【日本美味しい】静岡編 – フードアナリストちぇりのホーチミンの美味いもん

【日本美味しい】静岡編

ホーチミンで知り合った方が、今は沼津におら
れるという。東京都沼津は結構近いという訳で、
会いに行ってまいりました♪

この方、面白いご縁があって、元々旦那さんと
趣味の知り合いだったのですが、ちぇり家がバリ
に遊びに行った際泊まってたビラホテルで偶然
遭遇。それだけでもすごい偶然なのに、広大な
ビラエリアの中で、棟が斜め前だったというねw
世界は狭い。

で、沼津の彼らの1番のオススメという居酒屋さんへ。
なんとこれだけ書き尽くされてる感がある日本の
食べ物サイトでまだレビューが一件もついてない?!

 

【いやま】(静岡県・沼津)
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22008214/

ここはね、このためにわざわざ行けとまでは
言いませんけど、お仕事とかなんかの機械で
沼津に寄ったら、まぁ行って。特に酒飲みは、
まぁ行って。

 

 

ね。民族調の割にありがちな古式ゆかしき感じの
居酒屋。だからこれを目当てに遠路はるばるとか
いらっしゃると、ちょっと肩透かしを食らった
感じになってしまうと思うんですが…

 

初手に出てくるのが茶碗蒸して。
冷たいやつな。
これ、出汁の引き方、蒸しの抜かりなさ、
どちらにも自信ないとやらんやろーっ。
この段階で、グッと引き込まれましたな。

 

 

 

どうでもいいけど、箸置き可愛いw
頼むものによりますが、まぁ酒好きが狂喜
せざるを得ないメニューがたくさん。

 

 

ギリギリ季節だったのか、ホタルイカの沖漬け
だったり、タチウオの醤油漬け焼きだったり。
ああ…日本人で良かったと思う瞬間。この言い
回しすら、最近はコンプライアンスに引っかかる
とかなんとか言われますけれどもDNAに刻まれて
いる味に帰結した懐かしさ、と言いますかね。
ホッとする。

トウモロコシの揚げ物は私もよくするけど、
かき揚げは苦手なので、お外でいただくのが格別。

 

 

出汁巻き、串物もお見事で、結局軽く納める
つもりが、もうちょっと、もうちょっと、と
3回くらいオーダーを重ねた気がします。

 

 

締めはそば。
今回思ったんですが、静岡、お蕎麦美味しいですな。
お水が綺麗やからやろか。出汁も独特。店による
ところもありましょうけど、西のものとも東のもの
とも違う頃合い。たいへん好き。

見たことのある食材を、よくあるように調理して
るけど、その方のセンスや技術で突き詰めている
居酒屋さん。派手さはないけど、こういうのが
楽しめるようになるのが、年齢重ねる醍醐味ですかね。
たいへん魅力的な居酒屋さんです。
沼津に行ったらぜひどうぞ。

 

 

ダイワロイネット沼津(静岡県・沼津)
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22031881/

沼津駅直結、とまでは言いませんが、ほどほど
近い位置にあり、食べ物屋さんやドラッグストア
その他などがちょいちょい入ったビル続きで便利。

 

 

まだかなり新しい感じで素敵。
って、あれ?なんで写真が反転してるの???
ま、いいや。時間ないから脳内転写して下さいw

 

 

 

 

お部屋はごくごく普通ですが、清潔でシンプル。
価格的にもお手頃だし、下に降りたらすぐ
コンビニで便利だし、沼津の宿としては使い易い。

 

 

 

朝食は一階のレストランで。
以前は宿の朝食、なしで予約すること多かった
けど、ホーチミンのホテルビュフェに触発され
たのと、各地の宿なんて毎回変えることが多いし、
次いつ泊まるかわからないから、リサーチも
兼ねて最近は楽しむ傾向に。特にビジネスは
色々違いも差もあって面白い。

6つ〜9つに仕切りで分けられたトレイを用意
しているところはいい感じのとこが多いですな。
色気はないかもしれ前sんが、それだけバリエ
ーションを揃えてるってことだし、食材が混ざ
ってしまわないようにという思いやりがある。

 

 

お気に入りだったのは蕎麦♪
ほんの二口分ずつくらいを小湾に入れて並べて
あって自分でつゆを注ぐスタイル。この旅で
初めて納豆が出てきたので、嬉々として納豆
そばにしてみたり、お土地柄、釜揚げしらすが
たっぷりあったので、それをそばにあしらって
みたり。

なんだかんだでわんこそばのように次から次へ。
5杯くらいいただいたんではなかろうかw
茹で置きだったとしても、やっぱり静岡の
お蕎麦は美味しい。

 

ソフトクリームの食べ放題とかいう夢のような
おまけもあるので、ここのビュッフェは良い、
|としますっ( ・`ω・´)b(そこ?w

 

 

【味処 丸尾原】(静岡県・牧之原市)
https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220303/22000283/
静岡といえばお茶ー♪
ってことで、お茶づくしを食べに、お友達に
連れてってもらいました♪ こちらのお友達、
今回初顔合わせ。お茶関係のお仕事をされて
はって、以前から色々関連商品いただいたり
してたんです。やっと会えたー♪

 

 

民芸調の落ち着いた店内。
茶づくしのベースに、豚しゃぶかお造りかを
つけるコースがあり、ざっくり2000円以内
というリーズナブルさ。

え。2000円って結構じゃない?と思いますよね?

