き届いて
なかったので、会場ではコーヒーだけしかいただかず、お部屋に戻ってルームサービスw
お安いからそういうパターンをとっても惜しくない。ってか、格段にルームサービスで
頂く方が美味しいのが分かってるので、これ、ホテルの戦略かもね?と言う話もあったりw
ってことで、気になってたパイナップルオムレツ、頼みましたよ( ・`ω・´)b
↑メニュー読み込んだ時から、虎視眈々狙ってたw
th_IMG_3042.jpg th_IMG_3043_20160228191134781.jpg
まーたそんなややこしもん頼んでー、と思われた方、仰る通りですw
自分でもこれはちょっとやらかしたかな?と思いながらお部屋に来るのを待ってましたら。。
やだっ、これも美味しい(^^;
もう写真をご覧に鳴っただけでお分かり頂けるかと思いますけど、フワッフワに
焼いてくれてるの!なに、フィリピンって、そんなに卵料理の熟練者が多いの?(笑)
そしてお味が。。。ベースにきかせた程よい塩味に熟れたパイナップルが何故か合う!
なんで?!(笑)
パン類は前日に街中で買っておいた菓子パン類を。
th_IMG_3041_20160228191131455.jpg
菓子パンのフィリングは色々好みがありましょうが、うーん、美味しいっ。
特にコッペパンみたいなシンプルな奴。味わい深い。ベトナムのパンも大概
美味しいけど、またちょっと系統が違う旨味。料理にスペインの影響が色濃く
見られたのでパンも何となく地中海系の小麦の使い方を感じることがしばしば。
フォカッチャ的なものとかどこで食べても極上に美味しかったし。
で、夜ももう、迷いなくこちらのダイニングへ。
前日夜は頼み過ぎたので、この日は用心しながら頼んでみる。
まずはマッシュルームソテー。うん、前菜、って書いてあったけど、
マッシュルームだけで大きなお皿山盛り来たよねw
恐るお恐るの量をたのんで正解(笑)
th_IMG_3157_20160228191215de8.jpg
バターソースだったんですが、マッシュルームの旨味を生かしてて美味しかった
んですけどね(笑)。一体これ、何個分のマッシュルームを刻んだのか。。。(笑)
後ビックリしたのはパンシット!!
フィリピン風の焼きそばなんですが。。。
最初は興味なかったんですよ。
焼きそばやろ?まぁ東南アジアやから味付けは醤油系とかそんな感じで日本の
ソースのそれでは無いやろけど、なんとなく味は想像できるし。。。と。
しかし何かが騒いだ。注文時に自分の中で何かが騒いだ。そして気がついたら注文して
しまっていたのですが。。。。
th_IMG_3158_20160228191214b6f.jpg
虫の知らせってあるんですねっ( ・`ω・´)b
ひと口食べて、あらびっくり!
こう言うとなんですが、東南アジアにはあるまじき麺のコシ!
それはもちろん、日本の讃岐うどんようようなそれではないのですが、チャンポン麺の
ような生麺が口の中で爆ぜるように生き生きしてる!!
お味はオイスターソース系のシンプルな物でしたが、海鮮や肉がこれでもか!って
くらいに使われていてその旨味が良く馴染んでるし、とにかくなにより麺が美味い!
焼きそばで、こら特徴あって食べる価値あるなー、と言うのは今までに「想夫恋」
野焼き蕎麦くらいの物でしたが(普通にオイシのはいっぱいあるんですよ?w)
その向こうを張れるくらいユニークなテクスチャーを持った焼きそばって、初めて
遭遇したかもしれん!!!これは価値があった!!
もちろん、もしかしたらこれはこのお店の特徴でしかなくて、一般的なパンシットが
ここまでの物かどうかはわからないのですが。。。ワタクシ、ナメてかかってたことを
心よりお侘びしますm(–)m そしてそうしてテンションが上がった所に…
この日のメイン。
ジャーン!!
th_IMG_3159_201602281912150ca.jpg
Tボーンステーキ!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
そんなんフィリピン料理やあらへんやーん!と思われるかもしれませんが、合間合間に
スーパー巡ってる際、見てたら、冷凍だったけどきれーな保管のTボーンが凄く目についた
んですよね。ぶっちゃけ、生鮮食品の管理が残念なお店もあったんですけど、Tボーンに
関しては(お?)と思う物が多くて試したかった所に、こちらにあることが判明したので…
で、これが。。。
大正解(≧∇≦)
柔らかくってジューシーで、小さく切ったひと口分をギュッと咬むと旨味肉汁が
ジュワワワーっ(*´艸`*) どのくらいの大きさか分からなかったので1つしか頼んで
なかったのですが、2人で美味しい美味しいとがっついても充分な量で、あっという
間にこの状態。
th_IMG_3160_20160228191216cf4.jpg
うん、名前に偽りなく、骨、Tの字やねw
あーーーーー、書いてるだけで涎出て来る。
そういえばホーチミンで食べるステーキは超高級なエルガウチョみたいなお店のんか、
ベトナム式ステーキみたいな両極端を楽しむことが多くて、こういう普段使い、
みたいなので、しかも美味しい奴って、久しぶりに食べたかも!もー大満足!!
最後の朝は、もう朝食会場に行くこともせず躊躇なくルームサービス(笑)
由緒正しきアメリカンブレックファースト。シンプルですけど、やっぱり
うまい。もーこのホテル滞在中はひたすらホテル飯で楽しんだ(笑)
th_IMG_3162.jpg
ホテル以外に環境的に「チョイスが無い」となると、結構いい加減な物出してたり、
料金が高かったりと、ずーっとホテル飯になることは少なかったりするのですが、
ここはホントに満喫したわーっ。
お湯が出難くて水圧が途中変わる&シャワーヘッドが固定なので、水圧が強くなったり
弱くなったりするたびに(ててて…)と移動しなきゃいけなかったり(笑)
古いエアコンが賑やかだったりとかって点はありましたけど、我家的にはそういうのも
東南アジアの旅の一つの醍醐味で、なによりスタッフさん達が気持ちの良い人達
ばかりだったので、先のゴージャスリゾートとは、また違った楽しみ方ができました♪
っちゅーか、美味しかったー!!
レストランはウォークインもできるはずなので、例えばセブから船で渡ってきたとか
そういうことであれば港からも近いので、ちょっとご飯を食べに行く、とか言うのも
ありかもしれません♪ この周辺はダイバーさんでなればなかなか来ないエリア
なのかもしれませんが、「あの辺に美味しいホテルがあったとか聞いたなぁ?」とでも
覚えておいていただけたら幸いです♪
th_IMG_2959_20160228184654ab1.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です