 

 

 

初手のお茶から美味しくて、抹茶塩でいただく
茶の葉の天ぷら。これ、ギリギリ良い時期
だったようで、これ以降の時期になると冷凍物
を使うため、ちょっと硬くなるそうです。
ベストはGW前後だとか。

前菜の盛り合わせの一つ一つにも、何かしら
お茶が使われていて、それがまた飽きを呼ば
ない工夫手腕を凝らしたもの。楽しい(*´ω`)

 

 

私はお造りをいただいたのですが、旦那さんは
豚しゃぶを。って、しゃぶるお出汁がお茶なの
か!!(´⊙ω⊙`) 粉茶を使っているらしく、
これにくぐらせた豚肉は緑色となり、彩り的
にはあれでしたが(笑)、なるほど。脂を楽しむ
部位のしゃぶしゃぶを食べるときに緑茶は有効。
これいいな!

これにメインがこちら。

 

 

すごい品数。
茶そばは想像ついたけど、茶そうめんのサラダ
とか、お造りに粉茶をまぶしていたのには驚愕っ。
これがまた美味しいのっ。魚の種類は選ぶと
思うけど、ヘーーーーーッ。こんな使い方を
されるのか。

もちろんこれはお茶づくしのための特殊な例
ではありましょうけど、素晴らしい。

 

    

こういうアイデアは外でいただかないと、中々
思い立つものではありません。美味しい。粉茶
を食材にまぶすというのは、味的なものも組み
合わせを考えたら面白いし、殺菌効果も高いので、
南国での料理にこそ活用したいアイデアかも。

 

 

 

 

お隣のお茶工房兼お茶製品販売所みたいな所
では、おそらくに本で一番濃い抹茶のアイス
クリームではなかろうか、というものを食べ
られます。

結構段階があって、濃さは自分で選べるんですが、
いちばん濃いの、まぢすごかった。食べてる最中
にお歯黒状態。デートの際には気をつけてw
ほうじ茶アイスは、濃いミルクティアイス
みたいで美味しかったー(*´ω`)

 

 

あとはねー、一日中、茶の山の中をドライブ
してもらったり、道の駅に連れて行ってもら
ったり。丸ーっと一日、お付き合いいただいて
しもて甘えまくり。

 

静岡、結構」攻めてますね。。。。
桜エビサイダーはさすがに手を出せずに
尻尾巻いて退散しましたwww

自分的にすごく感激したのは、田丸屋さんの
わさび園を見学させてもらったこと!!
静岡といえば、日本でも有数のわさびの産地♪

 

 

 

わさびは流れる清流に頼れる山奥にあることが
多いし、特にテーマパーク的なものがあるわけ
じゃないし、これ、一人だったら絶対来ようと
思わなかったし、来たくっても、これ絶対私、
迷ってたわ(・∀・;

ただわさび園を眺めただけ。
それが何になりますか?と言われたら、何にも
ならないかもしれませんが…。食に興味を寄せる
ものとして、こういう現場を見ておくというのは、
|ものを書くなり語るなりするときの「何か」
|になるんではないかと思ってるんです。

いや、単純に興味があって見たいというのも
ありますが…w

ちなみに私、わさびの辛さが苦手です。特に
練りわさびなんかのツーンとするやつ。抗い
ようのない、治るまで手をこまねくしかない
あの歯がゆさ。しかし香りは好き。なので…

 

 

このわさびが大好きですの。
これ、全国的にスーパーなんかで買える廉価版。
地方の道の駅なんかにも、辛味の少ない風味豊か
なわさびはあるけど、ワンポーションが大き
かったりするもんで、これくらいのサイズの
もんが使いやすい。
ここしばらくの我が家のわさびはずっとこれ。

これを出しているのが、先ほどのわさび園の
田丸屋さん。自分的には聖地巡礼的なひととき。
右の写真のは今回初めて買いました。やはり
香りは良いけどツーン!はそんなに強くなくて
塩もそんなに辛くなく、使いやすい。

オリジナルのポテチにかけたら、
あっという間にわさビーフヽ(・∀・)ノ

どこそこに連れて行ってくれ、などとひと言も
言わずして、貴重な場所のあちこちに、ずーっと
運転しながら行ってくれる初対面のお友達
(どんだけ甘えてるのやお前)。

日頃からあれこれお話ししているとは言い
ましても、こんな的を射たガイド、ある?

リアルでも、大変たくさんの人にお世話になっ
てる毎日ですが、ネットで知り合う方も本当に
ありがたいご縁ばかりでありがたい限り。

ましてや、食べ物ジャンルの専門家だと、
学ぶところも本当に多くて。

念願の「さわやか」(静岡県民垂涎と聞く
ハンバーグのチェーン店)にまだいけてないのは
心残りですが、それはまた次回のお楽しみにして
おきましょう。静岡良いとこ。美味しい街。
おごちそうさまでした♪

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
イイね!の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
    
           どこにあったっけ。。。
        <Vol. 044【リカバリー・スイッチ】>更新! 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です